「出口戦略」という魔法の言葉の罠

インデックス投資についてよく勉強されているかたは、「株価動向は予測不能」(ランダム・ウォーク理論)ということに概ね賛同しているかたが多いと思います。

さらに、ランダムに動きながらも長期的には上昇する方向性を持つ(期待リターンがプラス)と考えていると思います。(この「ランダムなのに方向性を持つ」ということに納得できないかたはこちらの記事をご覧ください)
だからこそ、いろいろなアセットクラスに分散したインデックスファンド・ETFを、あまり投資タイミングを考えずに長期保有するのだと思います。

さて、投資を始めた頃は「株価動向は予測不能」だと納得していたインデックス投資家も、長い間インデックス投資家を続けて純資産額が大きくなってくると、こんな不安に襲われることがあります。

「このまま投資していて、もし自分がリタイアする直前に株価が暴落したらどうしよう…」

そこで登場してくるのが、「出口戦略」という言葉です。

「そうだ、出口戦略を考えなくては!」

「出口戦略」とは、もともとは軍事用語で「敗勢からの撤退作戦」という意味でしたが、転じて、ビジネスにおいて「投下した資本を最大限に回収すること」(第三者への転売や株式公開など)という意味で使われるようにもなっています(Wikipediaより)。
資産運用においては、「最終的に利益を確保する」という意味で使っているかたが多いように思います。

将来の不安に襲われてしまったくだんのインデックス投資家も、自分がリタイアする時にはしっかりと利益を確保できるような「出口戦略」を求めて、彷徨いだします。
そして、本やネットを丹念に調べ上げ、こう嘆くのです。

「なんだよ、出口戦略について書かれた情報がないじゃないか!」

しかし、よく考えてみれば、これは当然のことです。
彼が求めている「出口戦略」は、言ってみれば「ある時期に必ず儲かっている方法」であり、要するに「必ず儲かる方法」なのですから。
インデックス投資を始めた頃は、「株価動向は予測不能」と納得していたはずなのに、いつの間にか、あるはずのない「必ず儲かる方法」を探していたのです。

それもこれも、「出口戦略」という魔法の言葉が持つ魅力のせいではないでしょうか。
「出口戦略」という言葉はとても便利で、「ぜったい儲からなきゃヤダ~!!」という投資家の本音を、きれいなオブラートで包んでくれます。
「いかなる投資も常に出口戦略を考えて行われるべきだ」なんて言えば、なんだか知的な雰囲気まで醸しだしてくれるので、投資家だけでなくFPや評論家含め、多用するかたが多いのもうなずけます。

しかしながら、冷静な頭で考えれば、特にインデックス投資家なら、必ず儲かる方法などないと知っているはずです。
市場は、○○年後に利益が出ていてほしいという個人の都合などとは無関係に動き回ります。
では、何かできることはないのでしょうか?

腹に落としておきたいのは、私たち投資家がコントロールできるのは、コストと、せいぜいざっくりとしたリスクまでだということです。将来のリターンはコントロールできません。
具体的にできることといえば、極力低コストな商品に投資しながら、(主に加齢による)自分のリスク許容度の低下にあわせて、アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていくことくらいでしょう。
(これを「出口戦略」と呼ぶことを彼が納得するかどうかはわかりませんが…)

その時のリターンの状況は、多分に「運」の要素が大きく、結果は神のみぞ知るといったところです。
場合によっては、「出口戦略」のもともとの意味である「敗勢からの撤退作戦」を余儀なくされることもありえるのが現実です(もちろん、期待リターンどおり、あるいはそれ以上の利益を得ることもありえるから投資をするのですが)。

「出口戦略」という魔法の言葉の罠にとらわれ、ないものねだりに奔走したりすることのないよう、現実をしっかりと理解しておきたいものです。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

やっぱり不安を感じるときは、リスクを取り過ぎということで安心というか、日頃の生活で気にならない程度まで引き下げることだと思います。

となると債券や預金に資金を移すという事になるのでしょうか。早期リタイアを考えないと、まだ20年以上先の話なので、そのうち良い理論が出てこないかと他力本願です(笑)。

定期積立の反対の定期(定率)売却とかは出来ていそうですね。

はじめまして。
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。
ほったらかし投資術を読んでからindex投資を始めましたYuです。

その上で一つ質問なのですが、
おなじKOKUSAI Indexに連動させているETFに
海外の「MSCI Kokusai Index」と
国内の「上場インデックスファンド海外先進国株式」

がありますが、仮に日本が財政破綻した場合に
どちらが有利というのはあるのでしょうか?

