各直販ファンドの積み立てシミュレーションで目を惹かれたのはどれか

先日、コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ(第20回)に参加したのですが、その時のジャンケン大会で、投資信託事情2012年1月号をいただきました。

専門誌なので渋い記事が多いのですが、その中に「積み立て投資家、ブロガーに人気の“チョクハン”ファンド」という特集がありました。
さわかみファンドから、ひふみ投信、コモンズ30ファンド、セゾン・バンガード・グローバル・バランスファンド、かいたくファンド等々の直販ファンドについて、純資産総額、組入銘柄数、キャッシュ比率、リターン・リスク、リターンの最高値・最低値、市場追随率など、数々のデータで詳しく比較されて、直販ファンドへの投資を検討されているかたには必見の内容になっていると思います。

どのデータも興味深かったのですが、私が個人的に目を惹かれたのがこのグラフでした。

photo_20120112.jpg
(投資信託事情 2012年1月号 P.21より引用)

各直販ファンドを2008年12月から毎月1万円ずつ積み立て投資した場合の実績です。
白黒のグラフで、どの線がどのファンドだかよく分かりにくいのですが、いちばん上にぶっちぎりで上がっている黒線があります。
いったいどのファンドかと思ってみてみると、「MSCI世界株式(含む日本)」というインデックスでした。

ああ、そうなのね…(^^;

もちろん、各直販ファンドは日本株式に投資しているものが多く、また外国株式に投資しているセゾンバンガードもポートフォリオの半分は債券なので、外国株式インデックス(日本は1割程度)と比較して優劣を語る意味はありません。
ただ、それだけ日本株式中心の運用は厳しい期間だったのだなぁということと、やっぱり分散投資は大切なんだなと思った次第です。

直販ファンドの話じゃないところに食いついて、ゴメンナサイ。
関連記事


  





コメント

水瀬さん、先日は教えて頂きありがとうございました。

ちなみに、参考までに水瀬さんの積立の4本(日本株式、外国株式、新興国株式、MMF)の比例配分を教えていただければ幸いです。尚、積立のアロケーションは、一括型のETFのアロケーションと基本的に同じ性向なのでしょうか。(投資額が積み上がった段階で、ETFへの移行なので順序が逆ですが)質問ばかりで大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。

グラフ横の凡例を見るとTOPIXが二番目の成績となっており、何のための投信なんだと思ってしまいます。
信託報酬等の分だけ下がったということでしょうか。
なんだかなぁ。。。

>>APさん

アセットアロケーションとだいたい同じ比率で積み立てています。
ちなみに、前回のご質問に答えたのは私ではなく読者のかたですよ。

なお、コメント欄にお願い事項を書かせていただいているとおり、記事内容と関係のないコメントはご遠慮いただいております(後から検索等で訪れる方々のため)。
次回からはご協力お願いいたします。


>>グラフ横の凡例を見るとTOPIXが二番目の成績となっており、何のための投信なんだと思ってしまいます

そこは突っ込まないでおいたのですが…(^^;
ただ、設定来ではよい実績の直販投信もあるようですから、たまたま、この期間はTOPIXの積み立てを下回ったということだと思います(好意的に捉えれば)。

少し気になる点が。。。

水瀬さんこんばんは。といいますか初めまして。

このエントリーで一点気になる点があったのでコメントさせていただいております。

グラフ中のTOPIXのデータですが、私の理解が正しければ、2008年12月末から毎月TOPIXを一万円づつ買い付けた場合、2011年11月末には元本36万円に対して評価額が36.6万円になるということかと思います。つまり6千円のプラスですね。

しかし、この期間のTOPIXの値動きですが、最初下げた後、いったん上昇してますが、イメージ的にはその後基本右肩下がりかと思います。それなのにコツコツ投資してプラス??。

rennyさんの2011年12月23日のエントリー

「チョクハンk2k2通信簿(日本株式F編) 2011年11月末 #16」

の最後にSTAM TPOIXをコツコツ積み立てた場合のシュミレーション結果がありますが、こちらでみると36万円の投資に対し評価額は31.4万円で4.6万円のマイナスです。感覚的にはこちらのイメージになるような気がしますが。コストゼロだとこうなるんでしょうか??。

MSCI全世界もコツコツ投資して36万円が40万円になるって結構な上昇に思えるので、こちらも確認したかったのですが私の知識ではよい比較データを見つけれませんでした。。。

投資については素人なのでもし頓珍漢な事を書いていたらごめんなさい。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)