国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」をチェック(2011年12月末時点)

上場以来、個人投資家の期待を集めながらも、ETFの基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。
「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を2011年12月末時点でチェックしてみます。

以下が、「国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率」の推移を表したグラフです。

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」の推移
(モーニングスターのデータを使い水瀬が作成)

1680・1681・1550いずれも、2011年12月には乖離率が、いちおう1%以内に収まっています。
ただし、2011年を通して見ると以下の特徴が見られました。

  1. 全期間を通して、ほぼ常にプラス圏で乖離している傾向に変わりなし
  2. 1680・1681については、2011年4月に±0%近辺まで乖離が縮小したが、その後再び拡大してしまった
  3. 1550は、ひときわ乖離レベルが大きかったが、2011年後半で1680・1681と同等レベルに落ち着いてきた
  4. 1680・1681・1550いずれも、2010年と比較すれば2011年は乖離水準が小さくなってきた

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、出来高不足とか、先物中心の運用では裁定が働きにくいとか、マーケットメーカーの意向が関係するとか、海外資産対象のETFの場合は、原資産と為替の価格評価時点のズレがあるために乖離率はどうしても発生するとか、様々な要因が複雑に絡み合っています。
その乖離率のうちどの要因がどれだけプレミアム(ディスカウント)要因になっているのか個人投資家側では判断がつきません。

しかし、複雑な要因により乖離があることは許容したとしても、それが常にプラス圏(プレミアム状態)で推移し続けているというのは何かがおかしい。個人投資家にとって、不利益になる大きな何かがあると考えていいと思います。
ごくシンプルに考えれば、いろいろあって乖離はするが、それは長い目で見て0をまたいで±0%付近を行ったり来たりするのが自然ではないでしょうか。

その点では、(1)に書いたように、ほぼ全ての期間プラス圏で推移していることは、まだ不自然な状況だと思います。
ただ、(2)(3)の状況はあるものの、長い目で見れば(4)に書いたように、1680・1681・1550いずれも、2010年と比較すれば2011年は乖離水準が小さくなってきたとは言えそうです。

国内ETFは、海外ETFと比べてコスト面と利便性でポテンシャルは高いので、期待はしています(個人的にはまだ様子見ですが…)。
ちなみに、インデックス投資アドバイザーのカン・チュンド氏は昨年、ご自身が運用するポートフォリオにおいて、海外ETFのTOK・EEMから国内ETFの1680・1681に乗り換えられたそうです(該当記事)。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、低コストを志向する個人投資家にとって重要なポイントだと思います。
今後も注目しつつ、しばらくしたらまたご報告したいと思います。

関連記事


  





コメント

乖離率もひどいですが

あけましておめでとうございます。
今年もいろいろと勉強させていただきます。
そして新年早々の情報提供お疲れさまです。

さて、海外株ETFについては、いつも頭の隅にあるのですが、
乖離率もひどいですが、いつまでも資産残高があがってこな
いのが最大の懸念材料だと思っています。
正直、あの信託報酬でETFを上場しておくインセンティブが
まったくありませんよね。
普通の投資信託ですと、マザーファンド1,000億の巨大さで
説明できるコスト計算が、ETFだと難しい。
もし保有するとすれば、常に繰上償還もとい上場廃止の恐怖
と戦う羽目になってしまうでしょう。
ということで、私自身はとても手が出せる状況ではないと考
えています。
TOPIXなんかだとどれを持っていてもある程度安心できるん
ですけどね。
早く解決してもらいたいものです。
(もっと私たちが買ってあげなければならないのかな?)

応援しています

私も今のところは保有予定はありません。
でも、一時期に比べたら少しは乖離が小さくなりましたね。
国内では数少ないまともな投資対象のETFですから、
運用会社には頑張っていただきたいです。
陰ながら応援しております。

>>普通の投資信託ですと、マザーファンド1,000億の巨大さで
>>説明できるコスト計算が、ETFだと難しい

たしかに。純資産額は心許ないですね。
ただ、1550なんかはインデックスファンドのeMAXIS先進国株式インデックスと同じマザーファンドのようですよ。


>>国内では数少ないまともな投資対象のETFですから、
>>運用会社には頑張っていただきたいです

同感です。
特に、機関投資家の利用促進をお願いしたいです。

MSCIコクサイって、円高に動くと額面が下がるんですよね?

ユーロがどんどん安くなってるので買うのが怖いなあ。。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)