お手数をおかけしますが、お時間がありますときに
ご教示いただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

現実をしっかり見極めていれば対処方法は色々

出口戦略なんて、やり方は十人十色なので、自分で納得のいく答えを出せば良いと思います。
確かにFPの言っている事も分かりますし、今回のリーマンショックの時に401kで60歳を迎えた人はある意味悲劇だった筈。

ただ、ちょっと悪い言い方をすれば、自分が60歳以降も働くことだって立派な出口戦略と考えます(ちょっと強引ですが)。
例えば、60歳時点で401kが株価暴落で資産が減る事態になっても、リーマンショック時の米国株の配当利回りで見れば凄く魅力的な銘柄がゴロゴロしていました、だから60歳以降も働いて高い配当利回りをゲットしに行けば良い事かも知れません。

最近は、失業などでリタイヤメントに必要な資金を順調に貯められなくなった人も多い筈で、株価変動だけではなくて、仕事などの状況も考えて出口戦略を上手くやって欲しいと思います。
実質実効為替レートで見ても米ドル、英国ポンド、スウェーデン・クローナーなど、安い為替で株式がゲットできる市場もあるので、そこは臨機応変にやって欲しいです。

>>結果は神のみぞ知る

素直に考えると、
それであれば投資なんてしない方が良いのでは?
という結論になると思いますけれど。

私はプラスのリターンに持っていく自信があるので、
ずっと投資を続けています。
神頼みであるのなら、やりません。

出口戦略の意味って?

出口戦略とは「投資した株式・債権などを売却して資金を引き上げること」を指すのではないですか?
大辞泉ではそう説明されています。
Wikipediaの説明には疑問が残ります。

アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていくことは立派な出口戦略だと思います。
投資信託やETFをたくさん持っていても、それでご飯は食べられません。
現金化をどう行っていくのかは重要です。

買うときはインデックス定期積立投資という入口戦略があるのに、売るときの戦略を持っていない、というのは大問題ではないでしょうか。

07年くらいまでに開始されたインデックス投資家の多くは複利で7%とかを
期待して開始された人が多いかと思っていました
(ここ1,2年で開始した人は違う現実を見てるでしょうけど)。。

投資で出口がない場合は相続を意識してる場合ですかね?自分の
場合は今の投資資金は最後まで取り崩さないである種実証も兼ねて
という気持ちもあります(額はそうはいってもそれなりに入れている
ので願望です・笑)

自分年金のつもりで運用をされてる人の場合は取り崩す時期が必ず
くるわけですからそのときの市場環境に相応に左右されると思い
ますが、そんときはそんときと割り切れるような資産運用が一番いい
ですかね

いずれにせよ通常の場合は「悪いほうに」3パターンくらいの出口戦略
は考えておくのはありと思っています。私は自信がないので出口を考えない方法が戦略ですwww

始めまして

出口=定年=60歳だと思うと私の場合あと5年とちょっとなのですが、まとめて現金化することはなくて徐々に減らしていくのだとおもうので、株価の変動は時間的に平均化されるだろうと思っています。
定年の時は退職金が出て投資金額を増やすタイミングなので暴落しているとどちらかというと嬉しいのではないかと思います。
リタイア後の最大の心配は自分(と配偶者が)が何年、生きるかわからないので資金取り崩しの予定が立てられないことだと思っています。
何年生きるかわかっていたら、一定のペースで取り崩していけるのですが。
一時払いの終身年金のようなものがいいのかもしれませんが、そうすると乗り換えるときの株価の問題もあるし、インフレが怖いですね。

≫やっぱり不安を感じるときは、リスクを取り過ぎということで安心というか、日頃の生活で気にならない程度まで引き下げることだと思います。

仰るとおりだと思います。
その時々の年齢やリスク許容度の低下に応じて、市場変動の影響を軽減すべくアセットアロケーションを変えていくことが大事だと思います。


≫おなじKOKUSAI Indexに連動させているETFに 海外の「MSCI Kokusai Index」と国内の「上場インデックスファンド海外先進国株式」がありますが、仮に日本が財政破綻した場合にどちらが有利というのはあるのでしょうか?

