日本は10年後もデフレだと市場が推測している!?

日本は長らくデフレが続いていますが、いったいいつまでデフレが続くのでしょうか?

将来のことは誰にも分かりませんが、市場自体が将来をどう推測しているかを客観的に把握することはできます。そのひとつが、「ブレーク・イーブン・インフレ率」です。

「ブレーク・イーブン・インフレ率とは、同年限の物価連動債と名目金利債券に投資する際、両者の利回りが等しくなる(break even)ようなインフレ率を指します。また、名目利回り、実質利回りはともに市場で取引されるそれぞれの債券価格によって決まるため、ブレーク・イーブン・インフレ率は、物価連動債の実質価格に市場が織り込んでいる期待インフレ率にほぼ等しいと考えることができます」(PIMCO Bond Basicsより)

要するに、日本の場合、10年債の利回りから10年物価連動債の利回りを引くことで、ブレーク・イーブン・インフレ率、つまり10年後の期待インフレ率が計算できるというわけです。
暇な時にたまに見たりしています。

2年くらい前にもブログ記事を書きましたが(該当記事)、最近のデータを見てみると、こんな感じになっています。


ブレイク・イーブン・インフレ率
日本相互証券WEBサイトより引用)

一番下の赤っぽい線が、ブレーク・イーブン・インフレ率です。
残念ながら、ずっとマイナスのままです。
つまり、日本の債券市場は10年後もデフレだと推測しているということになります。

オーソドックスな経済学によると、デフレは株式にマイナスです。
唯一救いなのは、リーマンショックがあった2008年よりは、マイナス幅が縮小してきていることでしょうか。

でもまぁ、これは現在の市場データから計算できるひとつの指標に過ぎません。
市場の期待インフレ率が、そのまま現実になるとは限りませんし、インフレになったからといって経済学のセオリーどおりに必ず株高になるとも限りません。「デフレ下の株高」という現象も過去にありました。

個人的には、ブレーク・イーブン・インフレ率は、「ふーん」くらいに思って、日本株式に対しても積み立て投資を続けています(資産配分は低いですが)。
せいぜい、取材などで「将来、日本はインフレ・デフレどちらになると思う?」とか聞かれた時に、「私には分かりませんが、市場はデフレになると推測しているようです」とうまく人のせいにしながらもっともらしい意見を述べることにでも使えたら、まずまずという程度のものだと思っています。

なにはともあれ、現在、日本は10年後もデフレだと市場は推測しています。
しつこいようですが、推測しているのは私じゃないですからね(笑)

関連記事


  





コメント

PERが下がってきた

デフレだと株価にマイナスなのですが・・・最近は日本株にも明るいニュースが飛び交うようになりました。
http://us.ishares.com/product_info/fund/overview/EWJ.htm
Price to Earnings Ratio 18.50
Price to Book Ratio 1.20
配当利回り 2.13%
ここからROEを求めると6.49%となっています。

今までの超激高PERが次第に世界並に下落してきています。
PERが15倍程度ならば、現在のROE水準からみて、いよいよ長期下落トレンドから抜け出すのかも知れない期待はあります。

問題は10年後にもデフレだと、それが株価にマイナスなのかどうかは見極める必要があります。
いわゆる不況型デフレは流石に厳しいです。
確か、デフレ下の株高では、金利低下が鮮明になって株価を押し上げたと言われています(いわゆるバブル?)。
その当時のPERを見ると、お世辞にも投資対象としては相応しくない超激高PERでした。

ブレーク・イーブン・インフレ率はあくまでも市場が考えているインフレ率なので参考程度にはしていますが、所詮は人間が予想するものなので・・・

物価連動債は国内機関投資家に参加者が少なく、外資系やHFのおもちゃとして使われているので、BEIは外人のリスク許容度を表す指標のように感じます。
最終的にはCPIに応じてキャッシュフローが発生するので実現されたCPIに収斂するはずで、リスク回避局面において金融資産が下落したが株が回復するかどうかは自信が無いときに物価連動債ファンドを買っています。(たいてい下落している)
今のところ消費税を上げるという話にBEIは全く反応していないので、消費税上げが本格化したときには大幅に上昇することでしょう。

VTと世界債券でリバランスすると・・・

こんにちは。いつも勉強になる記事をありがとうございます。先日、バンガードのETF-VTの、組成が変わった事をこちらで知りました。私は、ポートフォリオの中核はVTと世界債券インデックスのETFか投信で行おうと思ってるのですが、気になったのがこの両者だけでリバランスしていると、各地域間でのリバランス・先進国と新興国間のリバランスはなされない事になります。

株式と債券だけのリバランスで放っておくのと、先進国と新興国や、株式と不動産のリバランスなども行ったほうが良いのか。どちらなのでしょう。

もしご存知の点や参考資料などお教えいただければ幸いです。

タイトルとは関係ないコメントですね・・・

≫ブレーク・イーブン・インフレ率はあくまでも市場が考えているインフレ率なので参考程度にはしていますが、所詮は人間が予想するものなので・・・

仰るとおりだと思います。
市場の予測に対する信頼感は状況しだい、もしくは人それぞれかもしれません。


≫物価連動債は国内機関投資家に参加者が少なく、外資系やHFのおもちゃとして使われているので、BEIは外人のリスク許容度を表す指標のように感じます。

なるほど~。
外国人投資家のリスク許容度を図る指標としても使えるんですね。


≫おじさんさん

債券クラスに対する考え方は、以下の記事をご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1613.html

コメント欄に注意書きさせていただいているとおり、記事内容と直接関係のないコメントはご遠慮いただいております(あとから検索等で訪問される方のため)。次回からよろしくお願いしますね。


コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)