日銀保有ETFのちゃっかり含み益から学べること

水瀬ケンイチ

日銀が金融緩和策の一環で行なっていたETF購入ですが、含み損が解消されたようです。

【日経新聞 2012年2月18日朝刊3面より引用】
日銀保有ETF、含み損消える
株式相場の上昇で、日銀が買い入れて保有してきた株価指数連動型上場投資信託(ETF)の損益状況が改善している。日銀によるETFの平均買いコストは、日経平均株価の水準でみて推定9200円前後。追加金融緩和をきっかけに日経平均が9400円近くまで回復し、結果的に含み損は解消したようだ。
【引用おわり】

日銀のETF購入といえば、市場では「1%ルール」とまことしやかに言われています。
何かと言えば、日経平均が1%以上下落すると日銀のETF買いが入るという経験則のようなもののようです。
本当にそんなルールがあるのかどうか知りませんが、実際に、過去の日銀のETF購入のニュースを見ていると、日経平均がある程度下落したタイミングで、すかさず買いを入れているように見えます。



もちろん、日銀の目的は金儲けではありません。
金融緩和の一環としての市場への資金供給です。
日銀は、市場の強い要望に押される形で、2010年に「資産買入等の基金」を創設、以来、断続的にETFやREIT等を買い入れてきました。
記事によると、1兆4000億円の枠に対して、これまでに8475億円を購入してきたそうです。

そうやって下げ相場で何度も買いを入れていると、含み損はどんどん拡大していきます。
2011年上半期決算では442億円の含み損が発生していたと記事は伝えています。

しかし、平均購入単価がだんだん下がり、損益分岐点も下がっていきました。
日銀のETFの平均購入単価は日経平均で9,200円程度(推定)なので、日経平均が9,400円あたりに上がってきた今、ちゃっかり含み益に転じています。
もし今後も株価が上がると、あとはそれだけ儲けが積み上がるという状況です。

日銀は金融緩和しようとしていたら、期せずして自分が儲かってしまいました。
市場参加者から、「誰も投資したがらないからお前買い支えろよ」と迫られて渋々買っていた日銀が、その時買わなかった市場参加者より先に儲かってしまったというわけです。
これはなかなか面白い逸話です。

この逸話から、なにか学べることはあるでしょうか。
「たまたま株価が上がった結果オーライだ」と考えるか、「タイミングを図って投資すれば儲かる」と考えるか、あるいは「継続的に投資することが大事だ」と考えるか、捉え方は人それぞれだと思います。

個人的には、「プロでも買い時は分からないんだなぁ」ということと「下げ相場の時に、市場全体に買いを入れておくと意外とプラ転も早いんだなぁ」ということを感じました。
もちろん、結果論なので今後もこのとおりになるとは限りませんが(また株価が下落して含み損に戻るかもしれませんし)、ひとつの実例として、覚えておきたいと思います。

なお、私が行なっているドルコスト平均法は、損でも得でもない平凡な投資法ですが、下げ相場で株価が低い時には多めの口数を、上げ相場で株価が高い時には少なめの口数を自動的に調整して買う仕組みになっており、この逸話と整合的です。

<関連記事>
2012/02/13 積み立て投資家の貢献もちょっとは認めてよね
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