『完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門』(岡村聡著)はインデックスとアクティブの橋渡し的存在

『完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門』(岡村聡著)を読みました。

本書の大半はスタンダードなインデックス投資本なのですが、本書の見どころは、初級編のインデックス投資のその先にあります。

完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門
岡村 聡

東洋経済新報社 2012-03-09

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


中級編に、アノマリーを利用したインデックスを上回る戦略、上級編に、ショートを含めた絶対収益を狙う戦略が書かれています。
特に、中級編では、インデックス投資をやっている投資家が、最初にアクティブ運用をやってみようとする時におすすめの戦略が書かれており注目です。

インデックス投資の次のステップといえば、「株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル著)のD-I-V戦略が有名ですが、本書のおすすめはそこまで小難しい感じではなく、もっと「お手軽なアクティブ運用」とでも言うべきものでしょうか。

世の本には、インデックス投資本はアクティブ運用を叩き、アクティブ投資本はインデックス運用を叩くものが多い中、その間の「橋渡し」的な情報が珍しいと思います。

ただし、中級編・上級編の情報は、初級編のインデックス投資の説明に比べて、どうしても論理性が弱くなります。
正直、私には信用できる部分と信用出来ない部分があります(特に上級編)。
「うまく投資タイミングを図る」と言った瞬間に、読者が実践した時の再現性はガクンと落ちます。

もし、上級編の投資法を実践しようとする際には、この本をガイドとして、その筋の専門書を読まれることをおすすめします。本書はあくまでも「超」入門なのですから。

本書に向いているかたは、これから投資を始めようという初心者と、それに加えて、バンガードでも推奨している「コア&サテライト戦略」(コア部分でインデックス投資を行ない、少額のサテライト部分でアクティブ運用をしてアップショットを狙う戦略)のサテライト部分を探しているかただと思います。

(あ、そういえば私もサテライト部分の商品を探していたんだったっけ…)

関連記事


  





コメント

チャレンジしてステップアップ?

海外の割安株投資やヘッジファンドの利用法ってどんだけサービスのいい「超」入門なんだ。
少し気になるのが、最近読んだ他の本でも、
1.インデックスファンドの積立で「基礎を固める」
2.アクティブ型の投信に「チャレンジ」
3.投資信託以外の商品に「チャレンジ」
といった風な感じの様な形で「ステップアップ」していけば、という論旨になっていて、何だかカルチャーセンターみたいですが、インデックスファンドが初級でアクティブ投信や個別株は中級、信用取引・商品取引なら上級に上がる?
リスクの大きさを「上達度」に併せるとそうかも知れませんが、リスクの許容度を決めるのは、投資家の(家族の)経済状況と能力・性格に拠るものだと思うのです。
まるで習い事であるかのように初級から始めて、中級、上級と順順に次の段階にチャレンジしてステップアップしなければ、という思考に誘導されているようで違和感があります(ここを読んでいるような人は心配無用でしょうが)。

まず、まねきうさぎさんは本書を読まれましたか?
もし読んでいないなら、読んでもいない本の内容を貶すのはいかがなものかと思います。

記事にも書いたとおり、本書の大半はスタンダードなインデックス投資の優位性について書かれています。
そして、読者がもしプラスアルファを望むならば、資産の10%程度でその他の投資法に挑戦することもできるよと書かれているだけです。必ずそうしろとも書かれていません。

次に、まねきうさぎさんが「最近読んだ本」と本書は別のものですので、本書ではない本に対する感想をこのコメント欄で述べられても困ります。

最後に、「狂信的なインデックス主義者」と言われないためのアドバイスがありますので、ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1658.html

>水瀬さま
この記事でご紹介を受けて本屋でチラ読みした程度で、最近読んだ本に影響されてしまい筆を誤りました。
牽強付会が過ぎたようで、前回送信したものと併せてお詫びします。
最近おかしなことを書いては謝ってばかりで忸怩としており、気を付けたいと思います。

「狂信的な~ は私の大好きな記事のうちの一つだったので、そういう印象を与えるコメントを書いてしまったことは、かなり情けないです。

気になったので読んでみました。

全体を簡潔にまとまっていていろいろ投資本を読んだ方からすると、最新のサマリーになっていて情報を整理出来て良いですね。

私の場合は、中級編が興味の対象でしたが、今後のアクティブ運用のヒントになりました。

タイトルに「超入門」とありますので、ここから入って様々な投資本と出会って欲しいと思いますね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)