ポートフォリオのプラ転前後で考えておくべき重要なこと

水瀬ケンイチ

最近の株価上昇で、ポートフォリオの損益がプラ転したというインデックス投資家さんの話を、ブログやツイッターで散見するようになりました。
おめでとうございます!

でも、中にはそわそわと落ち着かない気分になっているかたもおられるようです。
それどころか、この株価上昇局面の序盤で早々に、いわゆる「やれやれ売り」(株式を高値でつかんでいた人が相場の上昇によって売却すること)をしてしまい、後悔しているかたもおられるようです。

どういうタイミングでファンドを売買しても個人の自由です。
しかし、もし「バイ&ホールド」という戦略を採用したのであれば、上昇局面で利益確定したくなる気持ちを抑えることも、安値で売却してしまわないこと以上に大切なことだと思います。

さて、バイ&ホールド戦略のインデックス投資家にとって、こんな時は、ひたすら我慢してじっとしているしかないのでしょうか?
実は、ひとつだけあることをするベストタイミングでもあります。
それは……



リレー投資です

リレー投資とは、信託報酬がやや高いインデックスファンドから、信託報酬がより低いETF等に買い換えることです。

ETFは、分配金再投資コースが選べないので自分でやる必要があるなど、インデックスファンドよりも手間がかかるので、みんなにおすすめできる方法だとは思いません。ただ、現在はインデックスファンドよりもETFの方が信託報酬水準が低く、今後何十年も運用することを考えると、信託報酬の差分はバカにできない重要性があることも事実です(関連記事)。
ちなみに、私はeMAXISやCMAMのインデックスファンドから、海外ETFのIVV(VTI)・EFA・VWOの3本にリレー投資しています。
(最近はVT1本でもいいかなと思い始めていますが…)

このリレー投資、「どのタイミングでリレーすればいいですか?」というご質問をたくさんお受けします。
一般的には、「海外ETFの売買手数料や為替手数料がやや高いので、乗り換え時に手数料負けしないくらいのまとまった額(例えば、海外ETF1銘柄につき100万円など)になったら乗り換えを検討してもいいのでは」とお答えしてきました。

それはそれで間違ってはいないと思っているのですが、実は、「課税」の観点では、ベストタイミングというものが存在します。
それが、乗り換え対象のインデックスファンド群の損益が「プラスマイナス0」の時です。

リレー投資時に損益がプラスだと、その時点で利益に課税されて、投資元本が減ってしまいます。基本的に、税金はできるだけ将来に繰り延べる方が有利ですから、これはあまりうれしくありません。
一方、リレー投資時に損益がマイナスだと、より低い価格で買いなおしたことになり、将来の売却時の課税対象額が増えてしまうことになります。これはこれであまりうれしくありません。
(細かい話をすると、確定申告をすれば損失は3年間だけ繰り越せますが)

その両方のデメリットがないリレー投資のベストタイミングが、乗り換え対象のインデックスファンド群の損益がプラスマイナス0、ないし、その前後というわけです。

これは、相場動向は予測不能と考えるインデックス投資家にとって、狙ってできることではありません。
もし、たまたま、自分の乗り換え対象インデックスファンド群の損益がプラ転直後、あるいは直前という時であれは、リレー投資の絶好のタイミングであることも、ちょっと頭に入れておくと良いかもしれません。

もちろん、前段で申し上げたように、そもそも少額での海外ETFへのリレー投資は手数料負けしてしまうので、その辺の兼ね合いを考慮して、リレーするかしないかは各人で判断する必要はありますのでご注意を。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