2011年下半期 よく読まれた記事ランキング(2011年7月~12月)

過去のブログ記事でどの記事が、いちばんよく読まれていたのか?

他の記事と比べてPV数が多いということは、なんらかの興味喚起(よい意味でも悪い意味でも)があったということでしょうから、それをまとめて見ることには意味がありそうです。
1か月の人気記事ランキングは、左サイドバーに自動的に表示されていますが、毎日1か月分遡ってどんどん更新されてしまうので、定点観測しています。
2011年の下半期(2011年7月~12月)で、PV数ベスト10を調べてみました。

それでは10位から…

第10位
日本でインデックスファンドが広がらない本当の理由 (2011/07/14)

日本と米国における、パッシブファンドの純資産額とシェアの推移という貴重なデータがありました。
そこには意外な事実が…!?

第9位
売らずに我慢するテクニックについて (2011/08/10)

一時期、誹謗中傷が多かったことから更新停止していた「売らずに我慢するテクニック」カテゴリー再開のお知らせでした。
繰り返しになりますが、これらはバイ&ホールド戦略を採用しているかたのみに有効なテクニックです。他の投資法ではかえって有害になる場合がありますので、ご活用は自己責任でお願いします。

第8位
「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を実行 (2011/08/08)

いつもと何ら変わらないドルコスト平均法実施の記事。
なぜ、これが上位に入ってきたのかさっぱり分かりません(笑)

第7位
「eMAXIS」シリーズに新ファンド2本を追加 (2011/10/21)

eMAXISシリーズ初のバランスファンド「eMAXIS バランス(8資産均等型)」「eMAXIS バランス(波乗り型)」発表の記事。
特に、トレンドフォロー戦略を組み込んだ「波乗り型」に対して、大きな関心が寄せられました。


第6位
ほんとうに「ほったらかし運用」でいいの?と不安なかたに朗報 (2011/07/09)

株価を観察する頻度が高い投資家ほど、株式などのリスク資産への資産配分が減少してしまうという投資家のバイアス(近視眼的損失回避)についての情報です。
低迷相場で不安なかたに、「ほったらかし運用」をサポートするレポートでした。

第5位
インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較 (2011/07/30)

タイトルのとおり、インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較記事です。
実は、拙書「ほったらかし投資術」のボツ原稿だったのですが、ご覧いただいた方々から「この原稿部分は、初心者個人投資家には是非必要な部分ではなかったかと思います」などと仰っていただき、このボツ原稿も生まれてきた意味はあったのではないかと思います(大げさ)。

第4位
今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか? (2011/09/18)

日経平均が下がってくると増えてくる同じようなご質問にお答えした記事です。
「今後、日本株が下落するか上昇するかは私には分かりません。しかし、資本主義経済における株式という仕組み自体には期待しています。だから日本を含め世界中の株式に分散投資しています」という回答をしたところ、賛成・反対含め、読者の方々からも多くのコメントが寄せられました。

次の日経平均下落局面には、おそらくまた同じようなご質問が増えてくると思われますので、この記事をご案内しようと思っています。

no3.gif 第3位
2011年6月末のアセットアロケーションと主な構成商品
(2011/07/01)

半年ごとに把握しているアセットアロケーションの公開記事です。
以前は年一回だったのですが、取材を含め、メールやコメントで聞かれることが多いので、現在は半年ごとに計算しています。
そのたびに本記事をご案内していたので、PV数が多くなったのだろうと思われます。
お正月(数日後ですね)にはまた更新する予定です。

no2.gif 第2位
詐欺?いいえ、「黄金の羽」です
(2011/09/20)

単なる確定拠出年金(個人型)についての記事だったのですが、コメント欄でFP(ファイナンシャル・プランナー)等の方々が補足や注意点をいろいろ意見交換してくれました。
ついには、ミスターX氏(誰なのかはご想像にお任せします)からクリティカルな情報を送っていただき、共有させていただくことができ、とても有用な記事になりました。ありがとうございました。

