行動ファイナンスのセミナーに参加してきました

1206626_note_pad.jpg

先日、行動ファイナンスのセミナーに参加してきました。

社団法人バトン 「横浜サカエ塾」
行動ファイナンスと消費者心理

このセミナーは日経電子版の保険コラム等で有名な後田亨氏が代表を勤める社団法人バトン主催のセミナーで、今回はオフィス・リベルタス代表大江英樹氏が講師でした。

行動ファイナンスと言っても、今回は投資というより消費者としてどう行動するかに主眼がおかれており、逆に個人的には目新しい感じでした。
・プロスペクト理論
・心の財布
・参照点
・アンカリング効果
・おとり効果

などなど、心理的バイアスがもりだくさん紹介されました(上記以外にもたくさんありました)。性格や国籍に関わらず人類共通のバイアスなので、どれも「あるある」という実例とともに紹介されるのでつい笑ってしまいます。

また、価値割引のバイアスでは、
・毎月分配型投信を買ってしまう
・保険への安易な加入
などの困った現象が、また情報負荷のバイアスでは、
・商品が選べなくなってしまう
・思考停止が複利の凄さを認識しなくなる
などの困った現象が見られ、さらにこれを商品・サービスの売り手側が悪用している例があるので、注意が必要とのこと。

まとめとして、賢い消費者・投資家になるにはどうすればよいのか?について4つのシンプルかつ強力な提言がありましたが、ここは実際に大江氏のセミナー等でご確認くださいませ。

さて、感想ですが、行動ファイナンスについては、投資本等で知識として知ってはいましたが、実際の局面なるとバイアスの力は強力で、ついつられてしまいます。私も先日行った行動ファイナンスの企画展で、体験結果がボロボロでしたし…(^^;

大切なのは、愚かな自分に凹むことではなく(けっこう凹みますが)、自分がバイアスにつられる人間であると「意識すること」だと思います。

特に投資判断をする時は、合理的な判断をしているか、バイアスにとらわれていないか、何度も自問自答したうえで、意思決定をしたいと改めて思いました。

バトンのセミナーは初めて参加しましたが、手軽な価格に対して内容が深く、費用対効果が高いと感じました。また別のセミナーも参加してみようかな。カン・チュンドさんの話し方セミナーとか興味あり。

ただ、平日18:30開始という時間設定は、わたしたち会社員にはちと苦しい。実際遅れて入ってきた参加者もいましたし。まあこの辺はおいおい改善されていくと思いますが。

とはいえ、たいへん勉強になった機会を与えていただいたセミナー講師の大江さん、主催の後田さんに感謝したいと思います。ありがとうございました。
関連記事


  





広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)