独自の進化をとげる日本の投資信託サービス

日本の投資信託サービスは、もはや世界一かもしれません。

えっ、そんなわけないでしょう?と思われるかたもいらっしゃると思います。
「金融後進国」というイメージばかりの日本の個人向け金融サービスですが、こと投資信託関連サービスについては、独自の進化をしているようです。

本日、カブドットコム証券が、2012年4月20日(金)より月々500円から申込可能な投信積立サービスを開始すると発表しました。
サービス名称は「ワンコイン積立」とのこと。

カブドットコム証券 プレスリリース
業界初500円以上1円単位の投信・株式積立サービス「ワンコイン積立™」の開始

他の証券会社のように1000円から積み立てられるだけでも世界的に珍しいのに、500円とは。
たとえば、月500円だけでお試し投資体験で始めてみるもよし、月10,000円の内訳を細かく設定するもよし、投資家の利便性が高まりました。
カブドットコム証券の積み立ては、証券口座ではなく銀行口座から直接積み立てることができる銀行が多い点も、ひそかにポイントが高いと思います(これも世界的に珍しいかも)。

一方、SBI証券は、2012年3月16日(金)より投資信託定期売却サービスを開始すると発表しました。
申込金額と申込日の設定を行うことで、「定期的(毎月もしくは隔月)に売却し、一定の売却代金を受け取りたい」というニーズに対応するためのサービスとのこと。

SBI証券 プレスリリース
投資信託定期売却サービス開始のお知らせ

自分が資産形成したい時には、分配金が出ないあるいは少ない投信で効率的に増やし、将来換金し始める時には、このサービスに申しこめば毎月自動的に資産を取り崩せます。
このサービスを使えば、わざわざ毎月分配型投信を買う意味はなくなるかもしれません。

ワンコイン積立に定期解約サービス、既にある特定口座での自動損益通算などを含め、個人投資家の利便性はとても高いと思います。
繰り返しになりますが、日本の投資信託サービスは、もはや世界一かもしれません。
運用コスト以外は(^^;


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
カブドットコム証券
SBI証券
関連記事


  





コメント

最後が重要ですね。たった一言ですが・・・w

ワンコインランチ(投資)

この件が出るまで日付指定をすれば事実上、
毎日積立が可能だという事を知りませんでした(^^;

日にち指定は結構面白いと思うんですよね。
例えば積立投資が今後増加するなら、給料日の前日に
買いの指定をしておいて、給料日に買ってくる人の先回りをするとか、
月末ドレッシング時期は避けるとか。

世の中には500円貯金を好む人もいらっしゃいますから、
そう言う人は毎日500円積立なんてのも
悪くないとは思います。

ようは頭と道具は使い様という事で。

需要側から見ると、運用コストが高いんだったらサービスを良くしてもらうのは当然ですね。
供給側から見ると、おもてなしの精神?でより良いサービスを提供するために高い運用コストを払ってもらう必要はあるでしょう。

とはいえ500円分の投資信託とは何かの冗談でしょうか。
それでは最寄の駅までのバス賃も払えない……。

特にSBI証券はグッドジョブ!

他のブロガーの方々も大変評価なさっていますが、これは画期的ですよね。投信ブロガーの方々による、fund of the yearは具体的なファンドが対象ですが、毎月分配投信の必要性そのものも却下できそうなこのSBI証券の施策は「特別賞(なんてなかったでしたっけ?」候補でしょうか(笑)

よく考えると500円買い付けだと

投資信託の基準価額は10,000口で10,000円とは限らないわけで、1円の下は99銭ですが1口の下には何もない以上、あまりにも小額(例えば500円)で多数回買い付けをすると、端数処理で投資家側が損をするかもしれないなぁと気づきました、販売側が損をする規定にする訳は無いので。
私は算術は不得手なので計算すること能わずなのですが、もしかして最大1円近く持っていかれたりしませんか?
10,000円で1円ならば知らない振りもできましょうが、500円で1円では如何にも大きく、鈍感な私でも閾値を越えていそうです。
何かの冗談ではなく悪い冗談だったのかも。

