CMAMインデックスファンドeシリーズ第2期決算、実質コストは?STAM・eMAXISと比較すると?

CMAMインデックスファンドeシリーズの第2期決算運用報告書が公開されました。

信託報酬にいわゆる「隠れコスト」も含めた実質コストはどうだったのでしょうか?
<関連記事>
2010/04/09 投資信託のいわゆる「隠れコスト」って何?

ライバルファンドのSTAMインデックスシリーズ・eMAXISシリーズとの比較も気になるところです。
一覧表にまとめたので、見てみましょう。

インデックスファンド実質コスト比較

ご覧のとおり、CMAMインデックスファンドeシリーズの実質コストは、国内モノはよく抑えられている一方、海外モノはそれなりにかかっています。
それでも、STAMインデックスシリーズ・eMAXISシリーズよりは低くなっています。

個人的に、積み立て用ファンドとしてCMAMインデックスファンドeシリーズの国内株式と先進国株式を使っているので、ほっとしました。

恒例の注意点を二つほど。
まず一点目、信託報酬以外のその他費用(隠れコスト)は、毎年変動します。
今回の比較で実質コストがいちばん低コストでも来年は変わっている可能性はありますので、参考値扱いにしておくのがベターです。
二点目に、費用のデータは現時点で入手し得る最新の運用報告書のものを使用しています。
なので、比較期間が少し異なることをご了承ください。

そういえば、eMAXISシリーズの2012年1月決算のブログ記事を書いていないことに気づきました。
この一覧表で、あわせてご覧いただければと思います。




<詳しいかたのためのちょっと長い追伸>

インデックスファンドのコスト比較をすると、「コストよりトラッキングエラーの方が重要だ」というご意見をいただくことがあります。
たしかに、コストの低さも、最終的にはトラッキングエラーをなくすための一要素でしかありません。

それはそうなのですが、トラッキングエラーは流動的な複数要因の結果です。相場動向や資金の流出入タイミング等といった「運」の要素に多分に影響されてしまいます(運も実力のうちという考え方もあろうかと思いますが)。

ファンド自体の実力の比較という観点から、流動的ではなく固定的な信託報酬(および参考値としての実質コスト)という「コスト」でインデックスファンドの優劣を比較することには、一定の合理性があると私は考えております。
したがって、こうしたコスト比較を行ない、データをブログ記事で公表しております。

なお、誤解のないように申しあげておくと、私はトラッキングエラーの小ささを評価することや、インデックスからの上方乖離を評価することを、否定するつもりはまったくありません。あくまで、私はコストという軸で評価しているというだけです。

関連記事


  





コメント

実質コストの差がこの程度なら

私のリスク資産の3割くらいは多少割高感の出てきたSTAMシリーズなので気になっていました。
保有する全ファンドの実質コストが最安のライバルと比べて0.1%程度高いだけのようで、差がこの程度ならわざわざ乗り換える程のことでもないので安心しました。(もう新規の購入はしませんが)
外国株へ積立投資を始めた時分、ステートストリート・PRU・STAMと選択肢があったので、同額を毎月積み立ててどれくらいの差が生じるか試していたことがあります。(←馬鹿)
2年近く続けたところ、コスト差などで成績の違いが目に見えて開いて来たのと、STAMグロ株の資産総額がぐんぐん伸びていたので繰上償還の危険性が低くなったと判断し、全額STAMへ乗り換えました。
その折の感触から、私は実質コストが0.1%差ならあまり気にしないが、0.2%差は少し気になるだろうし、0.3%差以上では我慢し難いだろうなぁと自己分析していました。
この記事を読んでの実感でも心理的許容範囲内だったようで、面倒なアクションを起こさずに済み、とりあえずは安堵です。

インデックスファンドのシリーズものとしては

野村アセットマネジメントのFunds-iもあります。
しかし、何故かスルーされていることが多いような気が。
何か理由があるのでしょうか?
個人的には悪くないと思うのですが。。
差し支えなければ教えて頂ければ幸いです。

実はまだ他にもコストが

実は、流動性が高くない時間帯に相対取引を行うことや、流動性の高くない銘柄を頻繁に売買することが、ファンドにとって結構なコストになってる場合があります。債券系のファンドなんてそうですね。特に新興国債券。それをマネージャーがどれだけ意識しているかも重要なポイントでしょう。

しかも悪いことに、このコストは運用報告書には出てきません。基準価額の騰落率差比較による、トータル運用コスト比較が実は重要だったりします。

あと、別の人もコメントしてますが、野村のFunds-iシリーズはSTAMやemaxisよりも信託報酬が低いものもあるので、こちらの比較も意味がありそうです。販売しているファンドの純資産は少ないけど、マザーファンドの運用額はそれなりに大きいから問題もなさそうですし。。

≫保有する全ファンドの実質コストが最安のライバルと比べて0.1%程度高いだけのようで、差がこの程度ならわざわざ乗り換える程のことでもないので安心しました。(もう新規の購入はしませんが)

なるほど。
信託報酬が0.1%程度しか違わないのなら、私も売却→再購入という乗り換えまではしないと思います。


≫インデックスファンドのシリーズものとしては野村アセットマネジメントのFunds-iもあります。
≫しかし、何故かスルーされていることが多いような気が。
≫何か理由があるのでしょうか?

代表的インデックスファンドは運用各社から8シリーズ出ています。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1561.html

ブログ記事で8シリーズ全てをフォローすることは難しいので、私なりに厳選しています。
人それぞれ何を重視するかは違うと思います。isukekeさんはFunds-iシリーズが気になっておられるようですので、ご自身で調べて比較してみてください。
ちなみに、個人的にはもしSTAM・eMAXIS・CMAMにあとひとつ加えるとするなら、年金積立シリーズかなと思っています。


≫しかも悪いことに、このコストは運用報告書には出てきません。基準価額の騰落率差比較による、トータル運用コスト比較が実は重要だったりします。

できれば追伸を読んでください。私はそのお考えはごもっともだと思いますし、否定していないと明言しております。

回答ありがとうございました。

なるほど。
シリーズものだけでこんなにあったんですね。
私の不勉強でした。
それにしてもリンク先の一覧表はわかりやすくていいですね。
保存させていただきました。
ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)