日本が財政破綻した場合というのがどういう状況を指しているのかよく分かりませんが、「円が暴落すること」を念頭に置かれていると仮定してお答えします。

将来の円転を前提とした場合、為替リスクは、投資先の国々の通貨に対して負うものであり、金融商品がどこの通貨建てかは関係ありません。TOK(ドル建て)も1680(円建て)も同じ投資対象なので、為替リスクは、同じということになります。
関連記事をご紹介します。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-435.html

もっとも、国が財政破綻となれば、深刻な問題が私達の身の回りに噴出してくると思われるので、TOKと1680の違いどころではないような気もしますが…(^^;

なお、記事に直接関係のないコメントはご遠慮いただいております(後から検索等で訪問される方々のため)。次回からご協力お願いしますね。


≫出口戦略なんて、やり方は十人十色なので、自分で納得のいく答えを出せば良いと思います。
≫確かにFPの言っている事も分かりますし、今回のリーマンショックの時に401kで60歳を迎えた人はある意味悲劇だった筈。

ごもっとも。
問題は、「出口戦略」が「その頃に必ず儲かっていること」とセットになってしまっている人たちが、あるはずのない答えを求めてさまよっていることだと思っています。
利益が得られるよう事前にできる限りのことはするが、出口の時期に儲かっていない可能性もあると腹をくくるべし。


≫>>結果は神のみぞ知る

≫素直に考えると、
≫それであれば投資なんてしない方が良いのでは?
≫という結論になると思いますけれど。

あの…話の本筋と関係のない末節に食いつかれましても、困るのですが…(^^;
インデックス投資のリターンに対する考え方は、ひとことで言えば3行目に書いてあるようなことです。
詳しくは、以下のカテゴリーをご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-category-21.html

はじめから勝算がないと思って投資を始める人はいないと思いますし、利益を得られるよう事前にできる限りの努力はしますが、自分がリタイアするタイミングに合わせて必ず儲かるようにするということは、難しいということです。


≫アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていくことは立派な出口戦略だと思います。
≫投資信託やETFをたくさん持っていても、それでご飯は食べられません。
≫現金化をどう行っていくのかは重要です。

何か勘違いなさっているのかもしれませんが、私の意見はAKIさんとまったく同じです。
私が考える出口戦略は、ブログ本文に書いたとおり「極力低コストな商品に投資しながら、(主に加齢による)自分のリスク許容度の低下にあわせて、アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていくこと」で、AKIさんのコメントにあることと同じです。

私の書き方が悪かったのかもしれませんが、「出口戦略を持つな」と言いたかったわけではありません。
普段、インデックス投資家たちと交流している中で、「出口戦略」が「その頃に必ず儲かっていること」とセットになってしまっている人たちが、普段ロジカルなはずのインデックス投資家の中にけっこういて、それに違和感を感じていました。
あるはずのない答えを求めてさまようのはやめて、「事前にできる限りの努力はするものの、出口の時期に儲かっていない可能性もあると腹をくくるべし」という問題提起をしたつもりです。
本意が伝わらなかったとすれば、私の力量不足です。


≫自分年金のつもりで運用をされてる人の場合は取り崩す時期が必ずくるわけですからそのときの市場環境に相応に左右されると思いますが、そんときはそんときと割り切れるような資産運用が一番いいですかね

仰るとおりで、そういう割り切りも必要なのだと思います。
取り崩しの時期が近づいてきたら、できることはやっておく(アセットアロケーションの変更による市場影響の軽減など)。それ以上のことは、その時になってみないとわかりません。


≫リタイア後の最大の心配は自分(と配偶者が)が何年、生きるかわからないので資金取り崩しの予定が立てられないことだと思っています。
何年生きるかわかっていたら、一定のペースで取り崩していけるのですが。

それが分かれば合理的ですが、さすがにそれは難しいと思います(^^;
「長生きリスク」なんて嫌な言葉もありますが、少し余裕をもって備えておくことは必要なのかもしれませんね。

「出口」は遠い将来だけではない

会社生活では新製品が失敗したときの撤退とか合弁契約が破談して解約の後始末に幾度となく痛い目に遭い、「想定外」についても想定しておくことの重要性を芯から学習してきました。

個人の資金運用についても、入口戦略(投入資金額やその時期、ポートフォリオなどの作戦)だけでなく、同時に出口戦略(定年など遠い目標時期だけでなく、途中でいざとなったら逃げ込める避難先や安全装置、その手順などの作戦)も考慮しておくことが大事と考えます。例は悪いが、個人や年金など公的機関が保有する超優良株だった東電の株価急落には身震いしました。日本航空もオリンパスも同様で、ある時はベストでも永遠に続くとは限らない。

リスク資産から逃げ込む先の現金さえも目下はユーロより円指向だし、されどいつまでも円が大丈夫なのかドルとかユーロとかに反転しないのか人民元はどうなのかとか、さらには金=ゴールドを信奉する友人もいて、対応策はどんどん変化します。

水瀬氏曰く、「将来のことは誰もわからない。」のが真理です。いろんな意見・情報を聞いたうえで自分の事情に合致する出口戦略を部分修正していくつもりです。実際にできているとの自信はありませんけど・・・。

