「ワンコイン積立」は端数が切り捨てられて損になる?

先日の記事「独自の進化をとげる日本の投資信託サービス」で取り上げた、500円から投信を積み立てできる「ワンコイン積立」に、読者のかたから質問をいただきました。

「投資信託の基準価額は10,000口で10,000円とは限らないわけで、1円の下は99銭ですが1口の下には何もない以上、あまりにも小額(例えば500円)で多数回買い付けをすると、端数処理で投資家側が損をするかもしれないなぁと気づきました、販売側が損をする規定にする訳は無いので。
私は算術は不得手なので計算すること能わずなのですが、もしかして最大1円近く持っていかれたりしませんか?」

たしかに、食品など一般の商品は、小口にするほど値段が高くなる(まとめ買いが安い)のが普通です。
500円で投信を多数買い付けすると端数処理で損するかもしれないと考えるのは、健全な疑問だと思います。
しかしながら、よく考えてほしい。

新サービスの端数処理なんておれが知るか!!(#・∀・)

……というのは冗談でして、私自身も疑問だったので、昨日の昼休みにカブドットコム証券のコールセンターに電話して聞いてみました。
以下、やり取りをご覧下さい。


プルルルルル

水瀬
「すいません、ワンコイン積立について質問があります」
オペレーターのお姉さん
「はい、どうぞ」
水瀬
「投信を500円ずつ10回、合計5,000円分購入するのと、一括で5,000円分購入するのとでは、買える口数は違いますよね?」
オペレーターのお姉さん
「はい、違います」
水瀬
「では、ワンコイン積立を使って小口で積み立てると、端数が切り捨てられて投資家が損することになるんですか?」
オペレーターのお姉さん
「いいえ、損にはなりません」
水瀬
「どういうことですか?」
オペレーターのお姉さん
「500円に満たない端数は購入しません。つまり、端数が出ない499円とか498円分とかで購入し、余った1円2円はお客様に返金いたします」
水瀬
「ええっ!?本当ですか?」
オペレーターのお姉さん
「はい、ご安心ください」


以上、カブドットコム証券のオペレーターさんとのやりとりを忠実に再現してみました。
正直、本当かな?という疑念は拭えませんが、とりあえず昨日の問い合わせでは上記の回答だったことをご報告いたします。

私自身、過去10年間いろいろな証券会社で、毎月1万円単位の金額指定でインデックスファンドの購入(手動ですが)を行なってきましたが、1円とか2円とかを返金されたことはありません。
500円積み立てに限らず、1万円の積み立てでも、スケールは違えども投信の金額指定購入では同じ問題があり得ると思います。

でも、これ以上私には確かめるすべはありません。
どなたか、投信の細かい事務処理に詳しいかた、端数の口数処理についてご存知のかた、いらっしゃいませんでしょうか?


関連記事


  





コメント

実は僕も疑問に思っていました、しかし、一般の投信で1円、2円の端数返金は聞いたことがありません。
それを言っていたら今の401Kの場合はどうなの?と言う疑問は払拭はできません。
これは僕も聞いてみたいです。

あくまで個人的な計算の結果です。

かつてeMAXIS@SBI証券の自分の購入履歴で確認しただけの情報ですが、1万円~の購入では端数は三捨四入くらいで処理されていました。

四捨五入より有利な条件になっていたので、端数処理せず計算した結果と自分の実際の購入口数を見ていると「得」していました。

私は投信の事務処理には全く詳しくないですが、カブコムで外貨建てMMFの積み立てをしていると、オペレーターのお姉さんが言うように毎回1円返されることを経験しています。
http://masuitousi.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
しかも、銀行口座からは10000円引き落とされて、1円はカブコムの口座に戻るという不思議な仕組みです。

500円でも、50000円でも端数が出るときは出るので、上記と同じような処理になるかもしれません。

見当違いなコメントだったらすみません。

申し訳ありません

>おれが知るか!!(#・∀・)
すみませんでした。m(_ _)m
私が聞けばよかったのに、いらぬ手間と電話代をかけさせてしまいました。
あそこには口座も持ってないのでよう聞かなかったんです。

上の過去の試算結果の情報の訂正です。

当時の私のSBI証券の全買付記録(150-160回程度)での計算でした。
そして、境目と思われる水準は0.45近辺でした。ただ、この近辺では切り下げ/切り上げが前後することがあったので、ブログ記事にすることは止めたという経緯があります。

追記です。

先程は、1円まで返ってくるので損はないような書き方をしてしまいましたが、疑問に思われているのは、それでも取り引き1回につき最大99銭の損をする可能性があるのではないかということですよね。

