公的年金の運用がプラスでしたが、マスコミ各社は相変わらず…

a0002_003051.jpg

少し前ですが、公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2012年度7-9月期の運用が5,287億円の黒字、運用利回りがプラス0.49%になったと発表しました。

今まで、マスコミ各社は年金運用がマイナスになった時は鬼の首を取ったように大騒ぎしてきました。ちょうど1年前は3.7兆円の赤字、運用利回りマイナス3.32%でしたが、その時のマスコミの反応はこうでした。

2011/12/04 恒例のマスコミによる公的年金叩きですが、よく見ると各社で違うぞ…

各社こぞってこのニュースを取り上げています。もちろん、叩き論調です。さらには、YOMIURI ONLINEなど損失の絶対額だけを示して、運用総額や運用利回りを記載しない(金額だけだと巨額損失に見えるが、運用資産全体の利回り的には大したことがないのにそれを見せない)「悪意ある報道」をするところもありました。

今回はどうでしょうか?ネットの報道をチェックしたいと思います。
チェック項目は1年前の記事に習って、(1)損益額、(2)運用利回り or 運用総額、(3)運用開始からの通算実績、とします。

まず、1年前は比較的真摯な報道をしていた、NHKとロイターを見てみます。

・NHK (1)× (2)× (3)×
ロイター  (1)○、(2)○、(3)×

NHKさんは「報道なし」ですか。へぇ~、国民的関心事なのに、プラスの時には報道なしですか。ロイターさんは、安定のキッチリ報道です。さらに、各アセットクラスごとの損益額・運用利回りまで掲載していました。さすがです。

次に、1年前は必要最低限の報道をしていた、日経電子版、asahi.com、毎日jpを見てみます。

日経電子版 (1)○ (2)○ (3)×
asahi.com  (1)○、(2)○、(3)× ※但し、ロイター記事の転載
・毎日jp (1)× (2)× (3)×

日経電子版さんは、キッチリ報道していました。さらに、各アセットクラスごとの運用利回りを掲載していました。asahi.comさんはロイターさんの記事を転載しただけなんですね。でも事実を伝えることが重要なのでよしとしましょう。毎日jpさんはプラスの時には「報道なし」ですか、そうですか。

最後に、1年前に「悪意ある報道」をしていたYOMIURI ONLINEさんを見てみましょう。

・YOMIURI ONLINE (1)× (2)× (3)×

年金運用がマイナスの時にはいたずらに不安を煽り立てるミスリード記事を書いておきながら、プラスの時には「報道なし」ですか。そういう報道姿勢はどうなんでしょうね。

以前の記事でも書きましたが、公的年金に関しては、人口増加を前提とした制度設計であることや、年金未納問題、マクロスライド方式の未実施等、多くの問題を抱えていることは事実です。しかし一方で、資産運用については、真面目に行われており、情報公開も進んでいるというのが、運用をウォッチしている私の認識です。

年金は国民の最大級の関心事であり、マスコミ各社は不安を煽る方向だけに張り切るのではなく、良いことも悪いことも含め、きちんと「事実」を伝えてほしいと思います。


P.S
本文にも書いたとおり、ネットで公開されている範囲での情報収集なので、「新聞本紙では報道している」等の事情はあるかもしれません。だからといってネットには非掲載でよいということにはなりませんが。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)