三菱UFJ投信 第5回ブロガーミーティングに参加

水瀬ケンイチ

先日、eMAXISシリーズでおなじみの三菱UFJ投信の「第5回ブロガーミーティング」に参加してきました。

今回は、会場にネット中継機材が入り、チャットでの参加者もいました。
会場のスクリーンではよく見えなかったのですが、知った名前だと、米国のかたや北海道のかたも参加していました。おもしろい試みですね!

さて、気になる内容ですが……



前半はeMAXISの取り組みと運用報告がありました。
公式ブログやツイッターを開始、eMAXISバランス(8資産均等型/波乗り型)を出したということとや、ETFの「MAXISトピックスリスクコントロール」のバックデータの紹介等がありました。
それから、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011」で3位だったことが本気で悔しがっていました。

運用では、スケールメリットを活かしてコストを抑制してきていることが報告されました。
以前話題になった新興国株式クラスでは、信託報酬以外のいわゆる「隠れコスト」がだんだんと縮小していました。
また、バランスファンドの開発における課題は売買コスト、マザーファンドに与える影響であったこと、リバランスは必ず月末にやるのが良いのかという問いの代替案として、波乗り型(毎日リバランス)ができたことなどが報告されました。

後半は、ディスカッションでした。
まず最初に私から、「STAMがCMAMとの合併とともに信託報酬を下げてきた。eMAXISも追随するのか?」と思い切って聞いてみました。答えは、
「アワードを見ると各アセットクラスのコスト最安ファンドが選ばれていると認識しているが、現段階ではハッキリ申し上げられない」
とのこと。う~ん、特ダネならず。

他にも、三菱UFJ投信のかたも交えて参加者みんなで、「どのくらいの損失を怖いと感じるか?」「投資を始めるキッカケは?」「どうしたら投資信託をもっと利用してもらえるか?」等についてディスカッションをしました。
いろいろな意見が出ていました。
投資をまだ始めていないかたもいて、自分が忘れている初心者の気持ちを思い出しながら、話をお聞きしていました。

いろいろと議論が拡散して、なにか結論が出たわけではありませんが、個人的にはポイントとなるキーワードはいくつか出ていたように思います。
それらを活用するもしないも、三菱UFJ投信さん次第だと思います。

三菱UFJ投信さんは、ブロガーミーティングの会を重ねるごとに、いつもの投信ブロガーだけでなく、投資初心者や未経験者もメンバーに迎え、更には東京在住者だけでなく遠方のかたにも門戸を広げはじめています。
こういう個人投資家と直接コミュニケーションを取ろうとする取り組みは、運用会社としては珍しいと思います。
もしなにかのお役に立てたのなら幸いです。

photo_20120329.jpg
(こんな手作り冊子も…^^)

P.S
インデックスファンドのファンドマネージャーさんとお話する機会は滅多にないので、ここぞとばかりに普段から疑問に思っていることを聞いてきました。このブログでも還元していきたいと思います。

<追記> 2012/03/30
ブロガーミーティング当日の資料がWEBサイトにアップされていました。ご興味があればどうぞ。
http://maxis.muam.jp/e/topics/pdf/20120329.pdf
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