どうでもいい話ですが、こんなに注目されるのなら、記事タイトルの「黄金の羽」を引用した橘玲氏の著書と合わせて「黄金の羽根」と書いておけばよかったと悔やまれます(誤記ではないのですが…^^;)

no1.gif 第1位
毎月分配型投信や通貨選択型投信もいいけれど、売る方も買う方もしっかりしよう
(2011/07/21)

第1位は、毎月分配型&通貨選択型投信についての記事でした。
今年はこのテーマがたびたび議論になりました。

大事なことなので繰り返し同じ事を書きます。
毎月分配型投信にしても通貨選択型投信にしても、その仕組みを理解して投資家本人が納得して買っているのであれば、申しあげることは何もありません。
しかし、本人が理解していないのに勧められるまま買っている(買わせている)となると、大いに問題です。
金融機関側は規制をされるような売り方をするべきではないし、投資家側もいくらなんでも不勉強すぎるという部分があるようです。
お互いにしっかりしましょう。


以上、2011年下半期のよく読まれた記事ランキングでした。
関連記事


  





コメント

1つ例をあげます

第4位については確かに議論になりやすいと思います。
僕個人としては、日本株はあくまでもセクター戦略のみ投資しています。
色々研究していくにつれて、今の日本はある諸外国に比べて欠けている所は色々見受けられます、ただ、それだけでインデックスパフォーマンスを説明できるかどうかはよく分りません。
最近、スウェーデン株に投資していますが、そのスウェーデンではやはり少子高齢化で年金システムに陰りが見えてきた時に、基礎年金部分を廃止し報酬比例部分に一本化(ただし、低所得者の為に最低保障がある)しマクロスライド導入と、働くインセンティブを与えながら、思い切った改革をし、年金の持続を前提とした物へと変えていきました。
潤沢な年金ではなくて持続可能なシステムにする事で安心を与える事に成功です。
スウェーデンでは、その他の福祉政策が充実しているので、あまり貯蓄が無くても生活できる場合が多いです(その分、消費が出来る)。

日本の場合は、デフレ時にマクロスライドされないので、積立金からの取り崩しが問題になり不安が広がっています。
しかも、セーフティーネットが脆弱です。
実際に年金なんて貰えないなんて言っている人は多いです。
だから、日本は消費に回せない点があるかも知れません。

これについては挙げていくと切がありませんが(いっぱいあるから)、日本の株式インデックスが低迷している要因は研究段階で、これと言った決め手の事がまだ言えません。

更に長期低迷している国は日本だけではありません、世界各国の株式ETFを見てみると、長期低迷している国はいくつかあります。

ですが、日本にも頑張っている企業は必ずあると思います、実際に注目している企業はあります。

毎月分配型&通貨選択型投信の話題が多く、いい商品は紹介されにくい一年でしたね。

今年もたくさんの学びのキッカケを頂きありがとうございます!
来年もよろしくお願いいたします♪

お疲れ様でした

今読み返しておりました。個人的には、特に4位と5位の記事がめちゃくちゃ面白かったです。自分のなかでもかなり悩まされていたテーマでしたので、コメントされた方の意見も含めとても参考になりました。
一言にインデックス投資といってもホント様々ですよね。

>>第4位については確かに議論になりやすいと思います。
>>僕個人としては、日本株はあくまでもセクター戦略のみ投資しています。
>>色々研究していくにつれて、今の日本はある諸外国に比べて欠けている所は色々見受けられます、ただ、それだけでインデックスパフォーマンスを説明できるかどうかはよく分りません。

個々の国の株価動向を説明するのは、たくさんの要因がありすぎて難しいのではないでしょうか。
でも、世界全体を平均すれば、上昇する方向性が取り出せるのではないかと思っています。


>>毎月分配型&通貨選択型投信の話題が多く、いい商品は紹介されにくい一年でしたね。

たしかに。
毎月分配は数年前から話題になっていましたが、ここ1~2年は通貨選択型と合わさることで更に話題となったと思います。
情報発信しながら、正しい理解が進むことを祈っております。


>>今読み返しておりました。個人的には、特に4位と5位の記事がめちゃくちゃ面白かったです。自分のなかでもかなり悩まされていたテーマでしたので、コメントされた方の意見も含めとても参考になりました

うちのブログのコメント欄は、ブログ本文よりも参考になるという定評があります(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)