ジョインベスト証券の続報に思うこと

水瀬ケンイチ

ベールに包まれていたジョインベスト証券の情報が徐々に明らかになってきました。
ニュース自体は既にいろいろなところで取り上げられていますので、個人的な感想を書きたいと思います。

■トピックス1 手数料
ジョインベスト証券の手数料が明らかになりました。
https://www.joinvest.jp/commission/popup.html

安っっ

でも、まだEトレから乗り換える気は起きません。
今までも、売買手数料の安さだけだったらセンチュリー証券等もっと安いところがありました。
インデックス投資家の自分としては、今後取り扱い開始になる、投資信託の品揃えが気になります。そして、それより何より、例のアレ、よろしくお願いします!!

■トピックス2 ムービー
ウェブサイトご紹介ムービーが見られます。
https://www.joinvest.jp/movie/popup.html

うわ、80年代バブルのかほりっ

バブル世代の企業PR映像を感じさせる紹介ムービーに、老舗証券会社を感じてしまいました。ジョインベストなんて名前を付けても、PUFFYをキャラクターに使っても、やはりあの会社は良くも悪くも“野村”です。

■トピックス3 経営メッセージ(これは前からあったかも)
より多くの人に、もっと投資の楽しさを。
私たちジョインベスト証券は、これまで投資の経験がない方から、投資のエキスパートまで、お客様のニーズに合わせたサービスを提供し、資産を有効に活用する「楽しさ」を演出していきます。
また、誰もが立ち寄れるお金の「コア・ステーション」を目指して、株式をはじめとする多彩な商品・サービスを展開していきます。
私たちは、「フリー、オープン、エンジョイ」を合言葉に、自由なベンチャー精神のもと、新たなビジネスの可能性を追求し、常に挑戦し続けていきます。

嘘くさっ

暴言失礼。でも、直感的にそう思ってしまいました。
何故にこんなに厳しい感想が沸き起こって来るのか、自分でも不思議でしたが、その理由がわかりました。
それは、過去に野村が作った「野村ファンドネット証券」という投資信託専門会社のことが頭のどこかに残っているからだと思います。


この会社は、正直素晴らしかったです。
低コストのインデックスファンドをはじめ、投資信託の品揃えは国内最高レベルでした。また、コールセンターにも力をいれていて「いつでも相談できる」というのも売りにしていたと思います。
マネー誌等に、長期投資を啓発する広告展開も積極的にしていました。
そして、たくさんの個人投資家が、長期投資を目指して口座を作ったものです。(僕もそのひとりでした)

ところが、この会社、ある日突然なくなってしまいました。
まだ会社ができて何年も経っていないのに。まさに、青天の霹靂という感じでした。
会社からはたいした説明もありませんでしたが、野村證券に口座を移すか?みたいな文書は来たと記憶しています。
しかし、口座を移したとしても、野村ファンドネット証券で取り扱っていた投資信託のほとんどは、もう新規購入できなくなってしまいました。
「ドルコスト平均法が有効です」なんてインフォマーシャルをバンバン打っていたのに、その成果も出ないうちから、継続することすらできなくなってしまったのです。

長期投資を妨げる要因には、株式市場の暴落、投機への誘惑、生活資金の逼迫等があることは各種投資本にも書いてありましたが、それに加えて、「永続性のない金融機関との取引」というのもあるんだなと、その時僕は思い知らされました。

いつまでも昔のことに拘っていたのでは、前に進めなくなってしまいますが、ファンドネットで野村に裏切られた個人投資家にとって、ジョインベスト証券は、若干マイナス位置からのスタートになるのは、やむを得ないことなのではないでしょうか。

今度はしっかり!ジョインベストさん。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