2012年12月末のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年2回、お正月と6月末にアセットアロケーションの把握をしています。今年も計算してみました。

アセットアロケーションについて


2012年12月末のアセットアロケーション

日本株式 11.1%
先進国株式 41.2%
新興国株式 19.2%
日本債券 9.8%
外国債券 12.4%
その他 6.4%

前回(半年前)と比較して、新興国株式が3%弱大きくなった以外は、大きな変化はありません。しいて言えば、年々少しずつしぼみ続けていた日本株式がやや戻してきたなというくらいです。

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。たいしたアセットアロケーションではありませんので、これをお読みの皆さまは真似しない方がいいと思います。

主な商品構成について


■日本株式
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・日本株式インデックスe ←積み立て中
・MHAM 株式オープン

■先進国株式
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の外国株式部分
・外国株式インデックスe ←積み立て中

■新興国株式
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・eMAXIS 新興国株式インデックス ←積み立て中
・DIAM 中国関連株オープン
・アムンディ・ロシア東欧株ファンド
・タイ株SET50ETF(1559)
・マレーシア株KLCI ETF(1560)

■日本債券
・個人向け国債 変動10 ←四半期ごとに積み立て中

■外国債券
・SMT グローバル債券インデックス・オープン

※これらリスク性資産のほかに、「生活防衛資金」として生活費の2年分以上を銀行預金で確保しています。←超重要!


主な構成商品も、あまり変化がありません。運用のメインは海外ETFなので、時機を見てリレー投資をします。積み上がった各株式インデックスファンドを、海外ETFの「VT」1本にリレーしようと思っています。海外ETF1銘柄につき100万円程度をリレーの目安にしています。

コア&サテライト戦略のサテライト部分として、「タイ株SET50ETF」(1559)と「マレーシア株KLCI ETF」(1560)を加えました。昨年、国内ETFのマイナー銘柄をお試しで買ってみたものを、そのままホールドしています。売却時の流動性が若干心配ですが、少額なのでまあいいかなと思っています。


今まで同様、アセットアロケーションの把握は年2回(その際大きく変化してたらリバランス)、モニタリングと積み立て投資は月1回と、投資に手間と時間をあまりかけません。低コストな商品でよく分散されたポートフォリオを、バイ&ホールドします。

今年もあせらずゆっくり、愚直に運用を続けたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


P.S その1
上記商品は、以下のネット証券で購入しました。会社名をクリックすると口座開設(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券

P.S その2
共著で執筆した「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」の山崎元氏の推奨アセットアロケーションとは異なりますのであらかじめご了承ください。
関連記事


  





トラックバック

わたしのリタイアポートフォリオを考える(3):外国債券クラス

これまで2回にわたってリタイアポートフォリオを考えてきました。 ・わたしのリタイアポートフォリオを考える(1) ・わたしのリタイアポートフォリオを考える(2) その結果、リタイア・ポートフォリオの条件は、次のようなものを挙げました。 ・リターンに求める条件  ・インフレを上回る  ・社会保障制度改悪からの生活コスト上昇に耐える ・対処するリスク  ・日本の円安...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)