日経新聞でETFが大きく取り上げられる。認知度向上にまた一歩

2012年2月22日の日経新聞朝刊に、ETFの紹介記事が大きく掲載されていました。

日本経済新聞2012年2月23日朝刊19面

ETF(正確には国内ETF)の概要についてとてもよくまとまっていたので、本当はすぐにでもブログで紹介したかったのですが、記事が全体にわたってETF概要だったので、ほとんど全文掲載になってしまいそうでした。
さすがにそれではいかんだろうと、どうまとめようか悩んでいるうちに週末になってしまいました(汗)

すると本日、日経電子版にこの記事が掲載されているのを発見しました。
それを見ていただくのが、いちばんよいと思いますので、どうぞ。

日経電子版 > マネー > 資産力UP > 投資の知恵袋 Money&Investment
2012/2/25 ETF、広く手堅く分散 商品充実、株感覚で売買
(大人の事情で記事に直接リンクできません。お手数ですが上記リンクから辿ってください)

記事の内容は、上記記事をご覧いただければと思います。
そもそもETFとは何か、市場規模、ETFと投資信託の違い、コスト、ラインナップ、最近の動向、取引時の注意点など、全般的なETF概要になっています。
商品概要としては、過不足なく、とてもよくまとまっていると思いました。

国内ETFには、「市場価格と基準価額の乖離」等、まだ課題があると思っていますが、まずは投資家の認知度向上からです。今は一歩一歩前進していくフェーズでしょう。
まだまだマイナーな国内ETFについて、基本的な内容が全国紙に大きく取り上げられるのは、よいことだと思います。

さて、個人的にはETF概要は既知の内容でしたので、(末節ですが)私が興味をひかれた点を追記しておきます。

・実は金融の最前線で活躍するプロほど個人的運用はETFを活用、という例は少なくない
・記事に登場する、最近VIX指数連動ETFに投資したという「埼玉県のある個人投資家」は、実は相互リンクブロガーのとよぴ~さん

たしかに、友人の某社ストラテジストは、個人資産はETFで運用していると言っていました。まあ、個別株投資は会社の内規で制限があるからのようですが、他にも、バリバリのアクティブ運用をしているファンドマネージャーが個人資産はインデックスファンドで運用しているという例もあります。
意外なところにインデックス投資家あり、ですね。

また、「埼玉県のある投資家」については、ご本人がブログ記事で取材された旨を公開されていました(ブログ記事はこちら)。
ご出演おめでとうございます!

ただ、ご本人はご承知のことと思いますが、記事に出てくる「VIX指数連動ETF」というのは間違いで、正確には「VIX先物指数」連動のETFです。VIX指数そのものに連動するETFは存在しませんので。
VIX指数とVIX先物指数(短期・中期とも)は、名前は似ていますが、本質的な値動きと投資での活用法が大きく違う(該当記事)ので混同すると思わぬ損失につながる要注意ポイントです。
「先物」の2文字があるかないかで大違い。記者さんしっかり!

重箱の隅をつついてしまいましたが、全体的にはとてもよくまとまっている良記事だと思いました。
ETFのことを知らない人に説明する時は、「とりあえずこの記事を見て」と紹介すると手っ取り早いかもしれませんね。
関連記事


  





コメント

グラフAは悲惨

たしかに良記事だと思いますが、グラフA(上場本数と資産残高)は悲惨の一言に尽きますね。
これではまるで、市場が急縮して商売にならなくなったので慌てて品数を濫発しているかのようではありませんか。
実情はもう少し複雑なのでしょうけど、事実上濫発状態になってしまっているので、かなりの淘汰は必至だと思うんですが、東証が100本上場のノルマ? を達成したら選別が始まるのでしょうか。

