モーニングスターのインデックスファンドセミナー(2012年1月13日開催)の動画が公開

2012年1月13日(金)にモーニングスター主催『2012年新春セミナー ~インデックスファンドで資産運用~』が行われました。

私も申し込んでいたのですが(該当記事)、当日の仕事が長引き、参加できませんでした。
インデックスファンドのセミナーであるにもかかわらず、登壇者にアクティブ論者が多く、どんなセミナーになるのか非常に楽しみにしていたので、残念に思っていました。

そんな中、モーニングスターさんがセミナー内容のまとめを掲載してくれています。
しかも、セミナー動画まで公開されています。

モーニングスター 2012年新春セミナー「インデックスファンドで資産運用」
第1部:基調講演 齋藤精一郎氏「欧州危機と世界経済の展望」
第2部:パネルディスカッション カン・チュンド氏、和泉昭子氏、朝倉智也氏「これからのポートフォリオ運用を考える」

内容は、上記WEBサイトによくまとまっているので、そちらをご覧ください。
私がすべての動画を見た感想は、以下のとおりです。

第1部の基調講演は、インデックスファンドとは直接関係なく、世界経済の現状と展望をまとめたものでした。

日本、米国、欧州、そして新興諸国の経済について、俯瞰するにはとてもよいと思います。
ただし、ここで言われている経済の状況が良い国のインデックスファンドを買えば、単純に儲かるというわけではないことに注意が必要だと思います。
短期的な経済状況と株式のリターンは必ずしも連動しないところが、投資の難しいところです。
私は、世界中の市場平均を長期保有することによって、株式という資産クラスが持つ本質を、平均的に引き出していければそれでいいと考えています。

第2部のパネルディスカッションは、案の定、インデックス派のカン氏とバーベル戦略も有りという和泉氏の考え方の違いが見どころだと思います。

日本株式・REIT・新興国債券をポートフォリオに組み入れるかどうか、毎月分配型投信はどうなのか、アセットアロケーションの考え方、投資の楽しみ方などについて、お二方がどう答えているのか、その違いに注目して見ると面白さ10倍で、参考になります。

最後の和泉氏の井戸に落ちたロバの話がいい話で、けっこうグッときました。
たしかに、いま私達に降りかかっている災厄は大変なものがありますが、ひとつひとつ乗り越えていくことで、(経済も個人も)足元が踏み固められていくという面はあると思います。
不幸になりたい人なんて一人もいません。誰だって少しでも幸せになろうとして、前進していくのだと思います。
インデックスファンドの利益の源泉は、実はこういうところにあるのではないでしょうか。

あと、瑣末な問題ですが、明らかな誤りがあったのでちょっとだけ補足しておきます。
朝倉氏とカン氏から「インデックスファンドには毎月分配型はない」との話がありましたが、「DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)」や「三菱UFJ 世界国債インデックスファンド(毎月分配型)」など、実はけっこうあるんですね。

全体を通して、やはり生で見たかったなという感じでした。
モーニングスターさん、私たち一般のサラリーマンにとっては、やっぱり平日18時30分からのセミナーはきついっす。
できれば、19時か19時30分からにしていただきたく、お願いいたします。m(_ _)m

関連記事


  





コメント

情報提供有難し

都会の方では、いろいろなセミナーや交流会などが企画されていて、羨ましく、まぶしく感じます。
当方、新幹線が着く広島駅までバス1時間、電車1時間乗り継いていく片田舎より送信しております(笑。
ただ、いまはこのような形でWEBが利用できたり、水瀬さん達のように有志で全国に情報発信してくださる人がいるので、周回遅れながらなんとか世の流れについていけているみたいで、とても感謝しております。

さて、セミナーのまとめでは、齋藤 精一郎さんまだお元気なんなんだ、っていう感じですが、私見では先進国の停滞と、新興国の躍進が、そのまま企業群の収益とは重ならない部分があると思うのです。
先進国が本貫地の企業が新興国で権益を確保し収益を得る、そしてその維持と回収を、先進国の軍事力が担保する、という流れは、イラク戦争からアラブの春を経ても続いているように見えます。
それを阻んで成長する実力があるのは、古くは日本、今はチャイナとインドくらいですか。
と、ここまでごたくを並べましたが、このヨミがあっているとしても、結局一庶人で多少の投資力を有する程度の人間ができることで有利な方法って、リスクとコストから考えると、株にしても債権にしても先進国と新興国を併せて時価総額応分くらいのインデックスファンドを持っておくくらいなんだろうなぁ、たぶん他の手段だと割に合わないので。
長文の割りになんかありきたりの結論になっちゃいました。
でも、そのくらい外国への投資って敷居が高いもののはずで、インデックス投資が強くて、優位なんだと思いますよ。

