各アセットクラスの年間収益率から見えてくるもの

STAMから「2011年の振り返り」というレポートが出ています。

住信アセットマネジメント コラム&レポート 2012/01/05
STAM投資なび Vol.16「2011年の振り返り~2012年の相場展開は?~」

「リスク回避で質への逃避が進んだ2011年、株式などリスク資産のパフォーマンスは総じて軟調な展開に」と総括されたレポートの中には、各アセットクラスの年間収益率の推移データがありました。

各アセットクラスの年間収益率(2006~2011年)
(上記レポートより引用。クリックで拡大)

■2011年の年間収益率
(1) 国内債券 1.9%
(2) 先進国債券 0.2%
(3) 海外REIT ▲2.0%
(4) 新興国債券 ▲6.3%
(5) 先進国株式 ▲8.4%
(6) 国内株式 ▲17.0%
(7) 新興国株式 ▲21.9%
(8) 国内REIT ▲22.2%

2011年は、国内債券・先進国債券以外のアセットクラスはすべてマイナスの収益率という、とても厳しい一年であったことが分かります。
ただ、この収益率から見えてくるものは、それだけではないように思います。

やはり国内債券がマイナスにならず頼りになる?
たしかにそうですし大事なことですが、リスクフリー資産のリスクが小さいのは当たり前のこと(その分リターンも小さい)。相場が悪い時に上位に来るのも当たり前のことです。

ポイントは単年の収益率ではなく、「各アセットクラスの推移」です。
たった6年の間でも、各アセットクラスの収益率の順位は激しく入れ替わり、上位にとどまり続けるアセットクラスもなければ、下位にとどまり続けるアセットクラスもありません。
これは、過去の短期的な相対的順位は、将来を予測するのには役にたたないことを意味していると思われます。

では、様々なデータから経済のファンダメンタルズをよく分析すれば、将来は予測できるのかといえば、残念ながらそれも「No」と言わざるを得ません。
奇しくも、同じ住信アセットマネジメントがちょうど1年前(2011年1月)に発表したレポートにはこう書かれています。

■日本の見通し
「日本企業の収益は、海外事業拡大による売上増とコスト削減により急回復しており、日本株には、国際比較においても、企業収益との比較においても依然として強い割安感が残っている。為替市場の過度な変動等に留意する必要はあるが、世界的な景気回復の恩恵を受けやすい割安な日本株を見直す動きが期待できる」

■米国の見通し
「2011年の米経済は回復の騰勢を強めていくものと考えられ、グローバル景気の回復も続く見通しの中、企業収益の改善が見込まれ相場は堅調な地合いを維持すると想定される」

■欧州の見通し
「ドイツは好調な外需を受けて景気回復を続けるとみられる一方で、周辺国は厳しい財政緊縮策を強いられ景気は抑制されると想定され、域内の景気二極化が続くとみられる。相場には割高感はなく、内外景気と企業収益の改善見通しを受けて堅調な地合いを維持すると想定する」

■アジアの見通し
「中国では物価が高止まりしており今後の動向が注目されるが、景気に過熱感はなく、短期間で急激な引き締め策が実施される可能性は低いと予想する。短期的にはインフレ抑制政策に対する懸念が相場の重しになる可能性もあるが、足元の株価水準には上値余地もあり、中期的には上昇基調に回帰するとみられる」

意地悪をしたいわけではありませんが、見事なまでに外れています。
しかし、これは決して住信アセットマネジメントの分析力が特別に低いということではありません。他の運用会社を含め、プロでも相場予測は当たらないというのが、昔から繰り返されてきた現実であり、相場に臨む者が知っておくべき事実なのです。

では、どうすればいいか?
それは、またまた奇しくも同じレポートの中に答えが書かれています。

「好パフォーマンスをあげる資産を予測することは難しく、中長期的に安定したパフォーマンスを追求、獲得するためには、分散投資やリバランスを行うことが大変重要」

不確実な将来には、分散投資とリバランスで対抗する。
この考え方は、ちっとも面白くないですが、実践的だと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

毎年のことながらほんと各アセットクラスの順位は激しく移り変わりますね。前年度順位の低いクラスが翌年良くなるかと思ったらそうでもなない場合もあって悩ましいところです。
結局、徹底的な分散投資とリバランスで市場にずっといることが大事なのだと再認識させられます
(長期になるのでいうまでもなくコストも重要)

