投信ブロガーとしてテレビ東京に取り上げられました

テレビ東京の「Mプラス Express」という番組で、投信ブロガーとして水瀬も取り上げられました。

photo_20120110_1.jpg
(テレビ東京 Mプラス Express 2012/01/10より)

番組では、先日行われた「第4回インデックス投資ナイト」や「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」を紹介しながら、投信ブロガーの活動を紹介していました。

まずは、インデックス投資ナイトの会場で、相互リンクブロガーのrennyさんが「投信にどういう銘柄が入りパフォーマンスを上げているかを定期的にブログで紹介しています」とコメント。おおー。
そして、ファンドオブザイヤーを受賞した「CMAM外国株式インデックスe」の紹介とともに、運用する中央三井アセットマネジメントの小林氏が、「ブロガーは購入する投資家目線で意見を言ってくれるお目付け役のような存在ですね」とコメント。

続いて、先月行われた楽天証券・ブラックロックのセミナーの様子に移り、不肖水瀬がコメントさせていただきました。

photo_20120110_4.jpg
(テレビ東京 Mプラス Express 2012/01/10より)

顔はごめんなさいですね。
そして、当ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」が「月間30~40万PVの人気ブログ」と紹介されました(これはスマホ等モバイル版のPVも含めてですね)。

photo_20120110_3.jpg
(テレビ東京 Mプラス Express 2012/01/10より)

その後、楽天証券の新井氏は「投信ブロガーの影響力は大きい。そういう人にインデックス投資の新しい潮流を発信して普及してもらいたい」、モーニングスターの朝倉氏は、個人投資家が投信ブロガーの情報をどう活用するかについて、「ブロガーによって、手数料・パフォーマンス・情報開示など視点が違う。個人投資家の判断基準が増えることでオプションも広がる」とそれぞれコメントされていました。

私がブログを始めた2005年頃は、投信ブログなどほとんどありませんでした。
この数年で、増減を繰り返しながらも、着実に投信ブログの数は増え、プレゼンスが向上してきているように感じます。
しかしながら、各種ブログランキングのマネー部門を見ると、依然上位はFXやデイトレのブログが大勢を占めているのが現実です。

投信ブログもまだまだこれからだと思います。

関連記事


  





コメント

水瀬さん はじめまして。
最近水瀬さんの本を買い、インデックス投資を勉強中の初心者です。
質問があるのですが、教えていただければ幸いです。

水瀬さんの積立投信のアセットクラスに、日本株式、外国株式、新興国株式があるのに、外国債券、新興国債券を積立されていない理由は何故なんでしょうか。新興国債券は為替リスクのためかな(?)とも思うのですが、外国債券は何故なんでしょうか。
また、投信の日本債券ファンドをMMFに代用している理由も教えて下さい。あまりにも初心者的な質問で申し訳ありませんが、教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

>>外国債券、新興国債券を積立されていない理由は何故なんでしょうか。

アーカイブをご覧になってはいかがでしょうか。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1250.html

本当に面白い記事です。
私自身何度も読み返しました。
一般的な資産運用本等ではあまり取り上げられないテーマですし、
勉強になりますよ。

私は未だに結論を出せずにおりますが。。。

isukekeさん、フォローありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中(2017/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大2ヶ月国内株式手数料実質0円キャンペーン実施中(2017/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)