山崎元氏が単独のインデックスで最も魅力的に感じているのはなんとアレ

世の中にはいろいろなインデックスがありますが、山崎元氏が単独のインデックスで最も魅力的に感じているのはなんとアレでした。

楽天証券 山崎元「ホンネの投資教室」
第164回 「インデックス」を評価する視点を巡るあれこれ

詳しくは上記コラムをご覧ください。
お話のメインは、「インデックス(株価指数)の目的は三つある」「TOPIXと日経平均では?」という点についてです。
ちょうど先日、「信託報酬はニッセイ日経255(日経平均連動)の方が安いですが、CMAM(TOPIX連動)を購入している何か理由があるのでしょうか?」というご質問をいただいていたので、その回答にもなっていると思います。

しかし、私が個人的に着目したのは、最後の章にある、「運用対象としてのインデックスの選択と可能性」の部分です。
そこには、ファンダメンタル・インデックスへの期待とともに、現時点で単独のインデックスで最も魅力的に感じるのは……
「FTSE Global All Cap Index」

だと書かれていました。あら意外!?

「FTSE Global All Cap Index」といえば、先日のブログ記事『「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)が更にパワーアップ』でお伝えしたとおり、VTの新たなベンチマークで、全世界(日本・先進国・新興国)の大型株・中型株・小型株を網羅したインデックスです。
ちなみに、その後の調べで、大型株:中型株:小型株の割合は、73%:15%:12%であることが分かり(該当記事)、これまた絶妙です。

ただ、山崎氏は、「FTSE Global All Cap Index」だけだといささか外貨比率が高いので「VT 70%+TOPIX 30%」程度にアレンジするといいかもしれないという提案もしています。
また、運用に当たっては単独のインデックスである必要もないので、「MSCI-KOKUSAI 25%+MSCI-EM 25%+TOPIX 50%」といった組み合わせでもいいとも言っています。

共著「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」執筆の時もそうでしたが、山崎氏は為替リスクを「取ってもリターンが増えないリスク」としてできるだけ回避し、日本株比率を高めに算出する傾向があるようです(こまめに為替ヘッジができるなら別だとも仰っていましたが)。
私も円高には随分苦しめられているクチなのでよく分かりますが、個人的には、為替リスクを取ってでも、海外の経済成長やビジネスに投資したいと思う気持ちが大きいのと、ツールを使って期待リターンとリスクを計算しても大差ない(※)ことから、「FTSE Global All Cap Index」だけでもけっこう好みです。

※大差ないというのは、ポートフォリオ全体の期待リターン・リスクの水準を決定的に左右するのは、株式クラスの中身云々よりも日本債券クラスをどれだけ加えるかである、という見地からの意見です。
<関連記事>
2011/11/03 【第5回】 保有資産の値動きの9割を決める資産配分の「肝」は意外にも日本債券だった!

私は、VTがこの「FTSE Global All Cap Index」に連動していて、かつ信託報酬が年率0.25%と格安なことから、今後のリレー投資先有力候補の海外ETFとして検討しているところです。
現在は、IVV+EFA+VWOの海外ETF3本を組み合わせていますが、マイアセットアロケーションで加重平均した信託報酬は年率0.22%で、小型株が含まれる・割高な売買手数料が3分の1で済む・リバランスの手間なし、というメリットと天秤にかけて検討中です。

話があちこち脱線しましたが、山崎氏が最も魅力的に感じるインデックスは「FTSE Global All Cap Index」だとの意見に私も賛同したいと思います。


P.S
余談ですが、山崎氏があってもおかしくないと言っている「アクティブ運用ETF」や「ファンダメンタル・インデックスETF」は、米国では既に実現していて何種類も存在しています。(残念ながら日本の証券会社からは買えませんが…)


関連記事


  





コメント

ファンダメンタル・インデックスには可能性が感じられますが・・・

ファンダメンタル・インデックスだと、利益や配当にフォーカスを当てた物もあります。
ただ、はっきりと利益や配当にフォーカスを当てたインデックスが従来のインデックスよりも優れた運用成績を残しているとは言えないようです。
中にはハイベータ、ロウベータETFもあります。
こちらは、運用開始からそれほど経っていない事もあり、これから注目したいです。
CAPMではベータの高い株式の方が期待リターンは高くなる事がうたわれていますが、現実はどうかです。

使い方がそもそもよく分らない物としてハイボラティリティ、ロウボラティリティETFです、この辺りはよく分りません。

どんどん日本で上場して欲しいっす!

