「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」はこのファンド!

昨夜、2012年1月7日、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」が発表になりました。

栄えある「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」は、「CMAM外国株式インデックスe」(中央三井アセットマネジメント)でした!
受賞した中央三井アセットマネジメント(CMAM)の小林氏は、「昨年はSTAMが受賞、今年はCMAMが受賞、そして今年CMAMとSTAMは合併するので、来年は3連覇を目指します!」と力強い挨拶。会場からは拍手が贈られていました。

投信ブロガーたちが「CMAM外国株式インデックスe」のどこを評価したのか、後でブログをチェックしてみないと分かりませんが、おそらく、インデックスファンド外国株式クラス最安値の信託報酬(年率0.525%)が評価されたのだと思います。

CMAM小林氏の挨拶のとおり、CMAMとSTAMが合併するなら、インデックスファンドも併合してみてはどうでしょうか。
まだ日本では投資信託の併合例はありませんが、米国では投資信託の併合は盛んに行われています。
純資産額が倍増し、「規模の経済」が働けば、さらなる信託報酬の低減も夢ではないと思います。

ともあれ、見事アワードを獲得した中央三井アセットマネジメントさん、おめでとうございます!


「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」の入賞ファンドTOP10は以下のとおりでした。

no1.gif1位 CMAM外国株式インデックスe (中央三井アセットマネジメント)
no2.gif2位 結い2101 (鎌倉投信)
no3.gif3位 eMAXIS新興国株式インデックス (三菱UFJ投信)

4位 ひふみ投信 (レオス・キャピタルワークス)
5位 ニッセイ日経225インデックス (ニッセイアセットマネジメント)
6位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT) (バンガード)
7位 バンガード・MSCI・エマージング・マーケットETF (VWO) (バンガード)
8位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド (セゾン投信)
9位 STAMグローバル株式インデックス (住信アセットマネジメント)
10位 eMAXIS全世界株式インデックス (三菱UFJ投信)

1位以外で特徴的だったのは、2位と4位という上位に、アクティブファンドが入ってきたことです。
「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」はインデックスファンド・オブザイヤーではありません(たまに勘違いなさっているかたがいらっしゃいますが…^^;)。今後も、切磋琢磨を勝ち抜いた元気のいいアクティブファンドが出てくることでしょう。
ぜひ継続的に入賞できるように頑張ってほしいです。

インデックスファンド・ETFも、更なるコストの低減やバリューインデックス連動ファンドの登場などの革新を期待します。
こちらも頑張ってほしいと思います。

そして、「自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!」というこのアワードも、毎年継続してほしいですね。
もちろん、私も協力は惜しみません。

なにはともあれ、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」に入賞されたすべてのファンドと運用会社さん、おめでとうございます!

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011授賞式の様子。写真は第3位eMAXIS新興国株式インデックスの時かな?


<追記> 2012/01/09
公式サイトに受賞ファンドの情報がアップされました。各投信ブロガーの選定理由も書かれています。
http://www.fundoftheyear.jp/2011/
関連記事


  





コメント

鎌倉投信には頑張って欲しいです

昨日は鎌倉投信の鎌田社長さんに結い2101の事を聞いてみました。
日本企業はどうもコーポレート・ガバナンスに問題があり、あのオリンパスのCEO不当解雇されたマイケル・ウッドフォード氏が機関投資家の支持を得られないなど、どう考えても日本の株式市場は閉鎖的だと言われても仕方がないだろうと思われる事が起きています。
更にTOPIXが低迷する中で本当に必要とされている「いい会社」は何かを考えている鎌倉投信には興味深々です。
今日は鎌倉投信のHPを見てみると、目立たないけど「あ!この企業は!」と思う所はいっぱいありました。

今までのアクティブファンドは一体何だったのだろうか!と思われるばかりです。
そんな「いい会社」を応援し、投資家本位で頑張っているアクティブファンドは大歓迎です。
むしろ、そんなアクティブファンドが登場し、悪い意味でのアクティブファンドを駆除してくれれば、もっと投信業界は良くなるのでは?と思います。

