「より馬鹿理論」と金(ゴールド)の性質

ウォーレン・バフェット氏が金(ゴールド)ETFの担当者を困らせているようです。

ロイター2012/03/05より引用】
バフェット氏の金投資への見方、金ETFの運用者当惑させる
バフェット氏は2月25日、バークシャーの ウェブサイトに掲載した書簡で「金の買い手にとって最も動機付けになるのは懸念が拡大するとの見方だ」と指摘。「過去10年間、この見方は正いしことが証明されている。さらに、価格上昇が追加的な買い意欲を創出し、上昇が投資理論を立証していると考える買い手を引き付けている。時流に乗る投資家はどんな投資でも行うものだから、自分たちの真実をつくり上げる。しばらくの間は」と述べた。
【引用おわり】

最後の「しばらくの間は」部分が、ピリっと辛い批判になっています。
バフェット氏は遠回しに言っていますが、要するに、金の買い手は「より馬鹿理論」信奉者だと言っているようなものだと私には聞こえました。

より馬鹿理論とは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)に出てくる、『異常な高値で買っても、それ以上の高値で買ってくれる「より馬鹿な市場参加者」に売りつけることが期待できるのならよい』という考え方です。
言葉は悪いですが、分かりやすい説明だと思います。

私は個人的に金投資をしていません。

それは、金というアセットクラスの性質が、株式や債券などと違い、資本として生産活動に関わっておらず、富を再生産する仕組みを内包していないからです。

株式や債券などは、生産の果実があれば、時間と共にプラスのリターンが期待できます。
それに対して、金の価格変動要素は基本的に需給のみであり、見通しの違いに賭ける者同士のゼロサム・ゲームです。
金にはリスクプレミアムがない、と言い換えることもできると思います。
(最近の研究で、金にもリスクプレミアムがあるらしいという話は聞いたことがありますが、市場参加者のアセットクラスに対するコンセンサスになっているかどうかは…?)

もちろん、需給を読んでアクティブに売買すれば利益を得ることもできると思います。
しかし、私のようにバイ&ホールドで「ほったらかし」にしたい投資家には、向かないアセットクラスだと考えています。
なので、ファンドマネージャーが需給を読んでダイナミックに売買する、低コストなアクティブファンドがあれば面白いかもしれないなとは思います。

誤解のないように繰り返しますが、私は金投資自体を否定しているわけではありません。
株式や債券といった伝統的なアセットクラスと相関が低いという特徴も魅力的ですし、ここ数年の金価格の上昇も、「羨ましいなぁ」と思いながら眺めています。
ただ、私のようなバイ&ホールドの投資スタイルには合わないと考えているだけであることを、ご理解いただけたら幸いです。


<関連記事>古い記事ですが…
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その2)

関連記事


  





コメント

バフェットさんは金どころか一貫して株買えとしか言わない人ですよね。もちろん盛大なポジショントーク付き。でも買うだけでその銘柄が注目浴びるので正直うらやましい限りです。


バフェット氏:債券は最も危険な資産の1つ-低金利とインフレリスクhttp://www.bloomberg.co.jp/news/123-LZ4TGB1A74E901.html
バフェット氏:米地方債に恐ろしい問題生じる-連邦政府支援に発展もhttp://www.bloomberg.co.jp/news/123-L3F3IH1A1I4J01.html

いあいあ、バフェットさんだって銀を買ってたじゃないか。
すでに売却済みではあるけれども・・・
要は価値にと比べた価格が安いか高いかの問題なのでは?

純金積立コツコツ

日経ヴェリタスのバフェットからの手紙2012にも「金は何も生まない」とありました。

私は純金積み立てから資産形成を始めたので、株式や債券についてはこれからなんですが、単純に積み立てた資金はSPDRの金ETFへリレーしようと思っております。

あくまで、株や債券とは異なる値動きや逆相関、インドや中国など新興国の需要増などすべて「期待」の世界ですが。

資産形成・長期保有には向いてないかと

バフェットは随分前に銀を大量保有し売り抜けていると思います。
しかし、利息を生まないモノという点は一貫しています。

私は保有していますが、たまたま安いときに積立していたので
数倍の利益を享受出来ていますが 持っていて言うのもあれですが
長期保有のメリットは感じません

あくまで市場の需給で決まる投機色が強い商品だとは思います。
あとは利息を生まないのでETFの0.4%程度の信託報酬でもコスト
負担が大きいと思いますし現物の売買もコストが掛かりすぎます。

私は純金積立の口座ですので税金面だけ注意すれば売却時の
コストは少ないのですが 現物として登場(保有)すると売却時
面倒でもあるので・・・あまり保有メリットを享受出来てないです

利息も生まず・換金性も悪いので、資産形成には向いてなく、
あくまで趣味の領域で持つ程度で十分だと思います これが保有者
としての実感です。

金はリスクヘッジ手段として利用されているが・・・

今は金投資を勧める人が多くなりました。
金はバブルではないと言っている人が多くみられます。

金上昇はドル下落と相関を持つ為、リスクヘッジ手段として用いる事が多いとされましたが、現在は既に円安傾向?、あとはユーロ問題が解決されれば金価格は下落とみています。

