超低コストで国際分散投資すれば必ず儲かるわけではない

最近の記事で、海外ETFのVTをインデックス投資家の「リーサル・ウェポン」と紹介しました。

超低コスト(信託報酬年率0.25%)で、日本・先進国・新興国を含む全世界株式(大型株・中型株・小型株)に投資できる商品です。
アセットアロケーションに納得できれば、これ1本でリスク資産への投資を完結させることができます。
まさに、リーサル・ウェポンと呼ぶに相応しいインデックス商品だと思います。

……というような説明がされることが多いし、それは間違っていないのですが、初心者のかたが勘違いしないように申しあげておきます。

超低コストで広範に国際分散投資してさえいれば、必ず儲かるというわけではありません。

「えっ!?」
と思われたかた、そのままもう少し読み進めてください。
「そんなの当たり前じゃん」
と思われたかた、当たり前の話をするので、さっさと仕事に戻ってください(笑)

私たちインデックス投資ブロガーは、より低コストで広範なカバレッジの商品を求めて、「あの商品がいい」とか「この商品はどうだ」とか意見交換しています。
また、より良い商品を求めて、海外の商品を探したり、国内の金融機関に要望を出したりしています。
良さそうな新商品が出れば、みんなで情報を共有して商品の詳細を検証したりしています。
そして、それが良い商品だと分かると、まるでゴールに到達したかのごとく喜び合います。

しかしながら、もし限りなくゼロに近いコストで全世界に投資できる「理想的なインデックス商品」が出たとしたらどうでしょう?
それこそがゴールで、儲かることが約束されるのでしょうか?
答えは「No」です。
むしろ、それでやっと市場平均=インデックスと並ぶ「スタートライン」に立つことができるようになるだけです。

ご承知のとおり、各アセットクラスのインデックスには、期待リターンだけでなく、リスク(標準偏差)があります。
アセットクラスにもよりますが、株式クラスではこのリスクはかなりの暴れん坊であり、期待リターンの水準なんて一瞬で吹き飛ぶほど上にも下にも跳ね回ります。
ある一定期間で区切ってパフォーマンスを計測すれば、プラスになったりマイナスになったりしながら、長期でならすと年率で期待リターン程度が見込めるだろうと考えるのがインデックス投資です。
それまでは儲かったり損したりを繰り返すというのが実態です。

その実態に、最も近づけるのが「理想的なインデックス商品」であるというだけのことです。
(裏を返せば、ほとんどのインデックス商品がコスト等のせいでインデックスに追いつけないということなのですが…)

なので、超低コストで国際分散投資してさえいれば、マイナスにはならない≒必ず儲かると思われているかたは、ご自身の中にインデックス投資に対する過剰期待があるのではないかと疑った方がよいかもしれません。
過剰期待していても儲かっているうちはいいのですが、損失が膨らみだすと、「こんなはずではなかった」「裏切られた」という気持ちになってしまうかもしれません。

超低コストなインデックス商品が私たちにもたらしてくれるものは何なのか。
そもそものところを忘れないようにしつつ、いっしょに理想的なインデックス商品を求めていきましょう。

<関連記事>
2011/05/09 インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1
関連記事


  





コメント

確かに当たり前ですね

インデックス運用は指数に連動させる為の運用なので、絶対リターン型のように収益がプラスになる事を目指す物ではない点ですね。
だから日経平均株価に連動するようなETFやインデックスファンドだと、インデックスリターンが21年間の通算ではプラスにならないから何時までもファンドのリターンがプラスになっていません。
ただ、株式インデックスの場合は超長期で見ればリスクプレミアムが乗ってプラスのリターンになる場合が多いですし、日本でも戦後から見れば株式インデックスも上昇しています。
どうしてもプラスのリターンではないと嫌だと言うのならば、定期預金でも買ってくださいとしか言いようがないかも知れません。

もう一つ重要な事はどんなインデックスでもプラスのリスクプレミアムを持つとは限らない点ですね。
例えば通貨に連動するようなETFの場合はインデックス型運用と考えられますが、高金利通貨をロングにするようなタイプでは長期的には下落していく傾向にあります。

当たり前ですが大事なことですね

インデックスに連動するので、当然下がるときは下がりますよね。
でも、友人と資産運用について話をすると決まって元本確保に固執していたりします。
投資信託を買っているとなんだかリスキーな奴と思われてしまったり。
下がると「だから投資はよくない」的な論調になったり。
少額で積み立てることしかできない私としては、下げの相場がないと逆に困るんですけどねー。

雑誌記事やブログでも必ず儲かると誤解させるような物が結構多いかなあと思っています。
毎月分配型投信ほどじゃないにしても、ドルコストなら長期的にはマイナスにならないと誤解している人は多いんじゃないかなあ。

期待値が高いという程度でいいじゃないですかね
あとは資産分散によるリスク分散
もちろん 必ず儲かるもんというわけではなく あくまで上記程度
かと
ただ、損すると思ってやる人もいないでしょうけどね^^;


>>インデックス運用は指数に連動させる為の運用なので、絶対リターン型のように収益がプラスになる事を目指す物ではない点ですね

仰るとおりです。インデックス投資に対する過剰期待には要注意ですね。


>>もう一つ重要な事はどんなインデックスでもプラスのリスクプレミアムを持つとは限らない点

たしかに、伝統的な株や債券のインデックス以外にもファンダメンタルインデックスやデリバティブのインデックス等、いろいろなインデックスが出てきていますから、インデックスの性質をよく知る必要があるかもしれません。

ただ、シンプルに「自分が理解できないものには投資しない」「ニッチな商品には手を出さない」あたりを心がけるだけで済むような気もします。


>>当たり前ですが大事なことですね

インデックス投資の根本部分なので、大事なことだと思います。


>>雑誌記事やブログでも必ず儲かると誤解させるような物が結構多いかなあと思っています

関連記事の「インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1」にも書いたのですが、インデックス投資の多少の浸透とともに、分かりやすくするために説明を簡略化した情報が増えてくることで、個人投資家の間でインデックス投資に対する「過剰期待」と「過小評価」が表れてきているのではないかと感じています。
過剰期待でもなく過小評価でもない、正しい知識を持っていたいものですね。


>>ただ、損すると思ってやる人もいないでしょうけどね^^;

そりゃそうだ(笑)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

合理的で儲かる可能性が高い≠必ず儲かる

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーにて書かれていた、当たり前だが、意外と勘違いしている人がいそうな重要な点です。 ・超低コストで国際分散投資すれば必ず儲かるわけではな ...

投資信託の入口戦略・出口戦略

年末の記事に書いたように、最近はインデックスファンドの定期積立を強化しています。 まだ投資額自体は株式の1/3を超えた程度ですが、それでも毎月購入しているので、着実に ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)