参考になる情報をありがとうございます。
未来を予測することは難しいですね。
未来が見えると楽なんでしょうけど。

リバランス運用をシミュレートしてみた

STAMは良いデータを提供してくれます、ありがたいです。
日本債券は今年もプラスなので驚きです。

そこで、分散投資の効果を確かめる為に、ひとつシミュレーションしてみます。
条件、2006年初めに各アセットクラスへ12.5を割り当て(合計で100)、1年後にリバランスをして均等配分して2011年終わるまで運用する。
結果:2011年終わり時点では100⇒92.34986でした。
ちょっと元本割れでした。
ここでは信託報酬は考慮していません。
流石に2006年は高金利通貨バブル時代なので、為替の影響が大きいような気がします。

本当にバラバラですね。
私には、次にどのクラスの資産が1位になるなんて全く分かりません。
改めて分散投資やリバランスの大切さを感じました。
こういった図は是非マネー誌に毎号掲載しておいていただきたいなと思います。
「これからの資産は○○だ」みたいな事がよく書かれているように感じますので。
ちなみにマネー誌ではありませんが、昨日書店へ行ったところ、
「国内の株・債権は危ないのでこれからは海外投資(ヘッジファンド)で運用すべきです」
的な本が結構な割合(大多数はFX)で置かれており驚いた次第です。

>「国内の株・債権は危ないのでこれからは海外投資(ヘッジファンド)で運用すべきです」
>的な本が結構な割合(大多数はFX)で置かれており驚いた次第です。

それがOKWaveでQ&Aとして多数登場しています。
日本国債が危ないからFXとか、派遣の仕事で給与が安く遺産相続で受け継いだ預貯金尽きる前に資産運用とか、言っている事が滅茶苦茶です。
事の本質がよく分っていない人が圧倒的大多数のようです。

ドル建てで考えると

ほとんど総崩れの様相ですが、ドル建てで考えてみると、日本円の価値がざっと1割アップとすれば、それほどの損害でもないですね。
結局、私たちの一番の金融リスクは周縁国の通貨で労賃を得て、消費をすることにあるのかもしれません。

どうでもいいことですが、マネー雑誌の正月号を買ってしばらく漬けておくと、今年の大胆予想が発酵していて、とても面白い冗句に変わっています。
毎年ニヤニヤしています。

>>結局、徹底的な分散投資とリバランスで市場にずっといることが大事なのだと再認識させられます
>>(長期になるのでいうまでもなくコストも重要)

仰るとおりだと思います。


>>未来を予測することは難しいですね。
>>未来が見えると楽なんでしょうけど。

未来が見えると楽なんでしょうけど、そういう人は誰一人いないのが現実なので、次善の策を考えるということだと思います。


>>STAMは良いデータを提供してくれます、ありがたいです。
>>日本債券は今年もプラスなので驚きです。

最近の日本債券クラスの安定度はピカいちですね。
ただし、これが未来永劫続くものなのかどうかは、疑ってかかるべきだとも思っています。


>>こういった図は是非マネー誌に毎号掲載しておいていただきたいなと思います。
>>「これからの資産は○○だ」みたいな事がよく書かれているように感じますので。

よいアイディアだと思います。
マネー誌関係者の方々はご検討を!
特集の邪魔かもしれませんが、巻末の定期預金金利一覧表みたいな感じで淡々と記載するだけならいかがでしょう?


>>それがOKWaveでQ&Aとして多数登場しています。
>>日本国債が危ないからFXとか、派遣の仕事で給与が安く遺産相続で受け継いだ預貯金尽きる前に資産運用とか、言っている事が滅茶苦茶です。

がんばってくださいとしか言いようがありません。
(それが奏功する可能性もなくはないですし…)


>>ほとんど総崩れの様相ですが、ドル建てで考えてみると、日本円の価値がざっと1割アップとすれば、それほどの損害でもないですね。

「Passiveな投資とActiveな未来」さんから同内容のトラックバックをいただいています。ご興味があればご覧ください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

将来の予測は難しい

「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬ケンイチさんが「各アセットクラスの年間収益率から見えてくるもの」としてSTAM投資なびに掲載されたデータを引用されていました。私は米ドル建ての年間収益率と...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)