いつの間にか楽天証券に高利回りの米ドルMMFが増えていた件

「そろそろ海外ETFの分配金の米ドルが入金される頃かなぁ」などと思い楽天証券にログインしてみたところ、米ドルMMFの種類が増えていたことに気づきました。
1ヶ月以上前の情報なので今更ですが…(;´∀`)

楽天証券 お知らせ
日興USドル建てMMF取扱開始のお知らせ

楽天証券には今まで「GS米ドルMMF」しかありませんでした。
このGS米ドルMMFにはずっとお世話になっていましたが、リーマン・ショック後、他と比べて利回りが「異様に」低い状態が続いていました(該当記事)。でも、世界的に債券に対する信用がぐらついていた中、その分手堅く運用しているのだろうとあまり気にしていませんでした。

ただ……
直近の年換算利回りは、0.007%です。
それに対して、今回選べるようになった日興USドルMMFは、0.161%です。GS米ドルMMFの利回りの実に20倍以上。

MMFという商品の性格上、無用な利回り競争をしてほしくはありませんが、日興以外の米ドルMMFの利回りと比較しても、GS米ドルMMFの利回りは極端に低いです。(野村 0.191%、ダイワ 0.185%、DIAM 0.135%など)
選べるのなら乗り換えた方がいいかなと判断しました。

さっそく、GS米ドルMMFの全額解約注文をしました。月曜に日興USドルMMFを購入します。もちろん米ドル決済で、円転することもないのでコストはかかりません。

米ドルMMFは、海外ETFから出される分配金(米ドル)のプール用として使っています。
海外ETFは売買手数料が安くないので、少額で取引すると「手数料負け」してしまいます。そこで、分配金は米ドルMMFにプールしておき、ある程度の金額まで貯まったら(もしくは、インデックスファンドからのリレー投資時に)、海外ETFを購入するのに使っています。

<追記> 2012/10/07 18:00
読者のかたから、楽天証券では米ドルMMFから海外ETF(米国株)を直接購入できますが、日興USドルMMFの場合は直接購入できないとの情報をTwitterでいただきました(出所:楽天証券WEBサイト)。投資をご検討されるかたはご注意ください。


<ご参考>
楽天証券は、以下から口座開設できます(無料)
楽天証券
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)