ズバリ、信託財産留保額はあった方がいいのか?ない方がいいのか?

水瀬ケンイチ

読者さんから、インデックスファンドの信託財産留保額について、ご質問をお受けしました。

「SMTが信託報酬をCMAMにあわせるとのことですが、信託財産留保には差があります。例えば、日本債券インデックスe では0%ですが、SMT 国内債券インデックス・オープンでは0.05%です。
ファンドを選択するときにはには色んな要素があると思いますが、コスト面からいうと、やはりこれもないほうがいいのですか?」

正直に言って、今まで突っ込んだ話は避けてきた面があるのですが、真っ向から質問されたので、個人的な考えをお答えします。
一般的な回答と、一般的ではない回答をしたいと思います。



まず、一般的な回答から。

信託財産留保額とは、ファンドの追加設定や解約によってファンドに組み入れる有価証券等の購入や売却費用について、投資家間の公平性を図るため、投資家から徴収する金額のことです。
徴収された額は信託財産内に留保され、基準価額等に反映されます。
日本証券業協会WEBサイトより抜粋)

コストとは言っても、信託財産留保額は金融機関側に取られる手数料ではなく、投資家側の信託財産に留保されるお金なので、投資家共有のお金になります。
そして、上記のようにファンドへの毎日の資金流出入(出・入の両方とも)にともなう売買費用等に充てられます。

逆に、信託財産留保額がないファンドは、ファンドへの毎日の資金流出入にともなう売買費用等を、投資家全員で負担しなければなりません。
なので、ファンドを古くから保有している投資家は、後から入ってきたり出て行ったりする投資家の売買費用分を、ずっと負担し続けることになります。

以上のことから、ファンドを長期保有する投資家からすると、信託財産留保額はまああった方がよいだろうと思います。

※なお、ファミリーファンド方式のファンドの場合は、私たちが投資するベビーファンドだけでなく、マザーファンドの信託財産留保額も見た方がよいと思います。


で、ここからは教科書には載っていない、一般的ではない回答も。

インデックスファンドを長期保有する投資家はそれでいいのですが、例えば、インデックスファンドからETF等に「リレー投資」する投資家の場合はどうでしょうか(私が該当)。

ETF等に乗り換えるため、最初からある程度の期間でインデックスファンドを売却することが見えている形になります。
有り体に言えば、「さっと買ってさっと売る」場合です。
その場合は、信託財産留保額がないファンドの方が、その投資家にとって都合がよかったりします。
なぜなら、保有期間が短いので他の保有者の売買費用等をあまり負担することなく、自分の売買費用は他の保有者に転嫁できることになるからです。
他の保有者にとっては迷惑な話なのですが…。

とはいえ、ファンド内の売買は、投資家一人ひとりの売買に対していちいち行われるのではなく、全投資家の資金流出入を合算して行われます。
なので、「さっと買ってさっと売る」投資家の売買が即、他の保有者の迷惑になるわけではないとも言えます。
個人のリレー投資分など、ファンド全体の資金流出入にかき消されてしまうでしょう。

また、最近は、インデックスファンドの信託報酬水準が下がってきており、ETF等へリレー投資をするかたは減ってきているように見受けられます。
今やレアケースになろうかと思いますが、投資手法によっては、信託財産留保額がないファンドの方がよい場合もあるということは、知っておいてもよいかもしれません。

以上、インデックスファンドの信託財産留保額についての個人的な考えでした。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