日本のETF市場が最悪期を脱しつつある!?

ロイターによると、日本のETF市場が最悪期を脱しつつあるそうです。

ロイター 2012/02/10より引用】
焦点:最悪期脱しつつある日本のETF市場、拡大には課題も
日本の上場投資信託(ETF)市場が最悪期を脱しつつある。取引所主導で上場銘柄を増やしてきた効果が出始めており、売買代金や資産残高が徐々に増加してきた。証券各社間で商品設定の競争が高まっており、コモディティや新興国株など投資対象を多彩に組み込んだ海外商品を販売することで投資家のすそ野が広がっている。

ただ、さらに流動性を高め市場をさらに拡大するためには国内機関投資家の本格的な参加が不可欠だ。
【引用おわり】

記事によると、2011年のETF市場は、資産残高の対前年比が、

世界全体 3.0%増
米国 5.5%増
欧州 6.2%減 ※減ですよ
日本 8.6%増

であったとのこと。
日本のETF市場は、対前年伸び率が、欧米や世界平均よりも高かったんですね。
2010年の発射台が低いことを割り引いても、これは良い結果だと思います。

昨年3月の「中国関連株50」上場で、東証がETF銘柄100本上場という「目標」を達成しました。
国内ETF市場も、個人投資家の資産運用のコアになり得るアセットクラスで、ラインナップがほぼ出揃いました。
(国内債券ETFが出ればコンプリート?)

あとは、流動性の向上が課題だと思います。
昨日の記事でも書きましたが、流動性が低いと、思ったような価格で売買しづらくなるし、「NAV(純資産価値)と市場価格の乖離」も安定しません。

ロイターの記事でも指摘されているように、日本のETF市場のさらなる拡大には、ETF先進国の米国同様、機関投資家の参加が必要不可欠だと思われます。
以前、ブラックロックのブロガー向けセミナーでは、日本のETF市場で機関投資家が参加するには、「流動性の供給に課題がある。リベートやペナルティが不十分であり、NAVと市場価格の乖離もある」と指摘されていました。

さすがに、ここら辺は私たち個人投資家がどうこうできる問題ではなさそうなので、金融当局や証券取引所の方々に課題を解決していただき、日本のETF市場の活性化を図ってもらいたいところです。

<関連記事>
2011/11/29 日米の機関投資家によるETF利用状況
2011/12/12 楽天証券・ブラックロック共催ETFブロガーセミナー「グローバル投資、次の一手」参加レポート (その2)

関連記事


  





コメント

少し話がずれますが、欧州の減少はシンセティックレプリケーションETFが主流でシンセティックレプリケーションが敬遠されたという事情があるようです。

日本はまだまだですが、これからの成長に期待ですね。

ETFの諸課題について

ETFの諸課題について、スパイダーのサイトに考察がUPされています。
http://www.spdrs.jp/resource/news_announce/Insights%20into%20Evaluating%20ETF_J.pdf
まだ国内では供給過多ですが、これからなのでしょうね。

本当に日本のETFには期待しているので、
もっと売買が厚くなって欲しいです。
私は最近JREITのETFを売買し始めたんですが、
私ごとき個人投資家レベルでも、
ちょっとまとめて売ったり買ったりしようとすると、
簡単にレンジブレイクしてしまいそうで、
やりにくくて仕方がないのです。(^^)
ノーロードのインデックス投信も良いのですが、
ETFにも人気が出て欲しいです。

≫少し話がずれますが、欧州の減少はシンセティックレプリケーションETFが主流でシンセティックレプリケーションが敬遠されたという事情があるようです

なるほど。今はシンセティックリプルリケーションのETFに対する逆風が吹いますもんね。


≫ETFの諸課題について、スパイダーのサイトに考察がUPされています

それ、1日前の記事で取り上げております…(^^;;
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1946.html


≫本当に日本のETFには期待しているので、もっと売買が厚くなって欲しいです。

同感です。
個人的にはまだ大金を預けるのには少し不安を感じます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)