投信ブロガー、金融庁へ!?

先日、金融庁からお呼び出しがかかりました。

と言っても、別に悪いことをしたからではありません。
「今後の金融所得課税の在り方など」について、個人投資家の意見を聞きたいとのことでした。
普段、証券会社や運用会社に、いろいろと直接意見・要望を出し続けている自分としては、その監督省庁に直接お話ができるなんて、これは願ってもいないチャンスではありませんか。

いざ、当日。
金融庁が入っている霞が関ビルに行ってみると、そこには見知った投信ブロガーイーノ・ジュンイチさんm@さんのお顔が。
ほっとしたところで、金融庁の方々が登場、意見交換が始まりました。

内容については、

(1)日本の個人投資家像
(2)日本版ISA
(3)金融商品に係る損益通算の拡大

について、それぞれ意見を述べるというものでした。

(1)については、日本の個人投資家像として、日本の個別株を短期売買する今までのスタイルだけでなく、国際分散投資した投資信託を少額から積み立てているスタイルの投資家が出てきていること、今や投資はお金持ちだけのものではない、ということを伝えました。

(2)については、素案にあった100万円×3年間という限度額の拡大を求めました。
人によって年間投資額はそれぞれですが、多くの人がそうであるように投資の目的を「老後資金」とおいた場合、年間100万円ではいかにも少ないので、増額をお願いしました。
また、3年間でおしまいではなく、期間の延長もというお話も出ていました。

(3)については、あまり発言機会はありませんでしたが、他のかたが熱く語ってくれました。

それから、議題にはありませんでしたが、関連する話題として、「長期投資優遇税制」があってもいいのではないか、という話もしました。
長期投資=善、短期投資=悪、というわけではありませんし、市場にはその両方の存在が不可欠であります。
しかし、日本の投資信託の平均保有年数が2.8年(運用最大手の野村アセットマネジメントでは1.5年)というのは、あまりにも短期投資偏向ではないか(該当記事)。事前に調べたところ、フランスでは8年超保有の株式の譲渡益は非課税なので、そういうものを採り入れてみてはどうかと伝えてきました。

私だけでなく他のおふたりも、思い思いにお話をされていました。
言ったことがそのまま実現されるとは思いませんが、金融庁の方々に、こういう個人投資家の考えを知ってもらえたらうれしく思います。

それにしても、単なるいち会社員の私が、ブログを書くことによって証券会社、運用会社、証券取引所などいろいろな金融関連機関の方々と意見交換する機会に恵まれてきましたが、ついに金融庁の方々とお話ができるようになるとは、本当にブログというのはすごいものだと思いました。

photo_20120301.jpg
帰りに霞が関ビルの目の前の YEBISU BAR で喉を潤しました

関連記事


  



コメント

金融庁で意見交換とはすごいですね。
是非、インデックス投資家代表として、インデックス投資のしやすい環境整備を提言していってください。応援してます!

資産形成を根付かせる

行政も動いた?現在の公的年金問題や超高齢社会を考えると、長期の資産形成は必須だと強く感じます。しかし、日本では正しい資産形成の知識が普及してないですよね。今後に期待です。

歴史の証人ですね!

日本版ISAリリースにあたって、個人投資家の意見も考慮したという歴史の証人ですね。


お疲れ様でした!

当たり前ですが・・・

今までは証券業界の都合で動いていた証券税制が、個人投資家から意見を取り入れるというのは驚きです。
更に、個人投資家の現状を何のしがらみも無く伝えられる事は、金融庁にとって良い意味で参考になると期待しています。
ただ、業界側の方が強いのは確かで個人投資家の意見だけが通る状況ではないので、絶えず個人投資家が金融庁に適切な意見を言えるように勉強をしていく事も必要かと思います。

考えてみたら、みんなが勤勉であれば業界側の変な金融商品は消えていき、本当に必要な商品だけが残ると思います。
そうなれば金融庁も手を焼くことは無くなると思います。

すごいですねえ・・・・・・
本当に驚きです。
実際に意見を取り入れてくれるかどうかはともかく、
聞く耳があるだけでもびっくりです。(^^)

大きな一歩

我々の世代から意見を聞いてくれるようになったんですね。
とても大きな一歩だと思います。
もう事実上破綻してて役に立たない年金を、選挙での大敗を恐れてタコ足操業でゴマかすのを止めて、自助努力でリスクオンしようぜ、という流れが醸成されるといいですね。