水瀬様
この件はおかしいとは思いつつもいくら電卓を叩いてもよく分からないので、私の誤解で営業妨害になると良くないでしょうから、間違っていると判断されたら削除下さいませ。

おこづかいでも可能ですね

500円ですと、小さいお子さんのお小遣いで始められますね。私が子供の頃は、お年玉を郵便局の定額預金に入れたもんですが、定額預金よりも全然ハードルが低くて、経済活動の脈動を日々の値動きという形で体感できるいい機会にもなると思います。

端数処理ではその通りになると思いますが・・・

>まねきうさぎさん
僕もその通りだと思います。
しかしながら、端数処理ではその通りになっても、アセットクラスの配分にはきめ細かく設定できるメリットもあるので、例えば月50000円を500円単位で積立できれば、1%単位での(401Kのような)資産配分ができます。
結局は500円単位での積立のメリットは、細かい積立配分ができるので、リスク&リターンをきめ細かく調整したい投資家には重宝するはずです。

>タカちゃん さん
どうもです。
この問題は購入時のみなので、もし最大1円だとして、平均で50銭くらいと想定できたとして、500円比だと0.1%ですか。
そもそも小口取引がコスト高になること自体は不自然でもなんでもないので、追加手数料無しなのだから0.1%前後の蒸発は無視してもいいのかもしれません。
同じ投信を毎日500円ずつ積み立てるのはさすがに無理筋でしょうけども、かつて私は2年近くも身銭を切って外国株投信のステートストリート・PRU・STAMの3種に同額を毎月積み立て、どれくらいの成績差が生じるか試すという、おバカなことをしてたことがありますが、これならまさに適当な使い方かとも思います。
ただ、仰られる様な「細かい積立配分ができるので、リスク&リターンをきめ細かく調整したい投資家」というものがいまひとつ想像できません。
Aに22,500円、Bに14,500円、Cに13,000円という積立を行うという意味でしょうか? これなら、蒸発分は全く無視していいレベルですからサービスの意味が生きてきますね。

補足です

>まねきうさぎさん
>Aに22,500円、Bに14,500円、Cに13,000円という
>積立を行うという意味でしょうか?
その通りです、これならば1%単位(実際は500円以上1円単位での投資ができますが)でアセットクラスを調整できるので、401K並の細かい指定ができます。

もう少し極端な例を出せば、Aに22001円、Bに14509円、Cに12990円、Dに500円と言った指定もできます(最低が500円)。
ここまで細かくできれば、細かいアセットアロケーションが可能なので、自分で効率的フロンティアを追求するなんて高度な運用も楽しめると思います。

>タカちゃん さん
ありがとうございます。
なんかあまりにも高度すぎて職人っぽい運用ですね。
利用できるサービスは享受するものなんでしょうが、もはや「ハードルを下げて広く顧客を集めたい」という提供者の意図をかなり超えてしまっていますね。
ただ田舎者の性なのか、バス賃にもならない金額の投信積立というものに心理的な抵抗感がかなり残ります。

≫ようは頭と道具は使い様という事で。

楽天家業さんのこのコメントがすべてを表していますね。
1000円積み立て導入の時にも、「毎月1000円積み立てて何になるのか?」と言われていましたが、今では投資家は便利に活用しています。
同じように、500円で積み立てできるから、みんなが500円でしか投資しないわけで、便利に活用されると思います。


≫投資信託の基準価額は10,000口で10,000円とは限らないわけで、1円の下は99銭ですが1口の下には何もない以上、あまりにも小額(例えば500円)で多数回買い付けをすると、端数処理で投資家側が損をするかもしれないなぁと気づきました、販売側が損をする規定にする訳は無いので。
≫私は算術は不得手なので計算すること能わずなのですが、もしかして最大1円近く持っていかれたりしませんか?

新サービスの端数処理について私は知りえないので、カブドットコム証券に確認しました。
結果は新しい記事を書きましたので、そちらをご覧下さい。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1976.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)