大半の投資家はインデックスファンド利用を-エール大スウェンセン氏

米エール大学の寄付基金のデービッド・スウェンセン最高投資責任者(CIO)は、大半の投資家はインデックスファンドを利用すべきだと指摘しています。

Bloomberg.co.jp 2012/01/31より引用】
大半の投資家はインデックスファンド利用を-エール大スウェンセン氏

1月31日(ブルームバーグ):米エール大学の寄付基金のデービッド・スウェンセン最高投資責任者(CIO)は、一流の資産運用者と接点がない投資家はインデックスファンドを利用すべきだと指摘した。同CEOは、プライベートエクイティ(PE、未公開株)や不動産といった代替資産を活用する投資スタイルの先駆者。

 スウェンセン氏は31日、ブルームバーグ・リンクが主催した会合で、「投資への賢明なアプローチは2つある。100%アクティブ、100%パッシブのいずれかだ」と述べた。

 また、投資家は「極めて有能な専門家」と接点がない限り、「100%パッシブとなるべきだ」と言明。こうした投資家には「ほぼすべての個人投資家と大半の機関投資家が含まれる」と述べた。
【引用おわり】

興味深い記事ですが、ポイントは2つあると思います。

ポイントの1つ目は、「なぜインデックスファンドを利用すべきなのか?」という点です。
これは、記事の続きに明確に書かれています。
「アクティブ運用の大半の投資信託は投資家のリターンを押し上げることよりも手数料の確保に関心がある」
ごもっとも。

このブログでは今更インデックスファンドの優位性を書くまでもないとは思いますが、上記記事のデービッド・スウェンセン氏は、数年前に「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」という本の中で、米国のアクティブファンドをこれでもかというほど叩きのめして、インデックスファンドを勧めています。

イェール大学CFOに学ぶ投資哲学イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
デイビッド・スウェンセン 瑞穂 のりこ
日経BP社 2006-08-18
売り上げランキング : 197708

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


この本は、米国のミューチャルファンドが抱えている問題の数々(みかじめ料、プライシングゲーム、ソフトダラー等)を、日本の商習慣にはない部分も含めて指摘していて、たいへん勉強になりました。(もしかしたら、私が知らないだけで日本の投資信託にも同様の問題があるのかもしれませんが…)

ポイントの2つ目は、「なぜ100%アクティブ、100%パッシブのいずれかなのか?」ということだと思います。

エール大学の基金の運用は、かなり早くからオルタナティブ投資を積極的に採り入れてきたことでも有名です。
そのCIO(当時CFO)が100%インデックス投資を勧めているのは、それ以外に投資に値するアクティブファンドは、ほとんどないという事実を端的に示していると思います。

記事でスウェンセン氏が言っている「一流の資産運用者」「極めて有能な専門家」というのは、おそらくそこら辺の証券会社で買えるような一般的な運用会社のアクティブファンドのことではなく、属人的に運用が行われている投資ファンドのことではないでしょうか。

そしてそれは、私たち個人投資家だけでなく大半の機関投資家にも接点がないということなので、インデックスファンド100%を勧め、逆説的にそういう資産運用者に接点があるのならば、そのアクティブファンドに資産を100%集中させるのが合理的ということなのでしょう。

なお、幻想を抱かれては困るので補足しておきますが、いち早くオルタナティブ投資を採用し、資産運用の先駆者と見られていたエール大学やハーバード大学の基金も、その分、リーマン・ショックでの損失が大きかったと言われています。(出典:三菱UFJ信託銀行「米国における資産運用の最新動向」
彼らの言う一流の資産運用者によるオルタナティブ投資は、「必ず儲かる夢の商品」ではないことは付け加えておきます。

私は、いわゆる「コア&サテライト戦略」のサテライト部分の商品を探し続けています。
なかなかよいものが見つからないのですが、中途半端なサテライト商品に投資するくらいなら、このままほぼコア戦略のみで行くのも悪くないのかなとも思いました。

関連記事


  





コメント

はじめまして、前から閲覧させていただいております。
コアとサテライトですか。自分はサテライトの運用は外貨MMFなんかが良いように思います。為替リスクはありますが、外貨預金と違って価値が上がったときに利益確定したりできるので。
そのほかにもカン・チュンドさんなんかはサテライト用のETFなども紹介していますね。

そのほかにも、日経マネーなどで株主優待の特集など組まれていました。個別の株は株で面白い要素があるように思えます。

サテライト部分っていらないのでは?