「腹のくくり」・・これ大切

水瀬さんの見事な長レスのなかにもありましたが、

「事前にできる限りの努力はするものの、出口の時期に儲かっていない可能性もあると腹をくくるべし」

ということが、もっとも重要なポイントだと僕も思います。これから長くインデックス投資を続けていくには、その「腹のくくり」があるかないかだけで、心理的にはかなり大きな違いがあるような気がします。しかも、その心理的な問題ってヤツは、とても大きな問題だとも思います。


繰り返しになってしまいますが、最終的にプラスにはならない可能性も許容したうえで、いまベストだと思えることをやるだけですよね。現実的には、取り崩し期に向けて今できることなんて、各自のゴール設定とアセットアロケーションのコントロール、他には解約ルールを考えておくことくらいしか思い浮かびませんし(^^;

もちろん、損する可能性の方が低そうだと思っているからこそ、投資なんかしているわけですが、それでもいつでもいつまでも「腹のくくり」をなくしちゃいけないと思います。

>>、「事前にできる限りの努力はするものの、出口の時期に儲かっていない可能性もあると腹をくくるべし」という問題提起をしたつもりです。

他の方へのレスですけど、
ここを読んで腹に落ちました。
そういうお話であれば、
十分に納得が出来ます。(^^)

水瀬さん

水瀬さんのお考えは私のブログのコメント欄にてお答え頂いているので、重々承知しているのですが、だからこそ本エントリには違和感を覚えました。

違和感の一番の要因は水瀬さんが出口戦略を「投下した資本を最大限に回収すること」と定義していることです。


>私の書き方が悪かったのかもしれませんが、「出口戦略を持つな」と言いたかったわけではありません。

ブログの内容だと出口戦略=悪のような印象を持つ人がいると思います。
出口戦略は、「出口戦略を持つな」どころではなく、「出口戦略は持っておかなければならない」ものだと思います。

>普段、インデックス投資家たちと交流している中で、「出口戦略」が「その頃に必ず儲かっていること」とセットになってしまっている人たちが、普段ロジカルなはずのインデックス投資家の中にけっこういて、それに違和感を感じていました。

私もインデックス投資家には出口戦略を軽視している人が結構いるように感じています。
だからこそ、水瀬さんにはしっかりした出口戦略のブログを書いて頂きたいな、と思った次第です。

水瀬さんのコメントを読む限り、出口戦略の定義は私と同じように「投資した株式・債権などを売却して資金を引き上げること」と考えていらっしゃるように感じたのですが、どうなんでしょうか?

行きはよいよい帰りは怖い

出口戦略に絶対の答えを求めたくなる気持ち、正直少し分かります。

結局のところ、資金を引き上げる直前のパフォーマンスが肝心だったりしますから。

当然、コツコツと積み上げてきたものが一瞬で吹き飛んでしまう事も。
これはインパクトが大きいです。

かといって「いいタイミングで売る」みたいな事はもちろんできませんし。

私たちにできることは、皆さんおっしゃる通り、
リスク許容度に合わせて資産を徐々にシフトさせていく
くらいしかないかもしれませんね。

>>「出口戦略」のもともとの意味である「敗勢からの撤退作戦」を余儀なくされることもありえるのが現実です。

私もこれに賛成です。

実際の戦闘では進軍よりも撤退の方が難しいそうです。

いかに冷静に判断を下し被害を最小限に抑え撤退するか。

私の場合、腹をくくったつもりでも、
いざ事態に直面すると、パニックになってしまうかもしれません。
それで被害を拡大させてしまったり。
自分のリスク許容度に近い、或いは超えた状態になってしまった時の対処法も考えておかなければ。

そういう意味では、資産運用・金融関係の本よりも、
孫子やクラウセヴィッツに学んだ方がためになるかもしれませんね。



言葉遊びに見えるかもしれませんが

出口戦略という魔法の言葉。
wiki他の記述からすると、私は投資の分野では損益に関係無く「手仕舞いのやり方」と考えればいいと思います。
「やり方」なんだから、当然上手下手(や運不運)が出るでしょうね、昔から素人は手仕舞いが下手だ、って玄人さんが言うそうですから。
戦争でも始めるのは容易いが終わらせるのは難しい、とか、撤退戦が最も困難だ、と古くからよく言われています。