日本において個人投資家のウェイトはけして低くないですし、
個人ばかり損をしている印象がありますが何げに底値買いを
するのは個人投資家だったりもします。そういう意味でも
個人投資家の重要性というのは認知さている面もあるかと
思っています。短期売買は私も否定しません(やります)が
「博打」と思われやすいためそれを促進するような制度は
国としても作らないと思います。以下、勝手ながら書かさせて
ください

日本版ISAについて
①水瀬さんも仰る通りで枠の拡大はほしいです(せめて500万)
②スイッチできるようにもしないと(既存保有株、満期時に
 売買せずに移行)
③始めた時期によって有利不利のないようにすること
(むこう数年間のみというような制度ではなくという意味です)

全般について
①損益通算できる範囲拡大はありがたいです。複雑すぎますしね^^;
②証券会社以外にとっては長期保有を促進するような制度は
 有益ですし、是非取り入れてほしいですね。

ちなみにインデックスで積立している方の場合、有効性はあるのか
わからないです。基本無分配ですし数十年単位スパンで考えている
方も多々と思います(私含め)。そうすると仮に素案の300万まで
10年という制限の中で導入されるとなると私は積立では活用することなさ
そうです

しかし、投資を促進したいと思う立場とけしからんという立場の
せめぎあいは変わらないでしょうね^^;ちょっとでも自分も
投資善となるような行動・成果を微力ながら示せればと思います。
個人の場合 集合体としての影響は大きいと思いますが、1つ
1つは小さいです^^

お世辞ではなく本ブログようなものは投資善の1つでは?と思って
います。

それぞれの立場で

水瀬さんのように、個人投資家を代表する影響力大のお立場から物申して頂けることを感謝すると同時に、私などの名も無い末端の者でも、だからって沈黙するのではなく、それはそれでの立場で身近な金融機関にでもいいから少しでも一緒に「わーわー」言い続けて、当局の人に「コツコツ投資家は思った以上に大集団なんだ」と認識を改めて頂けるようになることが肝要ですよね。

≫金融庁で意見交換とはすごいですね

自分でも驚いております。


≫行政も動いた?

動き始めたようですね。


≫日本版ISAリリースにあたって、個人投資家の意見も考慮したという歴史の証人ですね

実際の施策が個人投資家の意見を反映してくれるかどうかは、まだ分かりませんが…。少しでも反映してくれるといいですね。


≫ただ、業界側の方が強いのは確かで個人投資家の意見だけが通る状況ではないので、絶えず個人投資家が金融庁に適切な意見を言えるように勉強をしていく事も必要かと思います

まったく同感です。
個人投資家がみんなで声を上げていくことが大切だと思います。


≫実際に意見を取り入れてくれるかどうかはともかく、
≫聞く耳があるだけでもびっくりです。(^^)

本当ですね。びっくりです。


≫我々の世代から意見を聞いてくれるようになったんですね。
≫とても大きな一歩だと思います。

何事もまず一歩から!


≫日本版ISAについて

≫全般について


当日に参加者(投信ブロガー、金融庁の方ともに)から同じような意見が出ていました。
通るかどうかは分かりませんが、ポイントは外していないと思います。


≫お世辞ではなく本ブログようなものは投資善の1つでは?と思っています。

恐縮すぎます…(;^ω^)


≫私などの名も無い末端の者でも、だからって沈黙するのではなく、それはそれでの立場で身近な金融機関にでもいいから少しでも一緒に「わーわー」言い続けて、当局の人に「コツコツ投資家は思った以上に大集団なんだ」と認識を改めて頂けるようになることが肝要ですよね


仰るとおりだと思います。
今のままだと、「妙にマニアックな個人投資家3人が何か言ってるな」状態ですので、個人投資家がみんなで「わーわー」言い続けることが、本当に大切だと思います。
黙っていると、国や金融業界に都合がよい方向にばかり動いてしまいます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設&各種取引等で最大95,000円相当ポイントプレゼントキャンペーン実施中! (2017/02/28まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
今なら、口座開設等で現金最大51,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/02/28まで)

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

フィデリティ証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXISなど)
・電話でも取引可能(他社はあまりやっていない)なのでネット取引が心配な人におすすめ

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)