耳慣れない戦略が出てきたのでググって来たんですが、んー何でこの業界の人は何でもかでも戦略ってつけたがるのかなぁ、と思うと同時に、サテライト部分っていらないのでは?って感じました。
パッシブ運用だけでは儲けが少ない受託者がサヤを抜きやすいサテライト部分を売りたがり、コア部分だけでは退屈な上に手柄顔をしたい委託者が他人の金なのをいいことにハイリスク・ハイリターンを求めて、野合した結果の造語ではないですかね、山崎元さん風に推理すると。
コア&サテライト戦略をバイ&ホールド戦略の上位に置くか下位に位置づけるかはともかくとして(本来はとても重要ですが)、この記事の上半分の記述とおりだとすると、そして水瀬さんがこのブログで繰り返して来られたように考えるのであれば、「100%パッシブとなるべきだ」と私も思いますよ。
孫子の兵法風に言うと、「そも戦略を定むるに当たっては、目的を達成するため所与の条件を鑑み計数を以って利の有るや有らざるやを慮るべき」ものですから、論理的に方向や数量等による明示が必要と思うのですが、コア&サテライト戦略に(もこないだの出口戦略にも)それは無く、その代わりに、つまんない、もっとおいしい商品はないの、損してたらいやだ、とか言う気持ちだけが見て取れます。
しかし、インデックスファンド類のバイ&ホールド戦略には理論と方策とがはっきりと示されており、これが投資家の拠って立つ処なのですから、「100%パッシブ」がもし極論に聞こえたとしても、戦略論的には妥当性が有ると思います。

ところで、各所の解説を読むと新興国株なんかもサテライト部分としている人が多いようなんですが、水瀬さん既に相当持ってますよね? 先進国株と併せると結構為替リスクとってますよね?
優待株収集家に言われたくないかもしれませんが、もう十分なんじゃないですかね(笑

「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」はとても良い本だと思います。個人的にはとても興味深い一冊です。さらっと目を通しただけで、しっかり読みたいと思いつつ数年経っていますが・・・

イェール大学の場合は確か、オルタナティブ投資に資金を回しても、そのぶん先物を活用して古典的資産のアセットアロケーションを調節していたと記憶しています。
たとえ優秀な運用者と接点があっても、個人がサテライト部分を選ぶ際に真似するのは少し難しいかな、と個人的には感じてしまいます。

私自身は日本株クラスの一部を個別投資にしています。
あまり合理的ではないとは思いつつも、ちょっとくらいの遊び心とご褒美(優待)無しに投資を継続できるほどマメではありませんので…

インデックス運用でもサテライト戦略は十分できると思う

サテライト戦略についてちょっと意見があります。
僕がやっている方法としては先進国の国別のETFを買う方法をやっています。
考え方は、ROEが高く、株式市場は割安で、実質実効為替レートが安く、経済成長率がそこそこ高い株式市場です。
割安かどうかはPER、配当利回りが目安になります。
これに該当する先進国は結構、多くみられます。
実際には長期金利の影響もありますが、それに比べて経済成長率が十分高ければ、高金利通貨の下落は十分カバーできると思います。
それからセクターが大きく偏る株式市場は注意した方が良いかも知れません。
例えば、台湾のインデックスを見るとセクターがIT業種に偏っています。

インデックス運用でもサテライト戦略は十分できるので、ETFを活用しています。
そう考えるとアクティブ運用は果たして社会的責任を果たせるぐらいのパフォーマンスが提供できたかどうかは気になります。

≫コアとサテライトですか。自分はサテライトの運用は外貨MMFなんかが良いように思います。為替リスクはありますが、外貨預金と違って価値が上がったときに利益確定したりできるので。

なるほど。為替取引がサテライトですか。
面白いですね。


≫サテライト部分っていらないのでは?

「コアが資産運用で、サテライトはお遊び」と思っていただければ、そんなに理論だ戦略だと力まれなくてもいいんじゃないですかね。
まあ、投資に遊びはいらないということであれば、そのとおりだと思います。


≫さらっと目を通しただけで、しっかり読みたいと思いつつ数年経っていますが・・・

熟読する勝ちのある本だと思いますよ。ぜひ。


≫たとえ優秀な運用者と接点があっても、個人がサテライト部分を選ぶ際に真似するのは少し難しいかな、と個人的には感じてしまいます。

たしかに、それはそうかもしれません。
接点だけではね。


≫あまり合理的ではないとは思いつつも、ちょっとくらいの遊び心とご褒美(優待)無しに投資を継続できるほどマメではありませんので…

インデックス投資はなにせ退屈なので、ちょっとした退屈対策はあってもいいと思います。


≫インデックス運用でもサテライト戦略は十分できると思う

インデックス商品を使ってアクティブに投資するかたもいらっしゃいますよね。先物なんかも一種のインデックス運用ですものね。
サテライト部分は遊びと捉えて各々が自由にやったらいいと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)