その時に金投資を積極的に勧めていた人の投資態度はどうなるのか?でしょう。

コモディティ投資の難しさ

「インデックス投資派の僕が…」の記事も拝見しました。

コモディティ投資の最大のネックは主たる手段が「先物取引」に限られることですね。

VIX先物のETFがなぜ買い方に不利なのかが分かる人にはすんなり納得してもらえると思いますが、「先物」が悪いのではなく、その仕組み上「ロールオーバー」による「サヤ負け」がひどいので「バイ&ホールド」は全く向かないからです。

というわけで、コモディティ投信を検討されている方にとって「先物取引」の理解はほぼ必須と言えると思います。

最低の価値をキープできるアセット

私は金の価値については、山本智矢先生の「金投資というのはリターンを求めるものではなく、紙屑に帰す紙幣や有価証券に比べ最低の価値をキープできるアセット」(今日の必ずトクする一言,金の価値のナゾ,October 1997)という考えにすっかり感化されているので、資産形成ではなく資産保全の必要性を想定しています。
まだ金で保全する程の額には遠く及ばないのでリスク資産はすべて株式クラスにぶっこんで増やすことのみを目論んでいますが、ある程度の額に達したら一部を金貨に換えて壺に詰め、裏山にイノシシに掘られない深度まで埋めておくつもりです。
そういえば、逆に山崎元氏は対馬海峡や宗谷海峡は泳いで渡れないので意味は無いとしておられましたし、金を持っておくのは「全く働かない美人の○○を ry」という言をお気に入りのようでしたね。
どちらの先達の考えを採るにしても、資産形成にはどうも不適当なモノの様ではあり、持つとしても相当大きな資産でないと難しく且つ意味が薄い様なので、今はひたすら株等で手持資産の増大を図るが得策かと考えています。(美人の○○ではなくGoldの話ですよ)

TIPでどうでしょうか。

資産保全という目的の方が散見されますが、それなら金よりもTIP
のETFではどうでしょう。本当はアメリカの証券会社にでも口座を開いて、現物のTIPを買うのが一番いいのでしょうが・・・。もっとも物価指数がきちんとしたものであるかどうかという問題は生じます。日本の物価連動国際のほうがよいのは言うまでもありませんが、ちょっと指数の信頼性がどうか・・・。

ドルコストはしやすい純金積立

まあ資産保全の意味合いの方が大きいのでしょうね。全資産の10%程度に抑えるのが妥当とよく聞きますし。
長期投資との相性と関わるか分かりませんが、積立との相性は純金積立でいくなら非常に良いですね。淡々と少額ずつドルコストで積み立てていけます。月1回どころか毎営業日に自動的に数百円~千円くらいずつチマチマと買っていけます。日々の値動きなど全く気にしなくて済みます。
そこまで細かい頻度で積み立てていく意味がどこまであるのか、売買のコストが嵩むのでは?(それが手数料に反映?)とか疑問も感じますが。

あと1つ不安点

もう一つ純金積立などの不安な点は取り扱い会社が破綻した場合の取り扱いですね。田中貴金属などは「特定保管」で顧客資産は分別管理されているようですが、よく見かける「消費寄託」だと破綻時にどうなるか分かりません。その意味で長期で預けっ放しにするのに不安感があります(とっとと金塊なり金貨にして自宅で保管というのも盗難の不安があるし、そもそも金塊にできるほど積み立てられるか…)。
この点、証券投資は、「分別管理」や「投資者保護基金」などがあって、まだ安心ですね。

今後も金に資産価値があるかどうか

私は『無国籍通貨』として金ETFを購入しています。

金に今後も一定の資産価値があること、
先進国と新興国が今後とも紙幣をジャブジャブ刷ること、
上記2点の可能性を期待すれば、相対的に金の価値は今後も上がり続けるんではないかなと。

タンス預金専用通貨

公的には通貨の座を下りているはずですが、世界各国の中央銀行が「タンス預金」している以上、通貨としての地位は侮れませんよね。
ただ個人レベルで米ドル崩壊リスクをどの程度考えるべきかという問題はあります。そういうのを煽っている人達もいますが。
他に金の通貨としての特徴は保存性と可搬性でしょうか。米ドル紙幣よりコンパクトで保管しやすく、装飾品として身につけて歩くことも可能と。
ですので資産保全目的なら現物保管、それ以外はETFも含めて投機目的というイメージを持っています。

金を勧める人と勧めない人

アセットクラスとしての金が有効かどうかは私には判断できません。
ただ、著名人の中で金を勧めている人とそうでない人を比べた場合、個人的に尊敬している人は後者に固まっているような気がします。

金に投資される方もされない方も、皆さん、ご自分のお考えを持っていていて、なるほどなと思わされます。
結果はすべて自分に跳ね返ってきます。お互い自己責任で行きましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)