他には、知っているのだけ(普通に大手ネット証券で検索するだけでも)以下のファンドがありますね。

ダイワJ-REITオープン(毎月分配型)*
MHAM JーREITインデックスファンド*
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン*
ステート・ストリートUSボンド・オープン(為替ヘッジあり)
PRU・アメリカ中期社債ファンド(為替ヘッジなし/毎月決算型)
PRU・アメリカ中期社債ファンド(為替ヘッジあり/6ヵ月決算型)

*ファンドオブファンズ

特に、J-REITの二つは、運用開始日が早かったので多くの低コストインデックスファンドがあるのに強気な信託報酬のままですね。

当日は無理やり仕事を切り上げてセミナーに行きましたが、やはりサラリーマンには開始時間は早すぎますよね。

当日は和泉さんの日本株式だけアクティブという考え方に賛同できませんでしたが、概ねアセットアロケーションについては面白い考えが聴けて有意義でした。

モーニングスターのまとめページもわかりやすいですね。

注目の意見があったので・・・

折角読ませていただいたので感想を・・・
第2部の和泉氏の意見で
「個人的には日本株のインデックスファンドを買う気にはなれない。今後日本の全ての分野が成長するとは考えにくいことや、創造的破壊が今後起こるとされる中で従来の良い会社とされる銘柄で構成される日経225やTOPIXなどに連動するファンドへの投資には疑問を感じる。それよりも成長力が高いとされる分野を選別して投資すると考えた場合、アクティブファンドへの投資でも良いのではないか」
の部分が印象的ですが、ここでは僕の意見として、今のアクティブファンドは100銘柄以上に投資するコストの高い疑似インデックスを作ってしまっている問題があります。
だから、100銘柄以上に分散投資するアクティブファンドは論外だとして投資対象から全て外し、多くても50銘柄までのアクティブファンドを選ぶ事にしたいです。
最近の例では「鎌倉投信 結い2101」も候補になるかも知れませんが、自分でアクティブ運用をする方法があります。
例え、1、2銘柄でも良いです、日本株だって良い企業はあると考えています、それはみんなが見ていない所にあると考えており、注目している会社はあります。

ちょっとインデックスから外れてしまいましたが、「インデックスファンドセミナー」と言う名のもとで、アクティブファンドを意見を出すのならば、是非、詳しい意見を聞きたかったです。

≫ただ、いまはこのような形でWEBが利用できたり、水瀬さん達のように有志で全国に情報発信してくださる人がいるので、周回遅れながらなんとか世の流れについていけているみたいで、とても感謝しております

私も他のブロガーさんの情報で勉強させてもらっており、感謝しています。


≫先進国が本貫地の企業が新興国で権益を確保し収益を得る、そしてその維持と回収を、先進国の軍事力が担保する、という流れは、イラク戦争からアラブの春を経ても続いているように見えます。

そのようにも見えますね。
すくなくとも、新興国株式だけでよいということにはならなそうです。


≫他には、知っているのだけ(普通に大手ネット証券で検索するだけでも)以下のファンドがありますね

投信まとなびで検索したら、毎月分配型のインデックスファンドは42本ありました(^^;


≫当日は無理やり仕事を切り上げてセミナーに行きましたが、やはりサラリーマンには開始時間は早すぎますよね。

私もそうするつもりでしたが、うまくいきませんでした。無念。


≫「個人的には日本株のインデックスファンドを買う気にはなれない。今後日本の全ての分野が成長するとは考えにくいことや、創造的破壊が今後起こるとされる中で従来の良い会社とされる銘柄で構成される日経225やTOPIXなどに連動するファンドへの投資には疑問を感じる。それよりも成長力が高いとされる分野を選別して投資すると考えた場合、アクティブファンドへの投資でも良いのではないか」

ちょうどタイムリーな山崎元氏のコラムがあったので、参考までにご紹介します。

低成長時代に、インデックス運用はダメなのか?
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/yamazaki/yamazaki_20120120.html

いつも水瀬さんのブログ拝見させて頂き、勉強中です。
僕もセミナー等の時間には前から一言物申したいと思っておりました。
都内の勤務ではないので、しかも定休が火水曜日なので土日は昼のセミナーが、平日は18:30や19:00スタートが多いのでまずあきらめていました。水曜のコツコツだけは参加できますが。。。

タメになりました

会社がシフト制なのであらかじめ休みをとって行きました。
インデックスナイトから1週間たたないうちにまたカンさんのお話聞いたので自分はカンさんの追っかけか?みたいな気分になりました。
結構左右され易いタイプなのでカンさん否定の新興国債券ファンドを積み立て中なものでどうしようか思案中です。
多分ビデオには写ってないと思いますが第一部の齋藤氏の講演が終わった時点で「レアルじじばば軍団?(勝手に命名)」は帰っていきました
ね。(会場の約1割)

モーニングスターさんに感謝

やっぱりアップしてくれましたね。
期待しておりました。
地方在住につき、この手のセミナーにはなかなか参加ができないため、動画のアップはうれしい限りです。
モーニングスターさん、ありがとう!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)