小型株を含んだ新VTの日本・先進国・新興国の比率は?

水瀬ケンイチ

インデックス投資家のリーサル・ウェポンと言われる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)について、今度は「日本・先進国・新興国の比率は?」というご質問をお受けしました。

まず、いちおうこれまでの振り返りを。

Q.VTの何がパワーアップしたの?
A.ベンチマークが「FTSE Global All Cap Index」に変更され、日本・先進国・新興国の大型・中型株に加え小型株も含まれるようになった。
→2011/12/22 「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」 (VT)が更にパワーアップ

Q.小型株が入るっていうけどどのくらいの比率なの?
A.大型株73%、中型株15%、小型株12%。
→2011/12/25 VTが全世界株式の小型株も網羅するっていうけどどのくらいの比率なの?

Q.小型株を含んだVTの日本・先進国・新興国の比率は? ←New!!
A.今回の記事です。

というわけで、VTの新ベンチマーク「FTSE Global All Cap Index」の日本・先進国・新興国の比率を調べてみました。



米国バンガードのWEBサイトによると、新VTの地域比率は以下のとおりでした。

North America 47.9%
Europe 24.2%
Emerging Markets 14.4%
Pacific 13.2%
Middle East 0.3%
(出典:米国バンガードWEBサイト

日本はPacificに含まれます。国別比率で見ると日本は全体の7.7%です。
ざっくり言ってPacificの国々のなかで日本以外で大きいところはオーストラリア等先進国なので、13.2%(Pacific)-7.7%(日本)=5.5% は先進国に入れるとします。
すると、

日本:先進国:新興国=7.7%:77.6%:14.7%

となります。
日本株比率がとても小さく見えますが、浮動株調整後の世界株式時価総額だとこんなもんなんですね。
外貨比率が92.3%となるので、日本株式ファンドをちょっと足してみたくなる気持ちも分からないでもありません。
なにはともあれ、VTの日本・先進国・新興国の比率は上記のとおりでした。

なお、VTを含む海外ETFのデータは、米国バンガードiシェアーズ等運用会社のWEBサイト、もしくは米国モーニングスターYahoo!Finance等の金融情報WEBサイトで確認できます。
知りたいことがあったらググってみれば、英語が苦手な私でも意外となんとかなります。
海外サイトでも臆せずに調べてみてくださいね(^^)

<追記> 2012/01/26
上記データが旧ベンチマークのものではないかというご指摘がありました。あらためて、確実に新ベンチマークであると言えるデータが確認できましたので、新たに記事を書きました。ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1934.html


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