投信スーパーセンター、やはりサービス終了へ。SMBC日興証券「日興イージートレード」へ移管か

投信スーパーセンター

昨年12月に新規口座開設を受付停止していた投信スーパーセンターに動きがあったようです。

読者のかたから情報によると、投信スーパーセンターのサービスはSMBC日興証券「日興イージートレード」に移管されるとの連絡が郵送されてきたとのこと。

以下、読者のかたからのメールを要約してお伝えします。(水瀬は口座非保有者であり、未確認であることにご留意ください)

・2013年10月中(予定)に投信スーパーセンターはサービス終了
・2013年7月(予定)にサイト内ログイン後のお知らせ・郵送で詳細案内予定
・口座番号・パスワード・カード・預かり資産は全て引き継がれる
・定額サービスの内容が少し違い、変更後にプランの設定が必要
・積立プランにできない銘柄が12ある
・引き落とし日が「1~31日で設定可能」だったのが「毎月12日か毎月26日」へ

おおかたの予想どおり、投信スーパーセンターはサービス終了するようです。終了時期もだいたい予想どおりです。

ただ、上記情報が正しければ、以前ブログ記事で指摘した「投信スーパーセンターは他の金融機関への移管は行なっていないため、一旦売却しないと受け皿金融機関へ移管できない?」という懸念については心配ないということになります。

<関連記事>
2013/01/06 投信スーパーセンター、新規口座開設の受付停止。もし今後事業廃止するつもりなら……

この情報では、SMBC日興証券にすべての銘柄を引き継げるのはいいが、追加購入もすべての銘柄で可能なのか?など、細かい部分は不明です。移管後は解約のみ受付可というケースも今まで多々見てきました。続報が待たれます。

(あるいは、今後のやり取りは口座開設者と個別に行ない、WEBサイト等での公表はないということなのかもしれませんが……)

繰り返しになりますが、事業廃止するのであれば、「既存の口座開設者に極力迷惑がかからない方法」を考えてほしいと思います。それが、ゴーイング・コンサーンできなかった投信販売事業者の、投資家に対する最後の責任だと思います。


※前述のとおり、読者のかたからの情報であるため、水瀬は未確認です。事実と異なる点等がありましたらご連絡ください。速やかに対応いたします。

<追記> 2013/03/21 21:30
SMBC日興証券への移管後も、解約だけでなく追加購入できることが確認取れました。「現在お取引いただいている投資信託は、『日興イージートレード』に残高が引き継がれ、お取引(新規購入、追加購入、売却等)いただけます」とのこと。これなら、それほどストレスなく移管できるかもしれませんね。

関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)