公的年金の12年度10-12月期の運用は大幅プラス。でもマスコミ各社は……

a0002_003051.jpg

公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2012年度10-12月期の運用が5兆1352億円の黒字、運用利回りがプラス4.83%になったと発表しました。これは目標利回りのプラス3.2%を大きく上回っています。

今までブログで取り上げてきたように、マスコミ各社は年金運用がマイナスになった時は鬼の首を取ったように大騒ぎする一方、プラスの時には報道しない(あるいはごく小さな扱い)という傾向がありました。

プラス幅が、四半期で比較できる08年度以降で2番目の高さという好調だったという本四半期、マスコミ各社の反応はどうだったのでしょうか? ネットの報道内容をチェックしたいと思います。

報道内容のチェック項目は過去のブログ記事と同様、(1)損益額、(2)運用利回り or 運用総額、(3)運用開始からの通算実績、とします。

まず、前四半期(運用利回プラス0.49%で微増)を含め、今まで比較的フェアな年金運用の報道をしてきたロイターを見てみます。

ロイター (1)× (2)× (3)×

まさかの「報道なし」です。同時期に、『アベノミクスで公的年金の運用配分乱れ、修正に「数兆円」の試算も』との報道はしているので、年金運用の成果そのものよりも、リバランスによる年金マネーの動きにご興味がおありのようです。個人的には、「大事なのは本当にそっちですか?」という思いがします。

続いて、前四半期、必要最低限の報道はしていた日経電子版、朝日新聞デジタルを見てみます。

日経電子版 (1)○ (2)○ (3)×
朝日新聞デジタル (1)×、(2)×、(3)×
 ※ロイター記事「アベノミクスで…」は転載

日経電子版は手堅いですね。(3)こそないものの、(1)(2)は毎回キッチリ押さえてきます。それに加え、各アセットクラス(日本株式・外国株式・日本債券・外国債券)の運用利回り内訳を掲載するなど、かなり細かく運用実績を報道しています。

朝日新聞デジタルは「報道なし」ですが、ロイター記事の「アベノミクスで…」は転載しています。前四半期も、運用実績はロイター記事の転載でした。今回はロイターが掲載しないので、朝日新聞デジタルも掲載なしです。年金運用については「ロイターに乗っかるのみで済ます」という方針なのかもしれません。

続いて、前四半期は、「報道なし」だったNHK、毎日.jp、YOMIURI ONLINEを見てみます。特に、YOMIURI ONLINE は、1年前には「悪意ある報道」と取られても仕方のないような不適切な報道(該当記事)をしていましたので注目です。

NHK (1)× (2)× (3)×
毎日.jp (1)○ (2)○ (3)×
※共同通信の記事を転載
YOMIURI ONLINE (1)○ (2)○ (3)×

NHKは安定の論外。年金不安を煽るドキュメンタリー番組はよくやるのに、肝心の年金運用の実績は報道しません。

毎日.jp、YOMIURI ONLINE ともに今回は、最低限の報道はしてくれています。ただ、YOMIURI ONLINEの方には、記事に「共同」のクレジットが入っていました。ということは共同通信もウォッチ対象に入れる必要がありそうです。共同通信を入れるなら時事通信も見てみます。

共同通信 (1)○ (2)○ (3)×
時事通信 (1)○ (2)○ (3)×


共同通信、時事通信ともに最低限の報道をしてくれています。今までウォッチ対象に入れていなかったのでなんとも言えませんが、新聞各社が、年金運用の実績について手を抜きつつ、必要情報を提供する最後の牙城になっているのかもしれません。今後も継続的にウォッチしていきたいと思います。

***

さて、全体を通しての所感です。GPIFの目標利回りであるプラス3.2%を上回るプラス4.83%という好調な実績をあげた本四半期でしたが、マスコミ各社の報道はまばら模様でした。前四半期に報道したところが今四半期では報道なしだったり、反対に、全四半期に報道なしだったところが今四半期は最低限ながらも報道ありだったりしていました。

マスコミ各社は年金運用がマイナスになった時は鬼の首を取ったように大騒ぎする一方、プラスの時には報道しない(あるいはごく小さな扱い)という傾向は変わっていないように思えます。

たしかに、公的年金に関しては、人口増加を前提とした制度設計であることや、年金未納問題、マクロスライド方式の未実施等、多くの問題を抱えていることは事実です。しかし一方で、資産運用については、真面目に行われており、情報公開も進んでいるというのが、運用をウォッチしている私の認識です。

年金は国民の最大級の関心事であり、マスコミ各社は不安を煽るマイナス方向だけに張り切るのではなく、良いことも悪いことも含め、きちんと「事実」を伝えてほしいと思います。


P.S
本文にも書いたとおり、ネットで公開されている範囲での情報収集なので、「新聞本紙では報道している」等の事情はあるかもしれません。だからといってネットには非掲載でよいということにはなりませんが。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)