復興特別所得税2.1%が株式・投信・ETFなどの譲渡益&配当に。さらに他にも…

水瀬ケンイチ

今日の竹川美奈子氏のツイートで、来年(2013年)から25年間、復興特別所得税2.1%が投信・ETFの譲渡益や分配金にもかかるようになることを知りました。

About Money,Today
2012/01/04 復興特別所得税の投信・ETFへの影響は?

ソースの投信協会のメルマガからの引用にはちょっと難しく書いてありますが、

・MMF・MRFなどの利子
・株式・投信・ETFなどの譲渡益&配当

にかかる税金が2.1%増えるとのことです。
(税率に2.1%を足すのではなく、税率に102.1%を掛ける)
2013年から25年間なので、私たちの資産運用にも大きく影響してきますね。
また、これはソースが投信協会のメルマガなので投信関連の情報ですが、YOMIURI ONLINEにさらに広範な課税対象が書いてありました。


YOMIURI ONLINE
2012/01/05 2012年度税制改正大綱から読み解く、暮らしの税金はどう変わる?

それによると、「給与所得や事業所得、年金などの雑所得のほか、預金利息や株式の配当、公社債の利息、報酬の源泉所得税などにも上乗せされる付加税」になるとのことです。
資産運用だけでなく、所得全般にわたり影響してくることが分かります。

「1000年に一度」と言われる未曾有の大震災からの復興が目的なので、国民で広く負担することに異存はありません。
どさくさに紛れて目的外に流用したりせずに、しっかりと震災復興に使ってほしいと思います。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