ETFは中々良い

ちょっと横道にそれますが今日の日経の記事でAIJの記事を見て仰天です(僕も厚生年金基金に入っていた時代がある為)。
これは来週、緊急点検ですね。

ETFですが、iShares、バンガードのETFシリーズは使いやすいです。
国別ETF、グローバルセクターETF、小型株ETF、バリュー株ETFなど、ピンポイントのETFが揃っています。
強いて言えば、信用取引ができるようになるとETFを使ったヘッジファンドも作れます(これは給与所得の関係で信用取引口座の開設が全ての個人で作れる保証はないからハードルが高い)。
個人でヘッジファンドが作れれば、インバース型ETFは不用との声もあります。
最近は国別ETFの研究もしており、ETFの投資機会は益々増えています。

記事の紹介ありがとうございます
おかげさまで今日のアクセス数が跳ね上がりました♪

記者さんに最近の話題について取材時に興味を持ったものは

・マネックス証券の中国取引が特定口座対応
・全国に拡がる「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」

特定口座対応について「これからは米国株とETFの特定口座の流れが間違いなく来る」ってことに興味をもった感じ。各社の思惑を聞いてみるようなこと言ってたかも

それと「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」のような現象は世界的にも例がないと思うので調べてみるとのこと
毎月、六本木でやってるって話したらビックリしていたようで今度、地方を含めて取材してみたいとのこと
ただ自分は参戦したことないけれど・・・(汗)

≫実情はもう少し複雑なのでしょうけど、事実上濫発状態になってしまっているので、かなりの淘汰は必至だと思うんですが、東証が100本上場のノルマ? を達成したら選別が始まるのでしょうか

私がウォッチしている限りですが、先日の記事にも書いたとおり東証のETF100本上場は昨年3月に既に達成済み(http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1947.html)、銘柄の淘汰はとっくに始まっていて、2009年位は既に為替ETF3本が上場廃止になっています(http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1261.html)。
今後も、マイナーな銘柄の上場廃止は出てくると思います。

ただ、ETF先進国の米国市場を見ていても、ETFの上場廃止は盛んに行われています。
ETFのような先進的な金融商品では、どんどん新たなチャレンジが行われ、投資家に受け入れられなかったものはなくなっていくという新陳代謝は、あながち悪いことではないと思います。
一方で、コア資産になるような銘柄は、着実に純資産額を積み上げています。
日本のETF市場は、まだまだこれからだと思います。


≫ちょっと横道にそれますが今日の日経の記事でAIJの記事を見て仰天です(僕も厚生年金基金に入っていた時代がある為)。
≫これは来週、緊急点検ですね。

チェックしておくに越したことはありません。
被害がないといいのですが…。


≫記事の紹介ありがとうございます
≫おかげさまで今日のアクセス数が跳ね上がりました♪

それはよかった。とよぴ~さんのことに興味を持った読者さんがそれだけ多かったということでしょう。


≫それと「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」のような現象は世界的にも例がないと思うので調べてみるとのこと
≫毎月、六本木でやってるって話したらビックリしていたようで今度、地方を含めて取材してみたいとのこと

コツコツ六本木はよく取材されているようですが、全国のコツコツの夕べも取り上げられるといいですね。
Twitterで「#k2k2」のハッシュタグを付けて、全国のコツコツ幹事さんに情報を共有しておきました。


≫ただ自分は参戦したことないけれど・・・(汗)

今度いっしょに行きますか?
幹事の方々や皆さんにご案内&ご紹介しますよ。

一般の投資家ができることは

なるほど、もう脱落者は出ていたんですね、しかも野村の金看板を以ってしても。
しかし、
>>スポーツカーや軽トラックばかりではなく、まずはプリウスを。
のメタファーは秀逸ですね。
日経225とTOPIXについてはまず問題は無いと思うんですが、外国株に関しては未だしの感が強いですものね。

ところで、口数や資産総額が増えるのには、値動きが0と仮定すると、普通の投信なら一般の投資家がたくさん購入すればいいだけですよね。
なのに、ETFの場合は花見酒の如く買い手と売り手の間を行ったり来たりしているだけで、値が吊り上っても口数は変わらない。
個別株だったらそれは当たり前のことですが(増資とか分割とかありますけどね)、投資信託としてそれは適当なことなのか?
運用会社や機関投資家がデッキを組んでくれるのを待つのみというのは何とも隔靴掻痒です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)