見当違いな回答、失礼いたしました。

端数処理

端数処理のご質問、凄く気になりました。

各種投信の目論見書を見ても、端数処理に関しては販売会社に一任する、
としか記載されておらず、カブドットコム証券のどこを探しても端数処理について書かれておりませんでした。

なので、他に情報が無い場合、サービス開始時に実際に積立を開始して
試してみようと思います。
確かに他社で端数返金処理はあるようです。
ですが、カブドットコムが本当に端数返金処理を行っているかどうかは、
サービスを利用していないのでわかりません。

実際に自分で試した方が早い(或は問題があれば改善してくれる) と思っているので、
現時点では判断を保留しておきます。

>端数処理に関しては販売会社に一任する、としか記載されておらず

個別の口座管理は販売会社で行っていて、たとえば定額購入の利用者が百人いれば百人分のお金をまとめて信託銀行のファンド口座へ入金するので、信託銀行や運用会社にとっては端数は無視できるほど小さなものになります。
購入者個別の端数処理との差額は販売会社の裁量で調整するので販売会社ごとに違うから目論見書には書けません。

切り捨てられた場合のお金の方が気になるのは当然ですが、切り上げ処理の場合は販売会社がその差額を負担してるという点も重要です。
四捨五入なら購入者と販売会社で五分五分、三捨四入などだと販売会社が顧客サービスの一環として端数分のお金を購入者にプレゼントしているということになります。

>しかも、銀行口座からは10000円引き落とされて、1円はカブコムの口座に戻るという不思議な仕組みです。

銀行口座と証券会社の間の入出金はたいてい無料になってますが、実はあれお金がかかってるんですよ。
個人の振り込みよりはかなり安くなってますが、証券会社が振り込み費用を負担しています。
なので一円前後のお金をわざわざ銀行に振り込むのはさすがにサービスとしても負担が大きすぎます。
証券会社も預かり金やMRFとして顧客の現金を管理することは認められているのだから、コストを減らすためにそちらに入れておくのはまあ正当な扱いといっていいんじゃないかと思います。
たとえ自社の口座であっても分別管理されてる顧客口座へお金を移すだけでも、処理の手間が余分に増えるコスト要因なので、ほかの会社ではほとんどやっていないサービスなわけですから。

書き忘れてた

そんなわけで毎月500円ずつを四捨五入で処理していると仮定した場合、「最大0.2%、平均で0.1%は損してるのでは」というのは間違いで「切捨ての最大0.2%だけど切り上げられる場合もあるので、平均すればプラスマイナスゼロ」ということになります。

四捨五入しているかどうかは直接問い合わせるのが確実で手っ取り早いですが、購入記録から計算することでも確認できます。
購入単価×購入口数で計算される金額と実際に払われた金額をひかくするだけです。
切捨てと切上げのボーダーラインを確かめるにはたくさんの購入記録を調べないといけないので、問い合わせた方が楽ですけどね。

この些細極まりない問題に疑問を持って考えてしまう己と皆さんのマニアックさが心を揺さぶります(笑)

この500円積み立てに限らず、僕も以前からこの「切り上げ?切り下げ?それとも四捨五入?」問題には疑問を持って検証していました。

さらに、真剣に考え込んでいる人の中に、実際このサービスを利用する人はどれだけいるのだろうか?などと考えてみるのも味わい深いです。

毎回購入口数×金額をチェックしていますが、自分の場合は損したと思ったことはないですね。

普段は小数点以下四捨五入してチェックしていますが、10000円購入で+1円程度になっていることはざらにあります。基準価額20000円超の時は、+2円になったことも。かといって取引報告書を見ても端数をさっ引かれてはいないんですよね。購入手数料が掛かる場合は手数料の方が変動していますし。

改めて今回100件程度小数点以下まで見直したところ、10000円購入で10000.00円を切ってるのは見当たらなかったので、客が損しないように配慮されているのかなと思いました。あくまで私が見た限りでの話ですが。

「ワンコイン積立」サービスの需要という点では、子ども名義で積立ができるといいなと感じています。
貯金箱感覚で、自然に金融商品のイメージができるといいな、と。
(カブドットコムで未成年名義の口座が作れるかは、これから確認します。)

サービス単体では証券会社の収益には貢献しなさそうですが、初心者的なニーズを取り込めれば、これを切り口に将来的に取引の機会が増えることはありそうですね。

うろ覚えですが、、
マネックスで投信買ったときは、口数は切り上げされてた気がします。

会社によって対応が違うということなんでしょう

アルビレオ様

解説ありがとうございます。
カブドットコム証券のウェブサイト、並びに取引約款のどこを見ても
投信の金額指定買い付け時の端数処理について記載がなかった、
という意味合いでした。

