STAMインデックスシリーズ、信託報酬値下げ2回目キタ━(゚∀゚)━!

住信アセットマネジメントは、「STAMインデックスシリーズ」および「ネット証券専用ファンドシリーズアジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬を2012年4月20日より値下げすると発表しました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

住信アセットマネジメント
2012年03月16日 「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて

気になるSTAMインデックスシリーズ等の信託報酬は、以下のとおり。

photo_20120316.jpg
(住信アセットマネジメント お知らせより引用・クリックで拡大)


例えば、日本株式の信託報酬0.3885%や先進国株式の信託報酬0.525%というのは、ライバルシリーズのeMAXIXをぶっちぎり、クラス最安値のCMAMと横一線に並びます。

新興国株式の信託報酬0.63%というのは、ライバルのeMAXISと並びます。
CMAMには新興国株式クラスのファンドの設定はありません(最近信託報酬を値下げした年金積立シリーズの0.5775%には負けますが)。

その他、債券クラスやREITクラスでも、競争力のある信託報酬に値下げされています。

おまけに、バランスファンドの「世界経済インデックスファンド」も信託報酬0.525%というのは、ライバルバランスファンドの「eMAXISバランス(8資産均等型)」(信託報酬0.525%)や「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」(信託報酬0.74%±0.03%)等と比較して遜色ないコスト水準のように思います。
(もちろん、バランスファンドはアセットアロケーションが異なるので単純比較はできませんが)

STAMインデックスシリーズの信託報酬値下げは、2010年7月(該当記事)に引き続き、2回目です。素晴らしい!

住信アセットマネジメントさん、グッジョブ!(・∀・)b

ただ、今回の値下げの理由が、2012年4月にSTAMとCMAMが合併するからなのか、純資産の拡大にともなうものなのかは分かりません。
でも、仮にCMAMと合併する(CMAMのコスト水準に合わせる)ための値下げであったとしても、それはそれで、よいことだと考えます。
なぜなら、会社が合併しても同種のファンドを割高なまま運用し続けることもできたはずですし、インデックスファンドの統合(および純資産の拡大)への第一歩にもなり得るからです。

やっぱり、住信アセットマネジメントさん、グッジョブ!(・∀・)b


P.S
ファンドの名称変更?なにそれ?美味しいの?

関連記事


  





コメント

住信AM、グッジョブ!!!!
しばらくは無いなと諦めもありましたが、いい意味で予想を裏切られました。
恐らく、かなり身を切り、販社とのハードなネゴシエイトの末のことだと思います。
よくやった、感動した!!!!

素晴らしいー! ^^

中央三井外株・外債インデックスファンド

昔(と言っても数年前ですが)積み立てていたファンドは相変わらず
高いコストのまま。めんどうなのでそのままですが忘れられてるのか。
当時はなかなか好評だったのですけどね。

STAM(SMT)シリーズの信託報酬引き下げ、朗報です!

水瀬さん、こんにちは。

マネックス証券で、STAMシリーズ1本槍2年半の自分に
とっては、この時期でのSTAMシリーズの信託報酬引き下げ
は、先日のマネックスの中国株口座の特定講座化とともに朗報
です。

これも、インデックス投資ナイトでの個人投資家の意見や、水瀬
さん始め、インデックスブロガーの方の貢献が大きいと思います。

日本のインデックスファンドの信託報酬は、海外に比べて、まだ
まだ割高ですが、日本のインデックス・ファンドもバンガードの
様に、低コストで良質なインデックス・ファンドの提供を目指し
ていって欲しいですね。

ここに来て、日本は、ファンドも投資インフラも進化してきてい
ますね。これからも、個人投資家の意見をブログ等で発信してい
きましょう。

とにかく、住信AMさん、ありがとうございます!ですね。(^^)

主要4クラスはCMAM、先進国リートはfunds-iと、現状最安だった信託報酬に合わせてきましたね。新興国モノは年金積立の発表が先月で、間に合わなかったのか、現状の0.63%がすでにギリギリの水準なのか、あるいは数年後にまた値下げする余地を残したのか?

とにかく、このSTAMの決定に対する、eMAXISの反応が楽しみですね。
eMAXISはまだ信託報酬下げたこと無いですし。

結局振り出しに(笑)

3つのシリーズとも持っていたので、集約しようとした矢先にこのニュースを見ました。これなら集約する為に一度売買する手間が省けたのでラッキーです。ついでに手数料だけで無く、ファンドごと一緒になっちゃえと期待するぐーたら投資家です(笑)

≫しばらくは無いなと諦めもありましたが、いい意味で予想を裏切られました。
≫恐らく、かなり身を切り、販社とのハードなネゴシエイトの末のことだと思います。

そうだろうと思います。
STAMの販社とCMAMの販社は数が全然違う(STAMの方がとても多い)ので、「CMAMに合わせるから」と言って「ハイそうですか」とはならないと思います。


≫中央三井外株・外債インデックスファンド

同じ運用会社で同じ運用対象のインデックスファンドが、違う信託報酬というのは納得しづらいものがありますよね。


≫日本のインデックスファンドの信託報酬は、海外に比べて、まだまだ割高ですが、日本のインデックス・ファンドもバンガードの様に、低コストで良質なインデックス・ファンドの提供を目指していって欲しいですね。

同感です。


≫とにかく、このSTAMの決定に対する、eMAXISの反応が楽しみですね。
eMAXISはまだ信託報酬下げたこと無いですし。

今後のeMAXISの動向に要注目ですね。


≫3つのシリーズとも持っていたので、集約しようとした矢先にこのニュースを見ました。これなら集約する為に一度売買する手間が省けたのでラッキーです。ついでに手数料だけで無く、ファンドごと一緒になっちゃえと期待するぐーたら投資家です(笑)


冗談抜きで、マザーファンドの統合は要検討課題だと思います。
日本ではまだファンドの合併例はありませんが、今後は金融機関の合併にともなうファンドの合併はありえるし、あるとすればインデックスファンドが第1号になるのではないかと思います。

質問させてください。

いつも参考にさせてもらってます。
はずかしながら、基本的な質問をさせてください。

SMTが信託報酬をCMAMにあわせるとのことですが、信託財産留保には差があります。

例えば、日本債券インデックスe では0%ですが、SMT 国内債券インデックス・オープンでは0.05%です。
ファンドを選択するときにはには色んな要素があると思いますが、コスト面からいうと、やはりこれもないほうがいいのですか?
長期保有で考えています。
見当違いな質問であれば、消してください。

よろしくお願いします。

ご質問に対する回答を、ブログ記事にしましたので、ご覧いただければと思います。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1994.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

STAMインデックスシリーズが信託報酬率を引き下げ

「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについ ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)