ウォール・ストリート・ジャーナル日本版に梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが掲載されました

水瀬ケンイチ

先ほど島田知保さんのツイートを見て知ったのですが、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版に、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーが掲載されました。

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
2012/6/28 ETF販売が堅調-専門ブロガーや投資家の意見吸い上げ商品化

上記記事に、相互リンクブロガーのrennyさんとともにブログ名が出ていて驚きました。
たいへん光栄なことですが、過分な評価に恐縮至極であります。



ただ、国内ETFについて「専門ブログの開設が市場の拡大に寄与している」というのは、過大評価かもしれません。

たしかに、個人の資産運用のメインになるようなスタンダードなETF(先進国株式・新興国株式など)の設定や、市場価格と基準価額の乖離縮小などについて、当ブログでも繰り返し求めてきましたが、それで市場が拡大したとまではとても言えません。

やはり、運用会社が投資家ニーズに基づいた商品ラインナップを提供してくれたことや、不透明な市場環境のもと分散効果が効いたETF自体の人気が高まったこと、そしておそらくいちばん大きいのは、記事にもあるように金融緩和策の一環で日銀が行なっているETF買取で市場が拡大したのだと思います。

まぁ、まだまだ認知度が低い国内ETFですので、当ブログが少しでも話題を振りまくことができたのであれば、それだけでよかったなと思います。
今後も、国内ETF市場の動向はウォッチしていき、ブログ記事で取り上げていきたいと考えております。


P.S 水瀬のうろたえっぷり

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