他社さんについても調べようと思ったのですが、
そもそも少額に対する端数処理が問題となるだけなので調べるのをやめておりました。

他社の場合取引約款等への記載があるのかどうか、
もしご存知であればこの辺りも教えて頂けると助かります。

昔、カブコムで定額積み立てをしていたとき、全回(200回以上)口数端数は切り上げでした。購入1回あたり、基準価額の1万分の1未満の額がおトクになる計算です。
売却した回数は多くはないのですが、口数指定時の金額端数は切り上げでした。
つまり、投信を1回転すると、端数処理によって基準価額の0.01%未満+1円未満が儲かります。

500円積み立て&売却で1回あたり1円トクするとしても、これは投資額の0.2%です。信託報酬の販売会社取り分に換算して数ヶ月相当です。

信託財産留保額が0.2%未満の投信に対して短期間で回転売買をすれば端数サヤ抜きが可能かもしれませんが、額で考えるとたいしたことはありません。

なお、端数の扱いは、取り扱い証券会社によって異なるようです。

三方一両損では

えー、お騒がせしております。
私が使役している2販社(楽天証券・フィデリティ証券)の取引報告書・取引残高報告書を確認しましたが、数量×単価と払込金額の差は双方共多かったり少なかったりでしたので概ね損得無しでしたが、単価は円単位だったので、銭以下の処理方法によっては結果は変わるかもしれません。
基準価額について、販売会社ではそもそも小数点以下は扱わないものなのか、それとも表記上四捨五入したものかどうかは分かりません。
目論見書等には基準価額は「表示は1万口当たりに換算した価額で行われます。」とありますから、小数点以下もあるのではと思うのですが。
両社とも、サポート・ヘルプ等を目を皿のようにして探しましたが、この件についての説明は見付けられませんでした。

上で アルビレオ さんが指摘されていますが、実務上は販社(支店)毎に全顧客の購入・売却の差分について、運用会社と金銭・口数を授受しており、販社側において受け取った口数を各顧客に配分しているものと推測されます(あくまでも推測です)。
とすると、ほとんどの端数処理を顧客間の口数配分で調整してしまい、どうしても調整できない部分のみ販社側か顧客側が泣くという処理も考えられます。
顧客側全体での損得はほぼ0であり、販社側の負担も少なくなるうえに、四捨五入等で顧客間の口数を争奪させても1円をめぐる一勝一敗に過ぎないので均せば無問題と、三方一円損程度には収まるのではないか。
ただ、もしこの当て推量が正しくとも、当日にA店でβファンドを取引した顧客が丙ただ一人の場合は調整できませんし、とある販社の顧客全員10万人が同日に500円ずつ積立を行うも他の取引が生じない場合(ただの嫌がらせですね)に公平な配分が難しい気がします。

結い2101は端数を切り上げて、投資家に損はないようにしていると結いだよりに書いていましたよ。ただ会社ごとに違うとも書いていました。

まねきうさぎさん

>ほとんどの端数処理を顧客間の口数配分で調整してしまい、
>どうしても調整できない部分のみ販社側か顧客側が泣くという処理も考えられます。

確認したわけではないですが、それをやると同じ条件なのに口座によって損得の差が出てしまって「顧客を平等に取り扱う」という原則に反するので、まずないと思います。
(株式などの比例配分のように、ランダムに振り分けるしかない処理もあるので「ありえない」と断言はできません)

>基準価額は「表示は1万口当たりに換算した価額で行われます。」とありますから、小数点以下もあるのではと思うのですが。

「基準価額は一万口あたりの金額で表示」は表記を円単位にするためのもので、逆に言えば一口あたりの基準価額は少数以下4桁までしかないことを保証することになります。それ以下の端数処理は運用会社や受託会社(信託銀行)の責任で調整します。
そして今焦点になっている購入者と販売会社との間のやりとりでは、購入金額や解約金額などはもちろん円単位、取り扱う口数も整数でしか扱えませんが、その途中の計算ではもちろん小数点以下の数が出てきます。
もしも保有口数が整数でなければ誤差はもっと小さくできますが、そこはもうルールとして決まっています。

口数指定でも単位が小さければ一円未満の端数は出るし、金額指定でも端数処理は必要ですが、定期定額購入の場合は同じ日に多くの客が切りのいい金額で購入することになるため、切上げor切捨ての方向が揃いやすくなります。
それでも1万円は切捨てだけど2万円だと切上げなどということも十分ありうるのである程度は相殺されてます。

ある月だけを見れば販売会社にとっては「端数処理でトータルだと○万円プラス」「端数処理で○万円持ち出し」ということは割と頻繁に起こっているでしょう。
それでも毎月のようにそれが起これば、プラスかマイナスかは四捨五入で処理すれば五分五分の確率なので、長い目で見ればゼロに近い数字に収まります。
客から見ても「500円購入だと最大で0.1%の損得が発生する(四捨五入の場合)」というのはその一回だけに注目した場合には事実ですが、毎月それを繰り返していれば誤差が累積することはそうそうなくて、ゼロに近い誤差に収束します。
「一回のやりとり」だけを見て損得を考えると誤解しやすいので注意。

