「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」が信託報酬値下げ!クラス最安値の年率0.5775%へ (追記あり)

ツイッターを見ていたら、ビッグニュースが流れていました。

日興アセットマネジメントが、「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」の信託報酬を年率0.8295%から0.5775%に値下げしたようです。
信託報酬0.5775%というのは、「eMAXIS 新興国株式インデックス」の0.63%を下回り、一般販売されている新興国株式インデックスファンドで、クラス最安値に踊り出たことになります。

2012年2月16日21:45現在、私がググった限りどこにもお知らせとしては出ていませんが、日興アセットマネジメントのWEBサイトのファンド情報だけがひっそりと変更されています。

http://www.nikkoam.com/products/detail/940984/memo

日興アセットマネジメントさん、グッジョブ!(゚∀゚)b

なお、ファンド名に「年金積立」と付いていますが、昔DC専用ファンドだった時の名残りで、現在は主要なネット証券で普通に購入できます。

「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」がクラス最安値になったことで、STAMインデックスシリーズやeMAXISシリーズがどう出るのか注目されます。
私は、インデックスファンドの信託報酬は、ETFやDC専用ファンドと同等レベルにまで下がる余地があると考えています。なぜなら、米国では既にそうなっているから。

インデックスファンド間の健全な競争は、個人投資家として大歓迎です。

P.S
楽天証券やSBI証券では販売手数料なし(ノーロード)ですが、マネックス証券では販売手数料1.05%がかかるのでご注意を。

<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

<追記> 2012/02/16 23:40
読者のかたから、「年金積立 インデックスファンド海外新興国債券」(株式ではなく債券の方ですね)も信託報酬が値下げされているという情報をいただきました。
調べてみると、信託報酬年率0.7245%から0.546%に値下げされていました。
あわせて、グッジョブ!(゚∀゚)b
http://www.nikkoam.com/products/detail/940992/memo

関連記事


  





コメント

いつも拝見しております。

新興国の債券も興味深いですね。
http://www.nikkoam.com/products/etf/lineup/bcem/outline

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新興国債券インデックスも信託報酬下げみたいですね

http://www.nikkoam.com/products/detail/940992/memo

日興AMさんは新興国インデックスで攻勢をかけてきましたね(^^)

これはナイスですね。
最近は大きな動きが無かったインデックスファンドですが、また低コスト化が一段と進むのか・・・期待です。

信託報酬の低下は好ましいですね.

いつも有用な情報をありがとうございます.

TOPIX,MSCI-KOKUSAI,MSCI-EMERGINGの投資信託の中では,新興国株式のクラスが他2種類より信託報酬が高めだったので,今回の日興アセットマネジメントさんの決断は非常に好ましいですね.
総資産残高がeMAXISの1/6程度なのが少し気になっていますが,これらの投資信託はマザーファンを通じての投資なのであまり関係ないのでしょうか?であれば乗換を検討してもよいなー,と思ったりもしています.

さすがに記事にされるのが
早いですね。年金積立シリーズは新興国株式より先進国株式の方がずっと信託報酬が高い(0.8%台)と妙なことになっています。
実質コストが安いようなら有力な選択肢の一つになりそうです。

情報ありがとうございます。日興はCMAMと先進国で競うか、eMAXISと新興国で競うか検討した結果なのでしょうかね。私は早速、既存積み立て商品からの乗り換えのタイミングを図ることにします。これでFund of The Year 2012はもう内々定か!?

最近はコスト比較から外れることの多い年金積立シリーズですが、
低コストインデックスファンドの先駆けなので頑張って欲しいですね。

ただ、せっかく同じ三井住友トラストHD傘下に日興AMとSTAM+CMAMがいるので、
インデックスファンドのマザーファンドを統合したり、統合まで行かなくても運用を一ヶ所にまとめる等、
もうちょっと何とかならないのかな、と思いますけどね。

ETFで真面目にラインナップを揃えている日興AMには好感を持っているので、期待しています。

401kプランの中に…

いつもブログ拝見して勉強させて頂いてます。

私の勤務先も401kプランへ移行なんですが、管理会社がニッセイさんで、運用商品の中に日興AMの年金積立シリーズがあり、0.8%台の信託報酬に割高感を感じてました。

