インデックスファンド臨時買い増し検討中

水瀬ケンイチ

本日のNIKKEI NETより引用です。

ハリケーン被害で原油高・米企業の業績下方修正相次ぐ
 【ニューヨーク=梶原誠】米企業の間ではすでに、さきに上陸したハリケーン「カトリーナ」の悪影響が業績の下方修正という形で表面化し始めた。原油高による採算悪化が主な原因で、7―9月期決算が固まり始める今週以降、この傾向が強まる可能性が大きい。「リタ」上陸が逆風に拍車をかける公算もある。

 非鉄大手アルコアは22日、エネルギー価格の上昇などを理由に7―9月期決算の予想を下方修正した。カトリーナがメキシコ湾岸の石油生産施設の操業停止につながり一時的に原油価格が急騰したためだ。同社はリタの上陸に備えてテキサス州に持つアルミ精錬施設の閉鎖に踏み切っており「影響の度合いは確定していないが、7―9月期決算に反映する」と表明した。

 鉄鋼大手USスチールも20日、生産に必要な天然ガスの価格急騰を理由に7―9月期の業績が市場予想を下回ると公表。ゴールドマン・サックスは23日、ガソリンの調達価格の上昇を販売価格に転嫁しきれない可能性があるとして、卸売り大手コストコ・ホールセールの業績見通しを引き下げた。 (20:04)



ハリケーン被害の影響が拡大しているようです。
この新聞記事も、まるでこの世の終わりの序章のようなおどろおどろしい題名です。
おそらく、株価は下がるのでしょう
ハリケーン・リタは少なからぬ爪痕をアメリカに残すでしょう。ハリケーンの他にも地震・火災・洪水など、世界中で自然災害は過去から現在に至るまで、幾度となく繰り返されてきました。その度に、株式市場は、今後の悪影響を織り込んで、大幅に下げてきたのだと思います。

しかし、その一方で、自然災害が原因で一国経済の屋台骨が揺らいでしまった国、それから立ち直れなかった国を、僕は聞いたことがありません。ましてアメリカをや、です。
あと何年かすれば、市場もお茶の間も、「ハリケーン・カトリーナ&リタ?あーそういえばあったねかも」という程度の記憶になるのではないかと思います。そして、TV番組の「カメラが捕らえた決定的瞬間○○連発!」の中の一映像におさまってしまうのではないでしょうか。

もし、今回ハリケーン・リタが原因で、米国市場が大幅に下がったとしたら、VGトータルストックマーケットインデックスファンドを、毎月定額購入している分以外に、臨時買い増しします。
自然災害による一時的な株価下落は、長い目で見れば、平均的状態へ回帰する可能性が高いと思うわけです。


※追伸
VGトータルストックマーケットインデックスファンドは、アメリカでは有名な低コストの米国株インデックスファンドで、これを買えるのは日本ではマネックス証券だけです。だから僕のメイン証券会社です。口座開設だけでもしてみてはいかがでしょうか?



関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