ここから後は、言葉遊びに見えるかもしれませんが、wikiによると出口戦略(exit strategy)という語は無敵の米国が対北ベ戦に負けそうになって使われだした用語ということで、つまり前大戦中の「転進」のお仲間で、意味が深長なところまでそっくりじゃないですか。
だいたいあいまいな戦争目的のもと、誤った戦略によって負けそうなんだから、たいていの場合『すばやく』『気づかれないように』逃げるのが『上手い』やり方で、この『』内の言葉は戦略の領分ではなく戦術的なものに寄った表現ですから、出口戦略とは戦略Strategyではなく戦術Tacticsに含まれるものではないか、と考えます。
戦略と戦術との明確な峻別は難しいうえに発信者があいまいにしている場合もありますが、どちらが上位概念で先決かといえば、原則的に言えば戦略であって、つまりA氏のインデックス投資で例えると、
目的 早期リタイアのため60歳までにお金を○○円貯めたいので、
教義 最大分散の最低コストが最も有利な投資法であると考え、
戦略 世界株のインデックス投資をバイ&ホールドで行うこととし、
戦術 今からドルコスト平均法で仕掛け、55歳になったら定率解約
   で手仕舞う。
というふうに資金計画(案)を作るわけです。
そこで、戦術段階で定めるべき手仕舞いのやり方(出口戦略)を戦略段階にあげてしまうと、話がややこしくなりはしないか、というより計画がおかしくなりますよね、妥当性の検証ができませんし。
長文となりましたが、タダの言葉遊びではすまない問題を含んでいることがわかったいただけたら嬉しいです。

本記事で言いたかったことがうまく伝わらず、あらぬ方向に話が拡散していますね(それはそれで勉強になりますが^^;)。
新しい記事でシンプルに主旨を再解説しましたので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1932.html

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

僕の意見です

>AKIさん
>私もインデックス投資家には出口戦略を
>軽視している人が結構いるように感じています。
僕は出口戦略を考えているインデックス投資家の一人です。
入口戦略は給与を毎月積み立てるだけではなくて、サテライトも考えているインデックス投資家の一人です。
出口戦略だって、どうするべきかは考えています。
そのやり方は、配当割引モデルなど、株価の決定理論などを応用した戦略で出口戦略を考えています。
出口戦略はインデックス投資家の間ではあまり語られないですが、みんな考えていると思いますよ。

出口戦略は十人十色で全ての人が異なる答えを持っていると僕は思います。
一番多いのは、リタイヤが迫ったらリスク資産の比率を減らして安全資産を増やす意見が多いですが、配当割引モデルを使う方法もあります。
最悪の場合は、働けるときはできるだけ働く方法もあると思います。
年金を繰り下げ受給すると、年金額が大きくなる他、余命が短くなるので、必要な資金が少なくて済む利点があります。

タカちゃんさん

コメントありがとうございます。

>僕は出口戦略を考えているインデックス投資家の一人です。
これはもっともなことだと思います。
買い方だけを考えて売り方を考えていないなんて、片手落ちですからね。

>出口戦略はインデックス投資家の間ではあまり語られないですが、みんな考えていると思いますよ。
出口戦略を考えているなら、買い方と同じくらい語って欲しいところです。
私は重要度に変わりはないと思うんですけど、インデックス投資家の間では売り方より買い方の方が重要度が高いという認識なんでしょうか?

>出口戦略は十人十色で全ての人が異なる答えを持っていると僕は思います。
これは私も同意見です。
人それぞれの考え方があると思いますし、状況に応じて変わっていくものだと思います。

AKIさん。出口戦略の重要性のご指摘はもっともですし、お気持はわかります。
でも、人が何を重点的に語るのか、その比率まで、どうか強制しないでください。興味の対象は人それぞれです。
なにも、出口戦略について全く語っていない or 不要だと言っているのではないのですから。
一例です。読んでみてください。

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1502.html

もし私が、AKIさんのブログに、『バリュー投資家は、個別株の評価ばかりでアセットアロケーションについて語らなすぎだ。これでは片手落ちなので、あなたはブログで個別株評価と同じくらいアセットアロケーションについて語るべきだ』とコメントで迫ったらどうお感じになられますか?
想像してみてください。

水瀬さん

了解しました。

ちなみに、バリュー投資はアクティブ運用なので、アセットアロケーションは気にしません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

出口のイメージ

水瀬ケンイチさん、NightWalkerさんのエントリーを受けて私も出口戦略についてエントリーをあげてみたいと思います。 私はプロフィールには『「早期リタイア」を目指し』と書かせて頂いていますが、正確に...

誰もが共通の出口戦略はない

出口戦略について最近ブログでよく見かけられます昨年末、最初に見かけたのがバリュー投資家の角山さんのブログ特に、出口戦略は重要だ。 インデックスファンドの積立を行っている投資家は、そこまで考えているのだろうか。 投資用ワンルームマンションを持っている...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)