VTが全世界株式の小型株も網羅するっていうけどどのくらいの比率なの?

先日のブログ記事、『「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)が更にパワーアップ』には大きな反響がありました。

内容的には、インデックス投資家のリーサル・ウェポンと言われる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)のベンチマークが変更になり、全世界の大型・中型株から、大型・中型株に加えて小型株もカバーされるようになったというお話でした。
これを好感する多くのコメントがブログやツイッターに出ていました。

ただ、その中に混じって、「小型株がどれくらいの割合で入っているかを知りたいんだが、検索しても出てこない…」というつぶやきを見つけました。
たしかに、小型株、小型株と喜んでいましたが、全体の何割くらいが小型株になるのか、バンガード・インベストメンツ・ジャパンのお知らせには書かれていません。

調べてみたところ…
VTの小型株比率
ETFdb 2011/12/21より引用)

上記の表を見ていただければ分かるとおり、新しいベンチマークにおける小型株の割合は、12%とのことです。
全体では、大型株73%、中型株15%、小型株12%。
なかなかよいバランスだと、個人的には思います。

この比率が気に食わないかたは、VBやVSS等複数のETFを自分の好きな比率で組み合わせることになります。
これは、カバレッジの広いインデックスに連動するETFやインデックスファンドの宿命ですね。

このインデックスに限らず、インデックスを構成する国別やサイズ別等の詳細データは、どこにでもありそうで、実はなかなか見つからないデータです。
タイムリーな公開情報を見つけたら、お互いに情報交換しながらやりましょう。

関連記事


  





コメント

情報ありがとうございます

配分もいい感じですね。ますます購買意欲が高まります。しかし、こういった詳細データはなかなか見つからないですよね。情報提供ありがとうございました。

VTの新ベンチマークの大型、中型、小型株割合も見つけ出せなかったので大変参考になりました。たしかにいい感じの比率ですね。

国別構成比率や詳細データがが欲しいのですが、やはり検索しても見つかりませんね。。
ツイッターでもお話ししていますが、良いネタを発見したらお伝えします。

リレー投資

いつも楽しく拝見させていただいております。

VTの情報、ありがとうございます。リレー投資のメリットは手数料が安いファンドへ乗り換えることですから、乗り換え対象のファンドが少なければそれだけ早く乗り換えが出来るので、VT1本で済むということはとても乗り換えしやすい言うことですね。

ちなみに皆さんは幾ら貯まったら乗り換えているのでしょうか?よく、100万円くらい貯まったら乗り換えるような記事を見ますが、実際はどうされているのでしょうか?よろしければ参考までに教えてくださる方がいれば、お尋ねしたいのですが。

ありがとうございます

水瀬さん、データありがとうございました。

「つぶやいたらどなたかが調べてくれるかも」と思いましたが、こんなに早く教えて頂けるとは感謝です。

また、見つけられない自分のふがいなさには、、、(泣)。

私は小型株のETFも1割を目安に購入していましたが、指数での比率も約12%とのことでニヤリとしてしまいました。

本当に考え方次第ではVTひとつでOKな方もいるでしょうから、負担の少ない時代になったなあ、と思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

データは必要ですが中々見つからない

僕もこの問題には悩んでいます。
データが無いとまともな投資はできません。
ただコアポートフォリオは簡単に組めるのが魅力だと思います。
バリュエーションを考えたインデックスETF投資レベルでは、国やセクターを考慮するので色々勉強が大変です。
データのみならず、定性的な国の勉強も必要になるからです。
そのデータをどうやって持ってくるのかは課題です。

この情報をきっかけに初めてまともに意識しましたが、面白い比率ですね。


参考までにFTSEに『Ground Rules for the Management of the FTSE Global Equity Index Series』なるものがあったので、この比率を決める箇所の一部を抜粋させていただきます。 (http://www.ftse.com/Indices/FTSE_Global_Equity_Index_Series/Index_Rules/index.jsp)

●Large
Companies at or above 68% of the Index Universe by full market capitalisation with a weight
greater than 0.04% of the current respective regional All-World Index by full market
capitalisation

●Mid
Companies ranked below 68%, but within the top 86% of the Index Universe by full market
capitalisation with a weight greater than 0.04% of the current respective regional All-World
Index by full market capitalisation

●Small
Companies ranked below the top 86%, but within the top 98% of the Index Universe by full
market capitalisation or have a weight less than 0.04% of the current respective regional All-
World Index by full market capitalisation

投資家の端くれとして光栄です。

VTの情報、ありがとうございます。
全世界的な金余り&リスク資産からの資金流出の中で、VTを通じて、うまく資金が巡っていく本来の資本主義の機能回復に寄与できることを祈るばかりです。
特に、財政不安など、大変なこのご時世での小型株の企業群の頑張りを応援できることは投資家の端くれとして光栄です。

>>配分もいい感じですね。ますます購買意欲が高まります。しかし、こういった詳細データはなかなか見つからないですよね。

インデックス自体が商品ですからねー。
だからこそ、よい公開情報があった場合には、みんなで共有しましょう。


>>ツイッターでもお話ししていますが、良いネタを発見したらお伝えします。

お互い、よろしくお願いします。


>>ちなみに皆さんは幾ら貯まったら乗り換えているのでしょうか?よく、100万円くらい貯まったら乗り換えるような記事を見ますが、実際はどうされているのでしょうか?

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1243.html#comment7030


>>「つぶやいたらどなたかが調べてくれるかも」と思いましたが、こんなに早く教えて頂けるとは感謝です

いえいえ、ツイートを拝見してググってみたら、たまたまデータが見つかったので記事にしたまでです。


>>僕もこの問題には悩んでいます。
>>データが無いとまともな投資はできません。

データを個人でイボットソンから買うという方法もありますが、金額を聞いたらきっと驚くと思います。


>>参考までにFTSEに『Ground Rules for the Management of the FTSE Global Equity Index Series』なるものがあったので、この比率を決める箇所の一部を抜粋させていただきます

貴重な情報、ありがとうございます。( ..)φメモメモ


>>特に、財政不安など、大変なこのご時世での小型株の企業群の頑張りを応援できることは投資家の端くれとして光栄です

なるほど、そういう考え方もできるかもしれませんね。

コレで決まりだ(古!)

VTや1554が小型株をカバーしていないので、VBやVSSを別個に購入するという面倒な事をしてきましたが、これでVT1本に絞れます。

・・・でも、VXUSが取扱い可能になれば、VTかVTI+VXUSかで選択肢もできるのになぁ(VEUもVXUSも全く気配が無い)。

ともあれ、貴重な情報ありがとうございました!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

VTが小型株のカバーも開始

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 【VT】ベンチマーク変更のお知らせ【バンガード・インベストメンツ・ジャパン】 2011年12月19日よりバンガード・トータル・ワールド・ストックETF (ティッカー...

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)  全世界株式の小型株も投資対象へ

The World inside / Eyesplash バンガード トータル ワールド ストック ETF (VT)は、これ1本で日本含む先進国、新興国株式全体へのインデックス投資ができる海外ETFです。 先月12/19より、バンガード ト...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)