マネックス証券が今年度中に米国ETFをほぼ全て取り扱えるように!?しかも特定口座対応まで?

水瀬ケンイチ

読者の宮さんから、ビッグニュースが寄せられました。

今日、マネックス証券の投資家向け決算説明会があり、その中で、「今期(来年3月まで)中に米国株の現物・ETFのほぼ全てを取り扱えるようにしていく」との話があったようです。

米国ETFのほぼ全てですって!? ( ゚∀゚ )

もし本当ならば、今まで投資したくてもできなかった、ETF先進国アメリカの多彩なETFに投資できるようになるはずです。

例えば、米国バンガードの超低コストなバリュー系ETF(VBR・VTVなど)が買えるようになるかもしれません。
個人的には、MSCI EAFE連動のVEA(日本で買えるEFAよりコスト格安)がほしい!
また、「株式投資の未来」「株式投資」でおなじみのジェレミー・シーゲル氏がアドバイザーになって設立したWisdomTreeの高配当ETFなども買えるようになるのかもしれません。「シーゲル派」歓喜!?

しかも……



情報によると、「特定口座対応は“出来れば”そこに間に合わせたい」とのこと。

特定口座対応ですって!? ( ゚∀゚ )

もしこれが実現したら、苦節数年待ちに待った、ネット証券初の米国株特定口座対応になります。
海外ETF投資の最大のネックであった税務処理の手間が、特定口座対応で解消されます。しかも、リタイア後のかたや自営業のかたなどが、海外ETFの売却益により健康保険料まで上がってしまう問題も解消です。

まぁこちらは「出来れば」とのことなので、出来ないかもしれませんが。
それでも、ずっと要望し続けてきてもう何年も実現しなかったサービスなので、公の場で、時期的な目処の情報が出てくること自体がうれしいことです。
この件に関しては、楽天証券が「やるやる詐欺」を繰り返しているので、マネックス証券のヤル気が伝播するといいのですが、さて、どうなることでしょう。

なお、本情報は読者のかたから寄せられたものであり、私自身が投資家向け決算説明会で確認したわけではありません。
公開されていた決算説明会資料で確認したところ、「米国株サービスで国内No.1を目指す」という記述はありましたが、該当情報は直接は記載されていないようです。
情報のご活用は自己責任でお願いします。

それにしても、マネックス証券さん、急にヤル気出してきましたね。
ぜひ、実現に向けて頑張ってください!!

<追記> 2012/04/27 0:15
宮さんからの続報によると、「米国ETFについては、MONEX GLOBAL VISIONの中の1つで松本社長が複数回やりますと口頭で言っていましたので間違いないです」「松本社長もかなり自信有り気で『他社が追随出来ない強烈なサービス』とも言っておりました」とのことです。間違いなさそうですね。

一方、「特定口座については質疑の中での回答でした。なんとか間に合わせたいという回答でしたのでこちらは微妙でしょうか」とのことです。マネックスは既に、中国株・ETFについては特定口座対応済みなので、個人的には期待しています。


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(無料)。
マネックス証券
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