「計算してみたら1銭足りないだけなのに切り捨てられていた」だったら問題ですが、四捨五入ならまあ妥当でそれより有利に切り上げ処理が行われていたら「大した違いにはならないけど販売会社が身銭を切ってくれている」と好意的に解釈した方がよさそうです。

あと、今は購入時の端数処理の話題になってますが、金額指定で解約するときや一万口未満の端数のある口数指定での解約、分配金の支払いなどでも端数処理は関わってきます。
定額購入してると保有口数も一万口以下の半端な口数になっているので、当然これらも影響しますよ。

SBIの場合

時々の訪問ですが、大変勉強させていただいております。はじめてお役に立てるかもと思い、コメントさせていただきました。

私はマネックスとSBIを利用していますが、あるときたまたまマネックスとSBIで同じ日に同じ額注文しても違いがあることに気づき、SBIに問い合わせたことがあります。そのときの回答は、おおよそ下記のとおりでした。(原文が残っていないのでうろ覚えです)
1.切り上げた口数に基準価格をかける。
2.その値の小数点以下を四捨五入した際に、注文金額と同額であれば、切り上げた口数で確定。
3.上回れば、切り捨てた口数に基準価格をかける。
4.その値の小数点以下を四捨五入(切り上げだったかも)際に、注文金額を下回れば、切り上げた口数で確定。注文金額と同額であれば、切り捨てた口数で確定。

したがって、SBIは単純な四捨五入よりも若干率が良いものと思われます。ちなみに、マネックスには問い合わせていませんが、こちらは経験上常に切り上げのようです。

で合理的な対応ではないのですが、基準価格が高く注文金額が少ないSTAM新興国株式だけは、なんとなくマネックスで積立を続けています。

皆さまありがとうございます

≫皆さま

数々の貴重な情報提供、ありがとうございます。
カブコムの「ワンコイン積立」に関しては、

・カブコムで実際に1円が返金されてきた例がある
・カブコムで定額積み立てで、全回(200回以上)口数端数は切り上げだった例がある

といった情報が寄せられました。
このあたりは私がオペレーターさんに聞いた話と概ね整合的です。
それから、

・端数処理は金融機関によって違う

ようですね。

・切り上げ
・四捨五入
・三捨四入

という情報が寄せられました。
また、理論上のお話だと思いますが、

・「500円購入だと最大で0.1%の損得が発生する(四捨五入の場合)」というのはその一回だけに注目した場合には事実ですが、毎月それを繰り返していれば誤差が累積することはそうそうなくて、ゼロに近い誤差に収束する

とのご意見も寄せられました。

また、途中経過のご報告ですが、幸いなことにツイッターでカブコムの臼田氏が調べて教えてくれると仰っています。
まだどうなるか分かりませんが、何か進展があればまたブログでご報告したいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>アルビレオ さん
詳細に解説してくださってありがとうございます。
基本的に
>好意的に解釈した方がよさそうです
とのご意見に大賛成です。
また、端数処理についてはどのような方式であろうとも、1万円単位では無視し得る割合ですし、500円単位だと影響が大きいとしても口座引き落としから自動買い付けまで追加手数料無しの大サービスなのですから、気にしないのが実益上、精神衛生上、より良いのでしょうね。

カブコムは口数切り上げ計算みたいです。
個人的に不利に計算されたことはありません。

切り上げでした

電子交付の買付報告書で計算してみましたが、pinさんのコメントの通り、切り上げでした。
ありがたいですね。

どうも初めまして。一応金融関係のシステム屋の端くれで働いている者です。

ここで上げられている証券会社の処理がどうなっているかはわかりませんが、金額を扱うようなシステムでは五捨五入や銀行丸めと呼ばれる端数処理が行われるのが定石となります。

詳しい計算はWikiなどに任せるとして(^^;
例えば、四捨五入では12.5と13.5を四捨五入して足した場合、13+14=27となり1の誤差が出ますが、五捨五入では12+14=26となり誤差がなくなります。
上記の例はかなり簡便化してありますが、四捨五入ではプラス方向にバイアスがかかるので金融関係ではまず使わないかと思います。

とは言っても、この辺の端数の処理は特に法律があるわけでもなく最終的には各企業の判断となるので、商社の財務システムレベルなら切捨て、切り上げ、四捨五入、はたまた得意先によって端数処理を変えたりと何でもゴザレではあるんですが。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)