水瀬さん、はじめて投稿します。
いつも大変興味深く拝見しております。
私思うのですが、GLDみたいに、海外ETFも日本で上場して欲しいっすねぇ。
VT、VWO、TOKはぜひ上場して欲しいと思います。
そうなれば、コスト面も、税金のわずらわしさもなくなると思うのですが、違いますかね。
自分としては、国内ETFに頑張ってほしいです。
MSCIコクサイなんか、海外上場だけなんてもったいないと思うのですが。
今後も興味深く拝見します。

VTの先進国・新興国株の比率について

いつも興味深い記事をありがとうございます.
一つご質問させて頂きたいのですが,VTの組み入れ株式の比率について,大型・中型・小型の比率は上記の記事でようやくわかりました.他方で,先進国株:新興国株の比率は発表されていますのでしょうか?
現在,投信で積み立て(CMAMとeMaxisで日本株・新興国株・先進国株に投資)しているのですが,VTの比率の内訳が分かれば,それに似せた割合で積み立てをしたいなーと考えています.
もしご存知でしたらご教授頂ければ幸甚です.

もともとリレー先のETFを1306と1680と1681で使用していたのですが,1680・1681の乖離率はまだしも,流動性があまり高くないためか,数千株売買しただけでも数ティック板が変動してしまうため,いざというときに適正価格でとりひきしにくいなーと思いまして.
あまり頻繁に売買はしないので,為替手数料を考えてもVTへの投資は価値があるかなと考えています.

山崎さんはそれほど

あのコラムやこれまでの山崎さんの文章を読んでいると、魅力的とか言いながら、山崎さんはそれほどこのインデックスをおススメしているわけではないと思うんですよね。
他のどれかより欠点が少なそうというくらいのことで……。
いや、それがインデックス投資家が求めている性質だとはわかっているんですが。
山崎さんの本当のおススメってのは個人投資家でも個別株を分散して保有するというところにあって、運用面でもそれほど不利でなくコストの点でも楽しさの点でも優れているというのが、常に行間に書いてあると思うんです。(海外株は次善の策でインデックス投資でしょうけど)
なんと言っても、ギャンブラーだし転職好きで、けっしてけなすわけでも褒めるわけでもないですが、かなり山っ気があるように見えますし。

はじめまして^^

はじめまして^^
HIRO@YASUといいます。
先物システムの検証ブログを運営しています。

インデックス投資を考えていまがまだ実践できていません。
徐々に準備していこうと思っています。

また機会がありましたら、
私のブログでも紹介させて頂きたいと思います。

また拝見させて頂きますね。
今後とも宜しくお願い致します。

米国源泉税に注意

>ともともさん
VT、VWO、TOKは上場しない方が良いかも知れません。
何故ならば、SPYの東証上場によってSPYを東証で買うと米国源泉税30%が取られます。
だから上場しても米国源泉税の関係であまりメリットはないと思います。
それに代わって、1680、1681があるのでこちらを検討してみては?

>>ファンダメンタル・インデックスだと、利益や配当にフォーカスを当てた物もあります。
ただ、はっきりと利益や配当にフォーカスを当てたインデックスが従来のインデックスよりも優れた運用成績を残しているとは言えないようです

まだ歴史がないのでデータが揃っていない麺がありますが、私の手元のデータではよい結果も散見されます。
継続的にウォッチしていくつもりですが、いかんせん日本で買えないのがなんとも…(^^;


>>私思うのですが、GLDみたいに、海外ETFも日本で上場して欲しいっすねぇ

メジャーな海外ETFは運用が安定しているので、繰上償還の心配は少ないですね。
ただ、市場価格や税制で、海外とまったく同じにはならない面もありますのでご注意を。


>>一つご質問させて頂きたいのですが,VTの組み入れ株式の比率について,大型・中型・小型の比率は上記の記事でようやくわかりました.他方で,先進国株:新興国株の比率は発表されていますのでしょうか?

米国バンガードのWEBサイトで公開されています。
https://advisors.vanguard.com/VGApp/iip/site/advisor/investments/portfoliodetails?fundId=3141


>>1680・1681の乖離率はまだしも,流動性があまり高くないためか,数千株売買しただけでも数ティック板が変動してしまうため,いざというときに適正価格でとりひきしにくいなーと思いまして.

たしかにそうなんですよ。課題ですね。


>>あのコラムやこれまでの山崎さんの文章を読んでいると、魅力的とか言いながら、山崎さんはそれほどこのインデックスをおススメしているわけではないと思うんですよね

そりゃそうですね。ご自身の推奨ポートフォリオとVTのポートフォリオは全然違いますから。
だからアレンジ案もあわせて提案しているのだと思います。


>>インデックス投資を考えていまがまだ実践できていません。
>>徐々に準備していこうと思っています。

無理のない範囲でがんばってください。

FTSE Global All Cap Index

私も好きなインデックスです。
山崎元さんはこれにTOPIXを足しておられましたが、
個人的にはこれに新興国を少しだけ足したいと思っております。
色々な使い方ができて便利ですよね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)