日経新聞に掲載されました

水瀬ケンイチ

本日2012年3月28日の日経新聞朝刊に、ちょこっと掲載されました。



掲載されたのは21面マネー&インベストメント欄です。
といっても投資の話ではなく、新社会人に向けた貯金についてです。


取材の依頼が来た時に、「投資を始める前の時の話になりますがいいんですか?」とお聞きしたところ、「それでいい」とのことだったのでお受けしました。

財形貯蓄を使った貯金継続の経験について話しています。

記事だけ見ると、新社会人の頃から計画的にしっかりマネー管理をしていたかのような印象を持たれるかもしれませんが、実際は違います。

当時は、毎月定額を給料天引きにしてしまえば、残りのお金はすべて使っても構わない、というテキトーな管理(管理とも言えない…)しかしておらず、実際はお金のことはあまり考えずに、海に山に酒にと遊び回っていました。

継続できたのは、単に勤務先の財形解約処理に上司の判子が必要で、面倒くさかったからというだけのことです。

でも、今になって振り返ってみると、あの時やっておいてよかったと思える、私の人生における数少ない成功事例ではあります。

新社会人の皆さまの、なにかのご参考になれば幸いです。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