国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」をチェック(2012年2月末時点)

上場以来、個人投資家の期待を集めながらも、ETFの基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。
「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2012年2月末時点でチェックしてみます。

以下が、「国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率」の推移を表したグラフです。

photo_20120303.jpg

あぁ…また乖離率が広がってきました。
2012年1月末時点では、1680・1681・1550いずれも乖離率が0%付近に収まっていたのですが。
銘柄別に見ると、1680が+0.58%、1681が+0.82%、1550が+0.33%と、1550の乖離率が比較的小さくなっています。

乖離率が0%付近、もしくは0%を挟んでプラス・マイナスに少し乖離しては戻るというような状態になってくれるといいと思います。
そして、それが「継続」してくれることを期待します。
なぜ、継続しないといけないのかというと、ETFを買う時だけでなく、将来売る時も適正価格でなければ、せっかくの低コストが無駄になってしまう可能性があるからです。

全体的な傾向としては、乖離水準は縮小してきているように見えますが、今後も定期的にチェックしていきたいと思います。
関連記事


  





コメント

基準価額と市場価格のタイムラグ

いつも読ませていただいております。
1680にも、1681にも投資している者です。
基準価額と市場価格の乖離率についての記事について教えていただきたい点があります。
たとえば1680については、基準価額は、前日の欧州・米国市場で付いた株価に日本時間当日の為替をかけて算出しているのに対し、市場価格はさらに日本時間の当日に発生した材料を織り込んで動いた結果の価格だと思っております。私の知識が正しいと仮定すれば、日本時間に発生した材料が大きければ、基準価額と市場価格の乖離はそれなりに大きくなっても仕方ないのではないかと思っております。
つまり、2月末は1月末より比較的大きく相場が動いていましたから、日本時間当日の材料で市場価格が動き、基準価額と市場価格の乖離率が若干拡大しただけではないかと思っているのですが。
水瀬さんのお考えをお聞かせください。

1550、1680とも日単位では時々マイナスに動いているので、
もう一歩と言ったところでしょうか

出来高がずいぶん増えたのに乖離率が全然小さくならない
新興国株式ETFもあるので、定期的なチェックは必要ですね。

≫水瀬さんのお考えをお聞かせください。

乖離の要因については、過去の同じシリーズ記事や拙書「ほったらかし投資術」等に書いてありますので、そちらをご覧いただければと思います。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1914.html


≫1550、1680とも日単位では時々マイナスに動いているので、
≫もう一歩と言ったところでしょうか

日別で見るとディスカウント状態の日もポツポツありますよね。
プラマイ0%を挟んで多少上下に変動するくらいにならないかなぁと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)