運用の候補にググッと来ました。

乗り換えるというのも難しい。
留保額はとられるし、乗り換えのときに損する
かもしれないし、乗り換えた途端、他が値下げするかも。

吉報!されど。。。

吉報ですね。
いつもありがとうございます。
このニュースがあると解っていて、このファンドだと知ってても、トップページから検索してこれに辿りつけないネット証券のサイトって。。(涙

情報ありがとうございます

感謝

・・・でも 分配金 出ますけど・・・

≫新興国の債券も興味深いですね

リンク先はインデックスファンドではなく、ETFのものですね。


≫新興国債券インデックスも信託報酬下げみたいですね

makowaniさん、情報提供ありがとうございました!
ブログ記事に追記させていただきました。


≫最近は大きな動きが無かったインデックスファンドですが、また低コスト化が一段と進むのか・・・期待です

ライバルファンドの動向が気になりますね。


≫総資産残高がeMAXISの1/6程度なのが少し気になっていますが,これらの投資信託はマザーファンを通じての投資なのであまり関係ないのでしょうか?

ファミリーファンド方式なので、運用面(指数との連動)ではそれほど不利を被ることはなさそうですが、繰上償還については、なんとも言えません。


≫実質コストが安いようなら有力な選択肢の一つになりそうです

実質コストについての記事を書きましたので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1953.html


≫情報ありがとうございます。日興はCMAMと先進国で競うか、eMAXISと新興国で競うか検討した結果なのでしょうかね

個人的には、日興アセットはコスト最安値のCMAMインデックスファンドeシリーズにない新興国(株式・債券)クラスを獲りに来た印象です。


≫ただ、せっかく同じ三井住友トラストHD傘下に日興AMとSTAM+CMAMがいるので、インデックスファンドのマザーファンドを統合したり、統合まで行かなくても運用を一ヶ所にまとめる等、もうちょっと何とかならないのかな、と思いますけどね

まったく同感です。


≫私の勤務先も401kプランへ移行なんですが、管理会社がニッセイさんで、運用商品の中に日興AMの年金積立シリーズがあり、0.8%台の信託報酬に割高感を感じてました

よかったですね!
ラッキーなタイミングですね。


≫乗り換えるというのも難しい。
留保額はとられるし、乗り換えのときに損するかもしれないし、乗り換えた途端、他が値下げするかも

あり得ると思います。
また、この程度の信託報酬の違いで、インデックスファンドからインデックスファンドへの乗り換えは、メリットが乗り換えにかかるコストに見合うかどうかよく検討されたほうがよろしいかと思います。

私なら、もし乗り換えるにしても、今までのものを売却することなく今後の積み立て分のみ乗り換えます。
まぁ海外ETFにリレー投資する予定というのもありますが(^^ゞ


≫このニュースがあると解っていて、このファンドだと知ってても、トップページから検索してこれに辿りつけないネット証券のサイトって。。(涙

苦笑。


≫情報ありがとうございます

いえいえ、公開情報ですから。


≫・・・でも 分配金 出ますけど・・・

過去1回だけ10円出てますね。
たしかに何故その時だけ分配金を出したのかは気になります。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

年金積立インデックスファンド海外新興国株式が信託報酬を大幅に引下げ

calc / iTux 年金積立インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式の信託報酬が年0.8925%から0.5775%に引き下げられました。 その結果、eMAXIS新興国株式インデックス の信託報酬(年0.63%)を下回り、最も信託報酬の低い新興国株式インデックスファンドにな?...

新興国株式投信の信託報酬最安ファンドが交代

●参考:「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」が信託報酬値下げ!クラス最安値の年率0.5775%へ (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー) twitterなどでも情報が流れていまし ...

年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 の信託報酬引き下げ!

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------水瀬ケン...

新興国株式インデックスファンド比較まとめ

新興国株式インデックスファンドの草分け的存在の「年金積立インデックスファンド海外...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)