【イー・アドバイザーコラム】 投信全体の運用コストは上がる中、インデックスファンドは?(後編)

水瀬ケンイチ

投資情報提供のE-Advisor(イー・アドバイザー)にて、水瀬が連載しているコラムの第15回がアップされました。

photo20130419.png



E-Advisor(イー・アドバイザー) ブロガー水瀬ケンイチの等身大投資コラム
投信全体の運用コストは上がる中、インデックスファンドは?(後編)

たしかに、先日発表された「EXE-iシリーズ」は海外ETFを組み入れており、SMTインデックスやeMAXISなど既存のインデックスファンドシリーズと比較しても低コストです。その一方で、「その組み入れ海外ETFに、直接自分で投資すればもっと低コストでは?」という疑問もわいてきます。

しかしながら、海外ETFへの投資は、誰にでもオススメできるというわけではありません。なぜなら、海外ETF特有の「クセ」があるからです。そのクセとは……?

上記コラムは「EXE-iシリーズ」について書いた記事の後編です。小口投資でも海外ETFに投資できる?、海外ETF投資の「クセ」を回避するには?、「EXE-iシリーズ」の注意点などなど。

同じ記事がYahoo!ファイナンス、それからYahoo!ニュースBUSINESSにも掲載されています。ご興味があればご覧ください。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