香港証取上場廃止のリクソーETFが、シンガポール証取への移管で取引継続へ

水瀬ケンイチ

昨年12月、香港証取上場の海外ETF「リクソーETF」が全銘柄上場廃止になるとの記事を書きました。

<関連記事>
2011/12/10 香港取引所上場リクソーETF全銘柄の上場廃止へ。投資家は冷静に

その香港証取上場廃止のリクソーETFを、シンガポール証取へ移管することで取引継続できるようにすると、今日楽天証券が発表しました。

楽天証券 プレスリリース
2012/02/06 香港証取、上場廃止予定ETFのシンガポール証取への 移管・取引継続について

正確には、香港証取で上場廃止になる11銘柄のうち、シンガポール証取に重複上場している9銘柄のみが対象です。
プレスリリースに出ていませんが、私がシンガポール証取上場のリクソーETFを調べたところ、移管できるのは以下の9銘柄が対象だと思われます。



・LYXOR ETF COMMODITIES CRB
・LYXOR ETF INDIA (S&P CNX NIFTY)
・LYXOR ETF MSCI WORLD
・LYXOR ETF MSCI KOREA
・LYXOR ETF MSCI AC ASIA PACIFIC EX JAPAN
・LYXOR ETF MSCI EMERGING MARKETS
・LYXOR ETF NASDAQ-100
・LYXOR ETF RUSSIA (DJ RUSINDEX TITANS 10)
・LYXOR ETF MSCI TAIWAN

「LYXOR ETF MSCI WORLD」「LYXOR ETF MSCI EMERGING MARKETS」あたりは、保有しているかたも結構いらっしゃるように思います。
長期投資のつもりが、運用なかばで半強制的に売却させられるのは気持ちの良いことではありませんので、これは良い対応だと思います。

楽天証券は、シンガポールを含むアセアン主要4カ国(シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシア)の現地取引所に上場する株式の取り扱いを2月下旬に開始すると発表しています。
このシンガポールのルートを使っての、今回の対応だと思われます。

<関連記事>
2012/01/25 楽天証券、シンガポール・タイ・マレーシア・インドネシアの上場銘柄取引可能に。シンガポール上場海外ETF46銘柄も!

今のところこの対応を発表しているのは楽天証券だけで、SBI証券・マネックス証券から発表はありませんが、もしかしたら楽天証券以外できないのかもしれません。
今後の動向が注目されます。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