ガーラ湯沢で今シーズン初すべり。地ビールに温泉!

水瀬ケンイチ

先日、新潟のガーラ湯沢へ今シーズン初すべりにいってきました。

(投資には関係のない雑談です。ご興味がある方だけご覧ください)



DSC_0049.jpg DSC_0028.jpg DSC_0050.jpg

シーズン前に、往復の新幹線チケットとリフト券がついている格安パックツアーに申し込んでいました。この日は大晦日で、例年だとあまり雪は期待できない時期で、かつ、前日は強風のため営業休止だったので、どうなることかと気をもんでいました。でも、当日は、天気は雪、気温はマイナス2度、雪質は圧雪、積雪は200cmと、予想以上のコンディションでした。ゲレンデは樹氷ばっちりの銀世界です。

ガーラは何度か来ていますが、ゲレンデは例年よりも空いている印象。特に、ここ数年急増していた中国人・韓国人スキーヤーが少なく感じました。こんなところにも少し尖閣・竹島問題の影響があるのかもしれません。代わりに、初めてインド人スキーヤーを見ました。15人くらいの大家族で来ていて、思わず「この円高の折、よく日本に来てくださいました!」という気持ちになりました。

DSC_0058.jpg DSC_0055.jpg DSC_0044.jpg

相方は10年ぶりのNewウェア&ボードでかなりご機嫌です。私も前シーズン最後にステップインのブーツが壊れ(該当記事)、新しいブーツとビンディングで臨みました。さすが最新のギアは快適です。まだ慣れない感じがしましたが、よい足慣らしになりました。

それから、ゲレンデのご飯(ゲレ食)がびっくりするほど美味しかったです。いまレジャー産業はどこも厳しく、ゲレ食がまずいスキー場にはお客さんは来ません。どのスキー場も力が入っています。写真は五目わっぱ定食で、ほかほかわっぱ飯にいくらが乗っていました。写真にはありませんが、相方のお刺身とのっぺ汁定食も美味しそうでした。

DSC_0060.jpg DSC_0064.jpg DSC_0063.jpg

滑った後も、新潟限定ビールや地ビールを堪能し、最後は温泉「ガーラの湯」で疲れをほぐして、日帰りで家路につきました。

ガーラ湯沢は、私たちのように車を持っていないスキーヤー・スノーボーダーにとって交通の便がよく(新幹線の改札を出たらそこがもうスキー場)、快適なゲレンデです。うまく日が合えば格安のパックツアーがあるのでおすすめです。


<おまけ情報>
ガーラのパックツアーは、JR駅のびゅうプラザで申し込んで丁寧に対応してもらうのも良いですが、私がよく利用するのはセゾンカード・UCカード会員限定の旅行サイト「tabiデスク」です。電話での申し込みになりますが、びゅうのプランは3%割引になります。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