【シンプルに解説】 「出口戦略」という魔法の言葉の罠

前回の記事『「出口戦略」という魔法の言葉の罠』には意外と反響がありました。

その中で、あの記事では誤解を招きかねないというご指摘があったので、解説をしておきたいと思います。
ご理解いただいているかたは、「最初からそう言ってるじゃん」と思われるかもしれませんが、世の中にはいろいろな人がいるので、受け取り方も人それぞれということで我慢してください。

ダラダラ書いてまた誤解されると意味が無いので、今回は私が言いたかったことを、シンプルに箇条書き&補足コメントという形式にします。


「出口戦略」という魔法の言葉の罠

・インデックス投資家は株価予測をしないで低コストな商品を長期保有する
(補足:コントロールできるのはコストとリスクのみ。期待リターンはプラスだが自分ではコントロールできない)

・純資産額が大きくなると株価暴落が不安になり、「自分がリタイアする頃には損益がプラスになっていなければ困る」と考える人が出てくる
(補足:リスク許容度の限界に近づくということでしょうからやむを得ない)

・不安になったインデックス投資家が「出口戦略」という言葉を聞き、「リタイアする頃に利益を確保できる方法がある」と錯覚する
(補足:「出口戦略」という言葉が知的で魅力的だからこその錯覚)

・株価動向を予測しないはずが、○年後には必ず儲かっている方法を探しだす=予測する→矛盾
(補足:これこそが私の問題提起)

・「最終的に利益を確保する出口戦略」を探し続ける→見つからない
(補足:当たり前。「出口戦略」という言葉への過剰期待が原因)

・「出口戦略」でできることは、リスク許容度の低下にあわせて、アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていくことくらい
(補足:リタイア時にリターン状況がどうなっているかは運の要素もありコントロールできないと腹をくくるべし)

おしまい。


私が言いたかったのは、これ以上でも以下でもありません。

しかし、筆力もないのに、インデックス投資家以外のかたも見るから丁寧に説明しておこうとか、少し面白おかしく書いてみようとか、余計なことを考えたのがいけなかったのかもしれません。
なぜか、「株価動向がランダムなら投資する意味なし」という意見が出たり、Wikipediaの言葉の定義に対する疑義が出たり、私が「死ぬまで換金するな」と同義のことを言っていると思われるかたが出てきたり、よく分からない事態になってしまいました。
それもこれも、私の余計な言葉の装飾(もしくは不足)があったからだと反省し、シンプルに解説してみました。

こうしてみれば、当たり前で面白くもなんともない話でしょう?(^^;


なお、本記事の本旨とは違いますが、過去記事から、リタイアに向けた投資法関連の記事を、関連記事として抜粋してまとめておきます。ご興味があればご覧ください。
2008/05/07 ゴールデンウィーク早期リタイア考(その5) 自分の早期リタイア計画
2009/04/25 ニッセイ基礎研究所の債券ポートフォリオ運用戦略
2010/09/06 運用資産の取り崩し方
関連記事


  





コメント

言われるとおりコントロールできるのはコストとリスクのみですね。

本人のリスク許容度が低くなったらアセットアロケーションのリスクを下げていく。(水瀬さんがよく言われる”%”ではなく、”最大損失金額”して耐えられないなら、リスクをさげる)

”出口戦略”という言葉に騙されなければ、インデックス投資家には至極当然のことですね^^

いつも拝見させていただいております。

よくあることですが、
日本円で預金し続けることにリスクがあると判断して(いわば日本円に不信を持っている)海外投資した人が、あとになって「日本円換算で価値が下がっているじゃないか」と怒り出してしまう話とも共通点がありますね。
リスクに対する考え方が始めと終わりで変わっています。

そういった問題を回避するためには、水瀬さんがおっしゃる通り、リスクに対する考え方に合わせて少しずつポートフォリオも変動させていくのがいいのかもしれませんね。

水瀬さん

インデックス投資で積立をしている方の前提の1つに「このポートフォリオで長期(微妙な言い回しですが)で積立すればランダムも結果
○%の複利効果と同じ値上がりを「期待している」から行っている」

というのが前提になっているのではないでしょうか?ね?ここが抜け
落ちているのかと。

もちろん前提=絶対ではないということは承知も期待値として可能性
を持っているので また出口戦略=プラスの期待値でのみ考えて
いるってことでしょうかね。。なんかよくまたわからなくなりましたw

株式だから分かりにくいのですが、ゼロクーポン債(ドル)の場合
ですと金利は確定しているのであとは為替レート次第なので、
その為替状況によって円にするかドルのまま継続するか?という
出口戦略は事前に決めやすいんですけどね

今回の記事はとても分かりやすく、
水瀬さんの言いたかったことが私にも理解できました。

お初です

あくまでもインデックスでポートフォリオ理論に基づいた出口戦略なら、てっきり今まで追加投資で行っていたリバランスを取り崩す事でするものかと思ってました。含み益含み損無視してひたすら機械的に目標資産配分に合わせた割合に近づくよう取り崩せば精神的にもお気楽だと思うのですが。というかそういうもんだと思ってましたが。

ただそれをするならリスク資産が半分になってもびくともしない位の安全資産が必要でしょうなあ。結局、資産そのものの額を増やすという結論になってしまいそうです。うーん。

今回のお話はタイトルに問題があるように思います。

「出口戦略」という魔法の言葉の罠

「最終的に利益を確保する」出口戦略は駄目で、
「リスク許容度の低下にあわせて、アセットアロケーションの債券比率を増やしていく、あるいは、投資金額自体を小さくしていく」出口戦略を採用すべきということですよね。

出口戦略自体は必要なものなのに、魔法の言葉の罠といういかにも出口戦略が悪いことのように感じられるタイトルになっているのが、違和感を感じた原因です。

このAKIとかいう御仁は何様なのだろう?
記事内容を勝手に曲解して文句をつけたと思ったら、ブログ主が優しく解説し直してくれた記事に今度はタイトルが悪いとのたまう。
みんな1本目の記事で理解している。
自分の意見を押し付けるのもたいがいにしてください。

投資家さん

個別株投資家とインデックス投資家の感覚の違いが出てしまいました。
個別株投資では出口戦略で頭を悩まします。
買い方より売り方が遙かに難しくかつ投資成績に直結してくるので、出口戦略はものすごく重要なんです。

場違いのようなので退出します。

AKIさん

私も個別株投資をしている。
問題は投資方法の違いではなく、自分のこだわりを執拗にごり押しすることだと気付いて。

言いたいことを回りくどく書くと、誤解したかたからご指摘が来ます。
→本記事を見てください。これ以上簡潔に書くことはできないくらい、シンプルに書いてあります。

言いたいことを簡潔に書くと「あれが抜けてる」「これが足りない」という意見が出てきます。
→前回の記事を見てください。いろんな要素を盛りこんであります。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

投資の出口戦略について

 超人気プログで理論的にも精緻を極め読んでいて為になる梅屋敷のランダムウオーカーさんの記事で、投資の出口戦略について書かれた記事があったので、零細プログの零細投資家である私が怖れ多くも自分なりに...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)