『一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門』(竹川美奈子著)は投資信託解説のEテレ版

『一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門』(竹川美奈子著)を読みました。

一番やさしい! 一番くわしい!  はじめての「投資信託」入門一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
竹川 美奈子 宗誠二郎

ダイヤモンド社 2013-01-19
売り上げランキング : 2974

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools


本書は、「初心者向けの良心的な投資信託のテキスト」だと思いました。投資信託について大事なことがモレなくダブりなく、しかもイラストや図表をふんだんに使って解説されています。ただし、内容は実は骨太であり、言うなればそう、Eテレ(NHK教育テレビ)みたいなイメージです。

投資信託のしくみ、データの見方、間違いやすいポイント、よい商品などについて、具体的に書かれています。基本的な知識をしっかり押さえつつ、現在の投信業界が抱える問題点についても、しっかりと釘を差しています。

たとえば、現在日本で売れている毎月分配型投信のような投信が実は資産形成に向かないことや、分配金の多さで投信を評価することの誤り、投信評価にはインフォメーション・レシオを使うべき、といった重要ポイントもしっかりと取り上げています。

上記のポイントについては、マネー誌や新聞などでも時おり誤った情報が書かれていたりするので、今現在、投資信託に投資している投資家でも勘違いしている人が多いと思われます。「投資信託入門」というタイトルにはなっていますが、いやいや、既存の投資信託投資家にとっても役に立つ情報が散りばめられています。

ただ、その副作用として、タイトルに付いている「一番やさしい!」といううたい文句には若干の無理があります。そういう意味でも、冒頭で、初心者向けの良心的な投資信託の「テキスト」「Eテレ」だと紹介させていただきました。いや、ネガティブな意味ではなく、テキスト(教科書)はすべての基本であり、とっても大事ですから。

本書にピッタリなのは、投資信託を買ったことがない初心者に加えて、「銀行にすすめられて投資信託を買ったけど、実はよく分かっていないんだよね~」というかたです。自分の心に正直になれば、該当者はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)