いま、「為替ヘッジあり」の外債ファンドが儲かる!?

日経電子版のコラムに、「円高でも為替リスクなしで海外高金利」の謎というのが出ていました。

日経電子版 いつかは経済自由人!
2012/2/7 「円高でも為替リスクなしで海外高金利」の謎

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、高金利の外債を為替ヘッジするとヘッジコストで日本債券との金利差が相殺されてしまい、金利差を狙いに投資する場合には意味がないと一般的に思われてきたが、最近は日米の金利差がほぼゼロなので為替ヘッジしても金利差が残る、とのことです。

掲載されていた図が分かりやすかったので、引用しておきます。

為替ヘッジをすると金利差がなくなる一般的な状況
為替ヘッジをしても金利差が残る最近の状況
(上記日経電子版 いつかは経済自由人! 2012/2/7より引用)

つまり、上記の図のように、最近は「為替ヘッジあり」の外債ファンドで金利差狙いができるということのようです。

たしかに、リーマン・ショック以降のここ2~3年、為替ヘッジのヘッジコストが低い状況が続いています。
実際、外債ファンドのパフォーマンスを見ても、「為替ヘッジあり」コースの方が好成績だったようです。
米国FRBも、2014年まで低金利のまま行くようなことをにおわせています。日銀は相も変わらずのゼロ金利政策のままです。
この状況がもっと続くと考えるかたは、「為替ヘッジあり」コースの外債ファンドを買ってもいいのかもしれませんね。

しかし、この状況がしばらく続くというのはあくまで「予想」であって、普遍的なものではありません。
ここ数年「為替ヘッジあり」のファンドの成績が良いからといって、今後20年、30年もそうだとは限りません。
現に、リーマン・ショックの前の数年は、「為替ヘッジなし」のファンドが絶好調でした。

当時は、FXの「スワップ狙い」(ロングの場合、二国間の通貨の金利差がスワップポイントとして毎日もらえる)が大流行していました。マネー誌を見れば、右も左もFX、スワップ、FX、スワップ。
その後の欧米の金利急低下と円高急進で、「スワップ狙い」の投資家たちがどうなったのかは、皆さまご承知のとおりだと思います。
二国間の金利差などというものは、かように移ろいやすいものです。
日本の個人投資家は、「二国間の通貨の金利差」に賭ける投資法は、数年前の「FXのスワップ狙い」で懲りたはずではなかったのでしょうか。

むしろ、個人的には、長期になればなるほど「外国債券と日本債券の期待リターンはほぼ同じ」という本質的な理屈に沿った値動きになるのではないかと考えております。

自分の場合、基本的にバイ&ホールド戦略でできるだけ「ほったらかし」にしたいタイプなので、株価や金利動向を見てタイミングを図るのは避けたいと考えています。
(退屈しのぎに「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」というのをやっていますが所詮お遊びです)
なので、「為替ヘッジあり」コースを含め、外国債券クラスには積極的な投資はしないと思います。

なお、繰り返しになりますが、これは個人的な考えなので、タイミングを図って投資をするかたが「為替ヘッジあり」の外債ファンドを売買することを否定するものではないことを付け加えさせていただきます。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

再びスワップ狙いFX、高金利通貨が有利だと勘違いしている人が続出

いわゆるキャリートレードと言われる投資手法ですね。
キャリートレードの場合は、長短金利差を狙う為に短期金利で売って、長期金利で買うのが一般的です。
上記のヘッジあり外債投信の場合のキャリートレードは為替リスクを消滅させる代わりに金利変動リスクを取るものなので、そこを理解して相場観を持ってやる場合は問題はないと思います。

スワップ狙いのFXはグローバルキャリートレードと呼んでいました。
グローバルキャリートレードの場合は、ヘッジファンドなど相場観でやっている投資家ならば問題はないと思います。

どっちにしても、相場観が必要なので安易に手を出すべきではないと思います。
為替ヘッジありの外債投信の場合は期待リターンは円金利と同じですが、長短金利差に賭けるキャリートレードは理論上は長期金利の方がプレミアムが付く分だけリターンの可能性があります。
長期金利の方が短期金利よりもリターンが高くなる現象については「リスクプレミアム仮説(流動性プレミアム仮説)」「市場分断仮説」が有名です。

この辺りを知ってやっている分には問題はないと思いますが、ここをよく間違える人が後を絶たず、今ではスワップ狙いのFXが有利だと思い込んでいる人や高金利な外債が有利だと思い込んでいる人が徐々に増えています。

キャリートレード

なぜ今為替ヘッジが有利なのか?

山崎先生のコラムより引用します。
「A国:金利1%、物価上昇率0%、(実質金利=1%)
B国:金利5%、物価上昇率3%、(実質金利=2%)」

の場合、

「一方、購買力平価で為替レートが決まるとするなら、為替リスクはあるものの、もともとA国通貨建ての投資家もB国債券で運用することが有利になり、B国通貨建ての投資家はA国債券を買うと、為替リスクを負った上にB国通貨建ての債券に投資する場合と較べて損をする。」

現在、日本のインフレ率を-1%、短期金利0%とし、米国を同様に2%、0%とします。(日本の実質金利1%、アメリカ-2%)
購買力平価説が正しいとすると1年後どうなるでしょう?3%円高に進むはずです。では、ヘッジコストは?ほぼ0%です。

この場合、年利2%のアメリカ国債を為替ヘッジしたら1年後どうなるでしょう?金利2%円高3%合計5%のリターンが!!(通常、ドルショートの利益は金利差=ヘッジコスト=円高で相殺されますが、現在米国の実質金利がマイナスだからこういう事になるわけです。この場合、スワップ目当てのキャリートレードでは無く、なんと為替変動目当てのキャリートレードになるわけです。)

要は実質金利の低い通貨を売って実質金利の高い通貨を買うことが為替でプラスリターンを出す秘訣なんですね。もっともそういうことは中々起きませんし、正確な実質金利を計算する事も難しいのですが。

だから現時点では日本債券や為替ヘッジ型ののリターンが高くなっているのですね。

ただし、投資は自己責任で。

勉強するぞ

わからないところもありますが、おもしろいです。日米の金利差とインフレ率よくわかりました。
わたしは今後コモディは上がると思います。低金利のお金は結局はコモディにいくしかないのです。 でも引き際も大切です。わたしはSMAで1500万損をしました。ですから500万ほどもどれば、もうやめようと思います。後は貯金します。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

【人気沸騰中】為替ヘッジありのファンド

この相場状況で、「為替ヘッジあり」の投資信託やファンドが話題になってます。

為替ヘッジについて一言

よろしければ、ブログランキング応援クリックお願いします。 個人投資家に大きな影響力を持つブログやウェブサイトで、為替ヘッジについて「?」な解説が流布されているようなので、私の理解を書いておきます。  

(2012年2月)eMAXIS 新興国株式インデックス

ファミリーファンド方式で運用。主要投資対象は、新興国の株式等(DR(預託証券)を含む)。株式の実質投資比率は高位を維持し、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)と連動する投資成果をめざし...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)