日経新聞に掲載されました

本日2012年3月28日の日経新聞朝刊に、ちょこっと掲載されました。



掲載されたのは21面マネー&インベストメント欄です。
といっても投資の話ではなく、新社会人に向けた貯金についてです。
取材の依頼が来た時に、「投資を始める前の時の話になりますがいいんですか?」とお聞きしたところ、「それでいい」とのことだったのでお受けしました。

財形貯蓄を使った貯金継続の経験について話しています。

記事だけ見ると、新社会人の頃から計画的にしっかりマネー管理をしていたかのような印象を持たれるかもしれませんが、実際は違います。

当時は、毎月定額を給料天引きにしてしまえば、残りのお金はすべて使っても構わない、というテキトーな管理(管理とも言えない…)しかしておらず、実際はお金のことはあまり考えずに、海に山に酒にと遊び回っていました。

継続できたのは、単に勤務先の財形解約処理に上司の判子が必要で、面倒くさかったからというだけのことです。

でも、今になって振り返ってみると、あの時やっておいてよかったと思える、私の人生における数少ない成功事例ではあります。

新社会人の皆さまの、なにかのご参考になれば幸いです。
関連記事


  





コメント

今日3/28の日経平均・TOPIX値とインデックスファンドのずれの原因は?

すみません。
記事に関係ないコメント厳禁とは知っているのですが今日しか指摘できない疑問が・・・
今日の日経平均は0.7%程、TOPIXは0.9%程のマイナスですが、それぞれのインデックスファンドてあるSTAM,eMAXIS両シリーズの該当ファンドはどちらも0.1%強のプラスになっていますが何故ですか?
投資初心者で簡単な質問かもしれませんが、教えて頂けると嬉しいです。
たまにインデックスが連動しない日があるようで気になっていました。

>眠り犬さん
そういった場合、ブログ下部に連絡フォームがあるのでそちらを利用されるのがよいかと思います・・・

記事と関係ない話題を続けて恐縮ですが、yahooファイナンス等でTOPIXとファンドを数年分比較されれば答えが分かると思います。
毎年2つの時期で似たような乖離が生じていませんか?
そのとき株式市場でどんなイベントがありますか?


※当レス後半は、水瀬さんから眠り犬さんへの文章リアクションを確認後に修正削除いたします。

失礼しました。

連絡フォーム!
そういうものがあったのですね。大変失礼致しました。
ちなみに、どんなイベントなのかはわかりませんが、別の機会でかまいません。
今後気をつけます。

行動経済学的に二重丸ですね

水瀬さん、何かメディア露出進んでません?
財形貯蓄の有用性は不思議なほどに、ほとんど万人が認めるところですね。
特に若者にとっては、合理性に富むうえに行動経済学的にも二重丸なところが特に優れている気がします。

>眠り犬さん
とりあえず、「権利落ち」と「未収配当金」でググってみては。

≫今日の日経平均は0.7%程、TOPIXは0.9%程のマイナスですが、それぞれのインデックスファンドてあるSTAM,eMAXIS両シリーズの該当ファンドはどちらも0.1%強のプラスになっていますが何故ですか?

まず、インデックスファンドにはトラッキングエラーが僅かながらあるものです。
一般的に、トラッキングエラーの評価は運用報告書で1年分まとめて見ますが、実際は時期によってエラーが大きくなったり小さくなったりしているようです。

次に、その日は3月決算企業の配当落ち日です。
TOPIX(一般的には配当抜き)は配当落ちで下落しますが、ファンドは配当をそのまま受け取ることになるので、逆に理論値は上昇します。

最後に、いただいたご質問は証券会社か運用会社に聞くべき質問です。
個別のファンドの運用についての質問は、うちのブログなんかで関連記事が出るのを待ったりせずに、どんどん運用会社か証券会社に質問してあげてください。よろこんで教えてくれると思います。


≫※当レス後半は、水瀬さんから眠り犬さんへの文章リアクションを確認後に修正削除いたします。

フォローありがとうございます。
コメントはそのままでOKですよ。


≫財形貯蓄の有用性は不思議なほどに、ほとんど万人が認めるところですね。
≫特に若者にとっては、合理性に富むうえに行動経済学的にも二重丸なところが特に優れている気がします。

行動経済学的にもよかったのか~。
有名なメリットとして住宅財形と年金財形は550万円まで利子が非課税ということと、あと会社によっては財形貯蓄に会社から補助金が付いたりするところもあるようです。
有利な制度は使い倒したいですね。

お礼まで

水瀬さん
ありがとうございました。解りやすく記載頂けたので理解できましたし、何より「運用会社に聞く」という姿勢が大切だと気付きました。(考えもしてなかった。)

確かに電化製品だったら、わからなければメーカーに割と簡単に聞けますね。

自分の中で勝手に「こんな事も知らないで投資してるのかって思われると恥ずかしい」とか「何かセールスされそうで」とか心の壁を作ってはいけませんよね。(そういえば証券会社と運用会社って別物だった!)
財形貯蓄だけの時点から踏み出したばかりですが、初心者という事に甘えず、そしてビビらず知識・経験を増やしていこうと思います。

おかげさまでスッキリしました。ありがとうございました。

≫眠り犬さん

いえいえ、お役に立てたのなら幸いです。
ただ 眠り犬さんとの一連のやり取りは、本ブログ記事の財形貯蓄の話とまったく関係がないため、後日Googleなどで、「財形貯蓄」あるいは「配当落ち」などのキーワードで検索してこのページに辿り着いたかたは、混乱してしまうでしょう。
だから、記事内容に関係のないコメントはご遠慮いただいております。ご協力よろしくお願いいたします。

>水瀬さん
>≫※当レス後半は、水瀬さんから眠り犬さんへの文章リアクションを確認後に修正削除いたします。
>
>フォローありがとうございます。
>コメントはそのままでOKですよ。

恐縮です。
せっかくですので記事の話題を。

わたしは入社時、財形貯蓄・確定拠出年金を一度検討したのですが、結局手続きをとりませんでした。
一定期間スキルを積んだら転職を考えていたので、その際の手続きの煩雑さを嫌ってです。
最近では派遣等の充実(?)により比較的短期での就労が増えてきています。
会社を通してではなく個人でやり取りの出来る積み立てでないと、今後も普及しづらいというか、個人的には使いにくいなと感じます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)