国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離」をチェック(2012年3月末時点)

個人投資家の期待を集めながらも、基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETF。
海外資産クラスの主要ETFの「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)・「MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信」(1550)の乖離率を、2012年3月末時点でチェックしてみます。

以下が、「国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率」の推移を表したグラフです。

photo20120402.jpg

先月よりも、乖離率は縮小しました。
特に、1680は +0.08%と ほぼプラスマイナス0%付近、1550は -0.05%と初のディスカウント圏です。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、出来高不足とか、先物中心の運用では裁定が働きにくいとか、マーケットメーカーの意向が関係するとか、原資産が海外資産Fの場合は、原資産と為替の価格評価時点のズレがあるために乖離率はどうしても発生するとか、様々な要因があると言われており、どうもそれが複雑に絡み合っているようです。
乖離率のうちどの要因がどれだけプレミアム(ディスカウント)要因になっているのか個人投資家側では判断がつきません。

しかし、複雑な要因により乖離があることは許容したとしても、それが常にプラス圏(プレミアム状態)で推移し続けているというのは何かがおかしい。個人投資家にとって、不利益になる大きな何かがあると考えていいと思います。
ごくシンプルに考えれば、いろいろあって乖離はするものの、0%を挟んでプラス・マイナスに少し乖離しては戻るというような状態になってくれるといいと思います。
2012年3月末の1680や1550みたいな感じですかね。

そして、それが「継続」してくれることを期待します。
なぜ、継続しないといけないのかというと、ETFを買う時だけでなく、将来売る時も適正価格でなければ、せっかくの低コストが無駄になってしまう可能性があるからです。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、低コストを志向する個人投資家にとって重要なポイントだと思います。
全体的な傾向としては、乖離水準は縮小してきているように見えますが、今後も定期的にチェックしていきたいと思います。

関連記事


  





コメント

外国源泉税(見えない場合もある)にも注意

国内ETFは高いポテンシャルはありますが、上記の価格のかい離の他に外国源泉税(必ずしも目に見えるとは限りません)が高くなるケースが多い為、真の低コストを実現する事が難しい現状にあります。
価格のかい離の問題は、一時期に比べて良くなってきていると思いますが、税金の問題は個別で調べてみる必要がある為、結構、面倒です。
外国源泉税問題に対応する為に先物を使った運用で注目された1680、1681のかい離が随分と少なくなったと思います。
後は継続ですね。

1552なんかを見ると納得できるかと思いますが、
乖離があると発行元が無限発行して鞘取りするみたいですね。
胴元が参加しているのでマイナスには振れないと思います。

ETFのプレミアは個人投資家には頭の痛い問題ですね。
売却時にもプレミアがそのままだと問題ないんですけど。

ETFによっては流動性と需給問題が大きい気がしますし、ETFにはもう少しスポットを当てて欲しいです。

≫外国源泉税問題に対応する為に先物を使った運用で注目された1680、1681のかい離が随分と少なくなったと思います

個人的にいろいろ調べた結果、インデックスファンド、海外ETF(米国ETF)、国内ETF(先物利用)の3つでは、国内ETF(先物利用)がいちばん課税効率がよいはずです。
乖離が小さくなるのは大歓迎ですね。


≫1552なんかを見ると納得できるかと思いますが、 乖離があると発行元が無限発行して鞘取りするみたいですね。

そうなんですか。
私が1552を見ても、発行元の鞘取りとは判断できません…。


≫ETFのプレミアは個人投資家には頭の痛い問題ですね。
≫売却時にもプレミアがそのままだと問題ないんですけど。

そうですね。
でも、現実にここ1~2年でプレミアムは縮小傾向にあります。
今後どうなるかはウォッチしていくつもりですが、人によっては20~30年後の売却時にもプレミアム状態を期待するのは厳しい気がしますね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)