国内初、日興アセットから新興国債券ETFが登場

日興アセットが、新興国債券に投資する国内ETFを3月30日に上場すると発表しました。

日興アセットマネジメント
2012/01/11 日本初、世界中の新興国債券に投資するETFを設定
~ほぼすべての資産クラスのETFが揃い、ETFでの国際分散投資が可能に~


商品概要は以下のとおり。

上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズ Local EM 国債)(証券コード:1566)
「バークレイズ・キャピタル自国通貨建て新興国市場国債・10%キャップ・インデックス」連動・信託報酬 年率0.4725% (監査費用等その他費用として年率0.1%以内)

今まで国内ETFにアジア債券ETFはありましたが、新興国全般の債券ETFは国内初ですね。
新興国債券クラスにしては、コストもまあまあ低いです。

個人投資家の良質な選択肢が広がることは良いことだと思います。
日興アセットさんグッジョブ!(^^)b

ところで、連動するインデックスが珍しい感じがします。
新興国債券インデックスファンドだと、「JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)」が多いですが、ETF組成にはいろいろハードルがあるようです。
そのあたりの逡巡などこのETF組成にかける思いがわかるコラムがさっそく出ているので、ご興味があるかたは見てみると面白いですよ。

http://www.nikkoam.com/products/etf/column/column21

運用会社の思いが詰まったせっかくのETFです。
ぜひ、しっかりと指数と基準価額、また市場価格と基準価額が連動した運用をお願いしたいです。

<追記> 2012/01/12
対象指標の国別比率が見つからないというツイートを見かけたので調べました。
こちらの資料からどうぞ。
http://www.tse.or.jp/news/08/b7gje60000028pfp-att/b7gje60000028po6.pdf
関連記事


  





コメント

債券版VT を

コラムを読むと作り手の苦労が分かりますね。ただ投資家としては欲深くVT と債券版VT があれば、二つで済むなぁと考えてしまいますね。日興のETF は先物を含むその作り方の為、好き嫌いが別れますが、最初に商品を出すその姿勢には好感が持てますね。

日興AMのETF&証券アナリストジャーナル

もはや東証ETFだけでもグローバル投資が出来るようになりました。
ほぼ全てのニーズ(ちょっと大げさ?)に応えられるような気がします。
例えば、年金暮らしのお年寄りの方で分配金で年金の足しにしたい人には、1555、1566、1698、1345などがあります。

ヘッジファンド風の運用だったら、信用取引を使ってTOPIXをショート、1318をロングにするやり方も有りですね。

ちょっと余談になりますが、井手 正介さん(ウォール街のランダムウォーカーの翻訳者)の特集が載っている証券アナリストジャーナル1月号には、日本株バリュー株運用のデータが載っていて、「おお!正に日本の株式市場は余り効率的ではなさそう?」と思える内容ですが、これを応用すればバリュー株ヘッジファンドなどが作れそうです。
証券アナリストジャーナル1月号の井手 正介さんの解説は、これからの日本株の未来は明るい感じがして良かったです。

そんな訳で、日興AMのETFだけではなくて、井手 正介さんの解説も面白かったので、ここから先は自分で自己責任で応用していく事になると思います。

やはり気になるのは

トラッキングエラーと出来高ですね。
運用会社の頑張りが伝わってくる商品ですので、良い結果が出ることを願っております。
いずれにせよ、国内ETFのみで世界への分散投資を可能にした日興アセットマネジメントさんには拍手を送りたいと思います。

>>日興のETF は先物を含むその作り方の為、好き嫌いが別れますが、最初に商品を出すその姿勢には好感が持てますね

先物を必要以上に毛嫌いする人がいるのは、先物のことをよく知らないからではないかと思います。
先物はインデックス投資に有用な素材だと思います。


>>もはや東証ETFだけでもグローバル投資が出来るようになりました。
>>ほぼ全てのニーズ(ちょっと大げさ?)に応えられるような気がします。

国内ETFのラインナップも揃ってきました。
あとは、日本国債ETF(長期・中期・短期)がほしい人もいるかもしれませんね。


>>やはり気になるのは
>>トラッキングエラーと出来高ですね。
>>運用会社の頑張りが伝わってくる商品ですので、良い結果が出ることを願っております

同感です。トラッキングエラーといっても、「基準価額と指数のトラッキングエラーはない」と開き直られないよう、「基準価額と市場価格の乖離」もしっかりウォッチしていきたいと思っております。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

インデックスの使用許可とかライセンス費用にまつわる話

ネタ元: 国内初、日興アセットから新興国債券ETFが登場 (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー) ETFコラムNo.21 21番目のETFは新興国債券のETF (日興アセットマネジメント) 梅ランの記事で紹介されていた、日興アセットマネジメントのコラムを読んで ETF って?...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)