下町から世界を見つめる

水瀬ケンイチ

僕の住んでる街は、小さな町工場の多い下町です。
向かいのアパートでは、おばあちゃんが干した布団を叩いてます。近所の公園では、都会ズレしていない素朴な子供たちが元気に遊んでます。路地裏には今日も野良猫がうろついてます。

そんな街から、遠く海の向こうのアメリカ、中国、東南アジア、ロシア・東欧諸国等に海外投資をしています。
インターネットを使えば、自分のお金を簡単に世界中に投資することが出来ます。ネット万歳!

でも、たしかにネットは便利で素晴らしいものなんですが、ひとつ困ったこともあります。PCモニターに映るのは、単なる数字の羅列です。なんかこう、海外に投資しているという手応えがないというか、実感が湧かないのです。
それだと、例えばファンドが値を下げた時に、事態を数字でしか把握できないので、どうしても、『数字が下がる→売らなきゃ!』という単純思考に陥りがちです。
数字の向こうあるはずの、外国の歴史、経済、会社、従業員たちのことがイメージできないのです。

そこで……
photo_worldmap.jpg

バーン!!世界地図!!
机の前の壁に貼り付けました。ちなみに、近所の100円ショップで購入しました。
安っぽいと侮るなかれ、PCモニターから視線を上げて、世界地図を見つめていると、
「アメリカってでっかいなぁ、安心」
「この広いロシアの大地の下には大量の資源が埋まっている」
「日本のすぐ隣に13億の人口を持つ市場が広がっている」
と、視覚から各国の実感が湧いてきて、必要以上に不安にならずに済むんです。
また、全世界を一覧しながらビールなんか飲んだ日にゃ、世界を手にしたような壮大な気分になって、こんな下町にいながら、気分はまさにグローバル投資家(笑)。

海外投資をされている個人投資家の皆さまには、ぜひオススメです。
なんたって、たった100円ですから。

関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