やっぱりね。と納得の結果です。

Fund of the Year 2011選考、お疲れ様でした。
通貨選択型や毎月決算分配金といった邪気が一切なく、晴れ渡った空のようで清々しい気分になります。
流行ってて高くなってるものを買い、下がるとなれば一斉に売る、、とい、腰が全く座ってない資金投棄みたいな投機とは無縁の、いくら安くなっててもコツコツと買い続けること。安くて口数たくさん買えてニンマリすること。という修行のように淡々とした資産形成はこんなに沢山の人たちが支持してるんだぁ、、と嬉しくなります。

結い2101 (鎌倉投信)の2位には驚きました。
目の肥えた数々の投信ブロガーさんが、敢えて
票を入れたのだから、自分なりにも勉強してみます。

CMAMとSTAMが合併するなら

私も個人的にSTAMインデックスシリーズを保有しているので、信託銀行の統合で運用会社やファンドがどうなるか、気になっていました。
中の人が言うのなら、運用会社は合併に決まったのですね。

両シリーズの今後は、と言うと、マザーファンドは早晩合一されるんでしょうね、規模の原理がストレートに効きますから。
問題は私たちが購入するファンドの方で、販売手数料は双方2.1%以内と一致していますが、信託報酬の開きが結構あります。
後発で資産規模が1/4程度のCMAMにあわせてSTAMの信託報酬を下げるとなると、自分の身を切るのは当然として、販売会社から値引きの同意を得られるかにかかってくるでしょう。
しかし、STAMには多くの販社があり、CMAMのように3,4のネット証券に話をつければいいわけではなく、難航必至です。
なので、ファンド合併でコストが安くなればいいと思いつつ、残念ながらしばらくそこまでは到らないだろうな、というのが現在の私の考えです。

>>鎌倉投信には頑張って欲しいです

>>目の肥えた数々の投信ブロガーさんが、敢えて
>>票を入れたのだから、自分なりにも勉強してみます。

個人的には、まだ設定から1年9ヶ月であり、評価するのは時期尚早だと思っています。
とはいえ、現時点で投信ブロガーの評価が高いようですし、未上場株式を投資対象に含むなどユニークなファンドでもあるので、今後に大いに期待しています。


>>通貨選択型や毎月決算分配金といった邪気が一切なく、晴れ渡った空のようで清々しい気分になります

世の中の商業ランキングと投信ブロガーが選ぶランキングがなぜこんなにも違うのかを考えると興味深いです。


>>なので、ファンド合併でコストが安くなればいいと思いつつ、残念ながらしばらくそこまでは到らないだろうな、というのが現在の私の考えです

個人投資家としては、現時点では業界内部の事情を慮ることなく、自らの要望を素直にあげていればいいんじゃないかと思います。
DC専用ファンド(および大口の投資顧問料)を見れば、国内モノで年率0.1%台、海外モノ0.2%台で運用されている例がいくらでもありますので。

自らの要望を素直にあげるとなると

どうもです。

>>個人投資家としては、現時点では業界内部の事情を慮ることなく、自らの要望を素直にあげていればいいんじゃないかと思います。

というのが、ひねくれものの私にはどうも難しい。
先のコメントでは販売会社の意向とかを勝手に推量してみただけなんですが、後ろ向きの結論になっちゃいました。
ファンドが成長して利潤が上がらないと、思わぬタイミングの繰上償還や取り扱い停止などで迷惑をこうむりますから、運用者はもちろん、受益者としても多くの販売会社の窓口で扱ってもらい規模を拡大することが、今時点で有益だと思うのです、0.1%のコスト差よりも。
約款がどうであろうと、残高が30億円に満たないファンド・ETFではいつ監督官庁の同意一つで店仕舞いしてもおかしくないと思いますし。
そういうことがいつも頭にあるので、業界内部の事情を少し過剰に意識しているのかもしれません。
となると、現時点での要望はファンドの永続性というか、このまま持っていてもいいよっていう安心感なのかなぁと思います。
これでも、少しネガティブですね、お祝いムードの中を空気読まないコメントで悪かったかも知れません。すみません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」 結果発表~

水瀬さんのブログにありましたが、 今年も発表されました。 Fund of the Year 2011 !! 投信ブロガーが選ぶベストファンドはどこだ!! 順位等は下記をご覧ください。(まだ更新されていませんが・・・) ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)